11/6 気圧配置と波情報~東海上の高気圧からの東から南東うねりに弱く反応、今日から大潮まわり

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

11/6 3:00 地上天気図と波の概況

日本付近は東西の高気圧に覆われていて気圧の谷。

東海上に移動した高気圧からの東から南東のうねりが入りやすい気圧配置になってきています。昨日は千葉のポイントでも腰腹から胸くらいまでサイズがでて、ポイントによっては楽しめる波が午後にはありました。湘南も腿腰から腹くらいの南東よりのうねりに反応してショートでも楽しめる波が入ってました。

今日から大潮まわりがはじまり昼前にかけて潮が大きく引いてきます。昨日と同じくらいのサイズ感で潮のタイミングではもう少しサイズに変化があるかもしれません。

今朝の千葉エリアは弱い北西の風

風は弱い北寄りの風が朝は吹くようになり面への影響は少ないです。波は昨日と同じくらいの東から南東うねりに弱く反応。

九十九里エリアでは腿腰から腹くらい、一宮周辺では腰腹くらいのサイズでやや物足りないコンディション。

千葉南エリアも腿腰から腹くらい。

湘南は昨日はそこそこ遊べる波が入ってましたが今朝はサイズダウンして膝腿くらい。

金曜日に日本海を低気圧が東進し週末は弱い冬型へ

今夜9時の予想天気図

今夜にかけても同じような気圧配置が続きそうです。

明日夜9時の予想天気図

日本の両サイドにある高気圧は東へ移動し西から高気圧に覆われてきますが、関東地方は高気圧前面に位置して吹き出しの北東よりの風が強めに入ってきそうです。

東からのうねりは同じくらい続きそうなので北東の風をかわすポイントが良さそうです。

週間予想天気図

金曜日に日本海を低気圧が東進する見込みで低気圧にむけて南寄りの風が強く入りそう。

土曜日には低気圧はオホーツク海付近まで達して日本付近は弱い冬型の気圧配置に。

金曜日の南寄りの風によるサイズ変化と土曜日の風向きがどうなるのか傾向を見ていきたいと思います。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!