8/27 3:00 ASAS 気圧配置と波情報~千葉は物足りないサイズが続く、湘南は南西うねりに少し反応

  • 2018年8月27日
  • 2018年9月17日
  • 2018-02
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

8/27 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

太平洋高気圧は西に張り出して本州は広くこの高気圧に覆われる。

昨日は東北まで南下した秋雨前線は同じような位置に停滞しており、前線の北側はもう秋の陽気に。

日本のはるか南の海上というかマリアナ諸島の南には熱帯擾乱があり西にゆっくり進んでいる。

今夜には秋雨前線が関東付近まで南下

関東まで前線が南下してくる見込み。ただ気圧配置的にはあまり変わらず、高気圧に覆われて千葉エリアにはうねりが入りにくい状況が続きそう。

今朝の千葉エリアはほぼ無風から西の風

千葉エリアはうねりが入りにくい気圧配置。高気圧の中心が西に張り出しているため、いつも安定的に千葉にうねりを届けてくれる南東うねりが入りにくい状況。

九十九里エリアでは膝腿くらいでショートには厳しいコンディション。一宮周辺も膝腿くらいでこちらも物足りない。

千葉南エリアのほうが少しサイズはありそうで腿腰くらい。朝一は潮が多く割れにくい時間帯だったけど、昼にかけて潮が引くのでもうすこし出来るようになりそうか。

今日は南西うねりがベースなので平砂浦もサイズすこしありそうで腿腰でサーフィン可能。

湘南は南西うねりに反応すこししていて、藤沢から鎌倉エリアのほうが良さそうか。鵠沼から辻堂では腿腰からたまに腹くらいで今日も出来るサイズ。鎌倉エリアも腿腰サイズでこれからもうすこし割れやすくなりそう。

気温の上昇に従ってオンショアが吹きそうなので、今の時間帯から入っておいたほうが良さそう。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!