8/16 3:00 ASAS 気圧配置と波情報〜台風18号が昨日発生、台風19号も先程発生!来週前半にかけて動向注視

  • 2018年8月16日
  • 2018年9月17日
  • 2018-02
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

8/16 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

昨日東シナ海にあった熱帯低気圧が台風18号に昇格。今は台風発生の乱発モード的な感じでマリアナ諸島付近にある熱帯低気圧も台風に昇格する見込み。この台風19号になりそうな熱帯低気圧は日本に向けてまっすぐ北上してくる見込みで来週前半には少なからず太平洋側に影響をもたらしそうな状況に。

越境台風17号ははるか東の海上で熱帯低気圧に降格した。

太平洋高気圧の前面に本州は位置しており、北日本には前線が横たわる。この前線にむけて昨日から南から南西の風が非常に強く吹き続けている状況。暖湿流が各地に入り込み午後には大気の状態が不安定で局所的な豪雨になるところもあり、海岸では特に雷に注意が必要。

今朝の千葉エリアは南から南西の強い風

一昨日から南の風が吹き続けており、千葉北から茨城エリアはまた水温が低下してウエットが必要なくらいになりそうな感じ。これから行くのであれば、念のためスプリングは持っていったほうが良さそう。

千葉北エリア は高気圧からの吹き出しが弱く反応しており腰腹サイズが中心。南からの風が強くサイドオンとなるポイント多数で流れも入りコンディションは良くない。一宮周辺は風をかわしているけど少しサイズが物足りなくなってきた。

千葉南エリアも南西の風がかなり強く入り、流れが入ったイマイチなコンディション。千歳と千倉は比較的風をかわすけど、腰腹サイズで良くはない。

湘南も南の風が強く入る。風波によりサイズアップしてきている感じで、鵠沼から大磯まで腰腹サイズありオンショアと割り切ればショートでも楽しめる。

茨城も腰腹サイズで鹿嶋や波崎が風をかわせるがコンディションはそんなに良くなさそう。

西に目を移して静岡の静波が今朝も腰腹サイズで面も乱れてなくてコンディションは良さそう。

伊勢の国府の浜から市後浜も腰腹くらいで楽しめそう。和歌山の磯の浦も南からのオンショアでサイズアップしていて腰腹サイズ。

西日本には台風18号からの南うねりが届いているのかもしれない。四国の内妻は肩くらいサイズでている。

台風15号が残したうねりに太平洋高気圧からの吹き出しのうねり、それに台風18号からのうねりも混ざっているような状況か。

今週は南の海上の台風19号になりそうな熱帯低気圧の動向に要注目。

#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!