毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

いい波に乗るために~週末に通うポイント- 関西エリア –

大阪市内から週末に通える海

前回の記事では、都内に住んでいると仮定して関東地方で週末に通える千葉茨城湘南の各エリアの概要について記載しました。

関連記事

都内から週末に通える海週末サーファーは毎週のように海に通ってサーフィンする方が多いと思います。1年間はだいたいの年は52週あるとして、春夏秋冬の毎週欠かさず海に行くとすると1年間で52回海に行くことになります。私の場合、海に[…]

今回は同じように大阪市内に住んでいたとして、関西エリアで通える範囲はどんなところなのか?

エリア毎の概要を記載してみます。

メジャーなポイントを中心に記載していきますが、波情報には記載していないポイントも少しだけ触れています。

特に関西エリアでのサーフィンは、どこに波があるのかをある程度予想しておいてから向かうエリアを決めないといけないので、もしかしたら関東のサーファーよりも天気図や波浪情報をよく見ているかもしれません

実は私も気象とサーフィンについてより深く知りたいと思ったのも大阪市内に住んだ時期でした。大阪に住む前は千葉県内に住んでいたことから、千葉北か茨城にいけばどこかしら波があるような環境だったこともあり、そこまで詳しく天気図をチェックしていたことはなかったのですが、大阪に住んでサーフィンをするとなると波があるエリアを知るということが非常に重要になってきます。

この記事ではそのあたりも踏まえて記載していきますので、サーフィン初心者の方やこれから関西でサーフィンはじめたいと思っている方などには、海に向かう前に読んで参考にしてもらえればと思います。

関西サーファーはよく走る

西広海岸@和歌山

前回の記事に記載した関東/都内のケースと大きく異なるのは、

  • コンスタントに波のあるエリアが遠い
  • 季節により向かうエリアが変わってくる

あと個人的な感覚では

関東にいるときよりも、風やうねりの向きなどに敏感にならないといけない

というところです。

主なエリアとして記載すると、和歌山、伊勢、日本海 の3つのエリアが週末に通えるビーチのあるエリアです。

その他、四国伊良湖という選択肢もありますが、毎週通うのは距離的にしんどいです。

でも、関西サーファーの行動力は凄い!ので、大阪市内から毎週末に四国や伊良湖まで通っている人も実際にいます。

東京近郊に住んでいるなら、波がある日は朝一だけ海に入って昼前には自宅に帰ってくるというスタイルができます。

ですが、関西エリアのように近場にコンスタントに波があるビーチがない場合、朝一の1ラウンドだけ海に入って帰ってくるというスタイルを毎週続けるのは、ちょっとしんどいです。

和歌山の磯ノ浦にコンスタントに波があればそんなスタイルも可能ですが、磯ノ浦はそこまでコンスタントに波はなく、どうしても他の波のあるエリアに行かざるをえません。

あわせて読みたい

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事ではサーフエリア毎の特徴とうねりの反応について、千葉を起点にして伊良湖までのエリアについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

ということで、まずは大阪市内から一番近い、和歌山エリアから記載していきます。

和歌山エリア

磯ノ浦

磯ノ浦
引用元:和歌山市HPhttp://www.city.wakayama.wakayama.jp/kankou/wakayamashiumi/1000567/1000577.html

大阪市内から一番近いサーフポイントといえば、何度も記載しますが、和歌山の磯ノ浦です。
大阪市内からは、空いていれば高速を使って1時間くらいで着くことができます。

場所は和歌山北部にあり紀伊水道の一番奥に位置するポイント。
ポイントは南に開いて向いているので、風は北がオフショア。

主に南~南西うねりに反応しますが、南東うねりになると紀伊半島にうねりはブロックされて反応はほとんどしません。

一番近いのでコンスタントに波があればいいのですが、基本的に南うねり/南風による風波があるときにしかできないです。

台風や低気圧からの南うねりや、春一番など前線や低気圧に吹き込む南の風が強まったときの風波によりサイズアップ。

ただ冬になるとフラットな日が続いてしまいます

そんな位置にあるポイントなのですが、台風からの南うねりが入ったときには素晴らしい波をみせてくれるポイント。

大阪市内から一番近いということもあり、波があるときは湘南並みに混雑するときもあります。

ポイントの近くには多くの駐車場があり、サーファーはそのどこかの駐車場に停めて海へ向かうというスタイル。夏場は特に混雑してポイントへのアクセスの道路も狭いので車のすれ違い時などは注意が必要です。

