10/12 気圧配置と波情報~千葉はうねりの反応が弱く物足りないコンディション、湘南は今朝も全域でほぼフラット

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

10/12 3:00 地上天気図と概況

低気圧が北海道の南東海上にあり寒冷前線が本州に沿う形で沖縄付近までのびている。

大陸に中心のある高気圧が東に勢力をのばしてきており、まだ本格的なものではないけど西高東低の気圧配置に。

全国的には北寄りの風となり最高気温も20度くらいまでの陽気になってきた。

はるか東の海上には高気圧が停滞しているが、本州へ向けての東ベースのうねりは入りにくい等圧線の向きになっている。

太平洋側は全国的に物足りないサイズ感となりコンディションもイマイチなポイントが多い。西高東低となると日本海側がサイズアップしてきており、まだ今日は北寄りの風が強くオンショアベースの波。

今朝の千葉エリアは北から北西の風。

西高東低の気圧配置となり北寄りの風がまだ弱めに吹いている状況。

次第に北東の風にシフトしてやや強めになってきそう。まだ本格的な冬型にはなっておらず、東成分を含んだ北寄りの風となり時期相応な感じ。もう少し季節が進むと西よりの風が卓越する日が多くなる。

はるか東海上にある高気圧からの吹き出しによる東ベースのうねりの反応は昨日よりと弱まり、九十九里エリアから一宮周辺までは膝腿から腰くらいの物足りないコンディション。北東の風がこれから入りさらにコンディションに影響出てきそうなので、風の弱いうちでもう少し潮が引いた時間帯が良さそうか。

千葉南エリアも物足りない腿腰から腹くらい。昼過ぎの潮が上げに動く時間帯で北東の風をかわすポイント狙いがよいかも。そうなるとマルキが無難な選択になりそう。

湘南は今朝も全域でほぼフラットな状況。

明日も北東の風が影響しそう

今夜9時の予想気圧配置

低気圧からのびる寒冷前線は東へさらに移動し西から高気圧が張り出し関東地方は高気圧前面に位置する。

その後明日にかけては南の海上にて前線上に低気圧が発生し、明日の夜9時には関東の南の海上に中心が移動してくる。

北偏する高気圧の吹き出しが低気圧に吹き込む状況となり、北東の風が強くなる見込み。

低気圧からのうねりは明日は入りにくく、北東から東の風波によるサイズアップが見られそう。ただ風の影響が強く出そうなので北東の風をかわしつつ北東うねりも反応するポイント狙いになりそうか。

明日の夜9時 予想気圧配置

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!