夜は都心でも雪が降るかも【2019.1.31】

  • 2019年1月31日
  • 2019年4月15日
  • 2019
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


毎日の天気図と波情報

1/31(木) 3:00 地上天気図と波情報

北日本は寒冷前線が通過中で等圧線の間隔が狭くなってきています。

南の海上には前線を伴った低気圧が東シナ海からのびていて、今夜には低気圧の中心が八丈島付近を通過してきそうな感じになってきました。

昨日はアリューシャン付近からの北東ベースのうねりの反応が続き、千葉エリアはうねりの反応がよいポイントを中心に楽しめる波が続きましたが、北向きの飯岡や御宿などはやや物足りないサイズ感ではありました。

今朝も引き続き北東ベースのうねりの反応が続き千葉北エリアはハードでクローズなコンディションになっているポイントが多く、北うねりをかわすポイントや千葉南エリアではなんとか出来そうなコンディションです。

今朝の千葉エリアは西から南西の風

北東ベースのうねりの反応が続いています。

九十九里エリアでは片貝周辺では胸肩くらいで周辺ではまだ上級者向けでできますが、その他エリアと一宮周辺ではうねりが強く頭オーバーでクローズ気味のコンディション。

千葉南エリアはややサイズは落ち着いていて胸肩サイズくらい。南西よりの風でやや影響ありましたが、これから北よりの風にシフトして出来そうです。

湘南は脛膝サイズのスモールコンディションですが、吉浜は腰腹くらいサイズあり少しは出来そうです。

今夜は首都圏では雨か雪となりそう

今夜9時の予想天気図

南の海上に前線を伴った低気圧が東進し東京に雪をもたらすパターンになってきています。今夜遅くには雨か雪となる地域が多くなりそうです。

風が北よりにシフトしてくるので千葉南エリアではコンディションが上向いてきそうです。

明日金曜の夜9時の予想天気図

北日本を中心とした冬型の気圧配置が強まります。前日に降った雨や雪が凍結しているところが多くなりそうですので、朝一狙いの方は運転には注意が必要です。

通過した低気圧により南西からのうねりが前半を中心に反応してきそうです。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!