和歌山某ポイント

磯ノ浦のメインのポイントはビーチブレイクですけど、その周辺にはリーフのポイントも多く点在しており、台風からのうねりが入ったときにしかできないポイントもあります。

潮の時間を気にしておかないと岩が露出しているポイントも多くあり危険です(ボクも一度、少し露出している岩の上をボードで走ってしまいボロボロになったことがあります)。ポイントへのアクセスも難しいところもあったり路上駐車なども問題になっている箇所もあってビジターは簡単には入れないエリアです。

台風からのグランドスウェルが入り磯ノ浦がクローズになったときは、少し南下してポルトヨーロッパの近くにある浜の宮でサーフィンができるときもあります。西に向いたポイントで普段はフラットな日ばかりですが、強い南西うねりが入ったときなどは浜の宮周辺にサーファーが集まります。

 

御坊~南紀エリア

はし長水産@御坊

和歌山には磯ノ浦以外にも無数のポイントがあります。

磯ノ浦から御坊までの海岸線には非常にきれいなビーチが点在し、台風からのうねりが入ると波乗りできるようになるビーチがいろいろありますがメジャーなポイントはなく、また強い南うねりが入ったときだけサーフィンできるようなポイントが多数です。

通常は波がないので、多くのサーファーは阪和道を使って磯ノ浦の次に向かうのは御坊です。

御坊エリアには台風のうねりで真価を発揮する有名なポイントが何か所かあり、磯ノ浦で腰腹以上のサイズがあるときは御坊エリアでもサーフィンできるようになり、台風からのうねりに反応したときは非常に賑わうエリアです。

ただ御坊エリアも駐車スペースが非常に限られるのと、やはりここでも路駐の問題もあり注意が必要なエリア。

リーフのポイントがほとんどで堤防からブレイクポイントまで少し長い距離をパドル必要なポイントもあり、ビギナーの方は危険なので入れないです。

台風からの強い南西うねりが入ったときには素晴らしいブレイクを見せてくれますが、それなりにハードな波となります。

Sポイント@御坊
Sポイント@御坊

御坊から串本までの海岸線にも様々なポイントがありますが、詳しくは記載できないエリアです。

串本をさらに国道42号を進むと紀伊半島の東側となり、新宮までの海岸線には、東うねりをキャッチしていい波になるポイントがありますが、ここも詳しくは記載できないエリアです。

高速道路がかなり南のほうまで伸びてきたので以前よりはアクセスに時間はかからないけど、南紀エリアの特に新宮方面は時間も高速代もかかるので、毎週は通いにくいエリアとなります。

伊勢エリア

市後浜@伊勢エリア

東向きに海岸線があり東うねりに反応する伊勢エリアは、大阪市内から毎週通うエリアの1つになります。

東うねりに反応するという点が大きく、磯ノ浦に比べるとコンスタントに波はあるほうです。
いろいろな大会が開催される国府の浜がメインのポイントとなり、その南にある市後浜も東うねりに反応します。

更に南下すると、南うねりに反応する南張ジャンといったポイントもあります。

ただ大阪市内からはちょっと遠い・・・。

西名阪から名阪国道を経て伊勢自動車道を使うオール高速ルートを使ったとしても片道3時間はかかります。
なので伊勢にいくときは一日コースがマスト。

毎週通うとなると高速代もかなりかかるので、一般道でショートカットするような行き方をいろいろ探したりします。

東から南までのうねりには反応するエリアですが、冬になるとフラットな日が続きます。
北西の季節風が強く吹きオフショアで波は消されてしまい、冬の間の週末に伊勢でサーフィンする機会はかなり少ないです。

日本海エリア

関西サーファーの醍醐味は日本海でサーフィンできるということがあると思います。

さすがに東京都内に住んでいて日本海まで毎週波乗りに行くサーファーはいないと思いますが、冬場の関西サーファーはみんな日本海に向かいます。

日本海エリアといってもいろんなエリアがあり、海岸線も地形もバラエティに富んだポイントが無数に存在してます。
太平洋側の波とは異なる新たな感覚を味わうことができます。

ただ、週末サーファーが日本海でいい波をあてるためには、毎日の気圧配置をよくみて土日のどっちのどのタイミングで行くのかを検討しておく必要があります。

あわせて読みたい

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

ではまずは、大阪市内から一番近い福井エリアから。

福井エリア

高浜@福井エリア

大阪市内からは高速を使えば2時間くらいでポイントまで着けるエリアが高浜エリアです。
若狭湾の西側に位置するエリアであり、舞鶴若狭自動車道が伸びたことでアクセスもよくなってきました。

秋になり北から西の風が吹くようになってくると、日本海のシーズンのはじまりです。
日本海のサーフィンは基本的には風波によるサイズアップなので、オンショアによりサーフィンができる波ができるのですが、このオンショアが止んで波がまとまってきたタイミングに海に行ければベストです。

風波なので風がなくなればサイズダウンも早く、ここが日本海でいい波をあてるところの難しさになります。

福井の海岸線はこの高浜エリアがメジャーなエリアとなりますが、東のほうにいくと波情報には出てこないポイントが多く点在します。

夏場はまったく波がない日が多いので、波がある日に探しにいかないと見つけられないポイントが多いです。

敦賀から更に北上すれば、福井市内から近い鷹巣から三国エリアまでも多くのポイントがあり、このエリアになると西から南西の波にも反応してくるようになります。

京都エリア

八丁浜@京都エリア

京都と聞いてサーフィンを想像する人は多くないと思いますが、丹後半島には素晴らしいロケーションでいい波になるポイントがたくさんあります。

メジャーなポイントとしてはやはり八丁浜です。

大阪市内からは3時間半くらい片道にかかるので、このエリアも1日コースとなります。

近くには琴引浜浜詰などロケーションの素晴らしいポイントが多くあり、日本海に波がある日には多くのサーファーで賑わいます。

冬場のサーフィンがメインとなるサーフポイントであり、日本海側なので雪がかなり降るエリアです。

当然スタッドレスタイヤは必須で、雪が積もって駐車場に止められないなんてことも多々あります。

でも、そんな雪の日にも海に入っているサーファーがいます。冬の水温は冷たいですけど、東シナ海から日本海にかけては暖流が入ってくるため、冬の茨城よりは冷たくないような感覚があります。

鳥取エリア

砂丘ポイント@鳥取エリア

大阪市内からは中国道で佐用までいけば、意外と丹後に向かうより近いんじゃないかというくらいの鳥取エリア

このエリアの波があがる条件は、基本的には福井や京都エリアと同じです。
丹後半島から鳥取のコーストラインにも無数のポイントがあり、バラエティに富んだ波で楽しませてくれます。

海岸沿いを走る国道9号から見えるポイントもあれば、少し奥に入れば見つけられるポイントも多々あり、海岸線も複雑な形状をしていてうねりや風を軽減できるポイントも多くあります。


以上、大阪市内から通えるエリアという観点で代表的なエリアを記載しました。

先にも書いたとおり、伊良湖までも通おうと思ったら通えますし、四国の生見も日帰りの圏内ですが、時間と高速代という観点から今回は除外しています。

その他、台風からの南うねりが入れば淡路島も気になるエリアですし、鳴門はすでに結構メジャーなポイントになってきています。
徳島市の近くの小松海岸にもポイントがあり、南東うねりに反応してサーフィン楽しめます。

大阪を中心にみてみると、その日の波や風の状況で東西南北どの方向にも選択肢があります

週末にかけての天気図の推移をみていれば、どのエリアに行けば良さそうなのかがなんとなくわかってきます。

関西の週末サーファーはそんな楽しみがあると思います。

以上、「いい波に乗るために~週末に通うポイント- 関西エリア –」 でした。

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?[caption id="attachment_5553" align="alignnone" width="1024"] 写真:メローな程よいサイズのいい波、こんなコンディションなら最高だ[/captio[…]

うねりの向き

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!