【2019.3.1】毎日の天気図と波情報

  • 2019年3月1日
  • 2019年3月1日
  • 2019
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

南~南東のうねり+北~北東の風の組み合わせ

3/1 (金) 今日の天気と波の概況

昨日太平洋側にまとまった雨をもたらした低気圧は東海上へ抜けていき、日本付近は一時的に冬型の気圧配置となってきています。

西日本から東日本の太平洋側中心に広い範囲で晴れてきてますが、関東地方だけは仲間はずれで、雲が多く雨が降っているところがあります。

一方ではるか南海上にあった台風2号は昨日昼ごろに熱帯低気圧へと降格しました。

この低気圧による等圧線はほぼ描かれなくなってきており、一昨日から一気に衰弱してげっそりした感じです。

今日は昨日から続く南から南東ベースのうねりの残りに北から北東の風の組み合わせになりそうです。

千葉・湘南 今朝の風と波

今朝の千葉エリアは北~北東の風がところによりやや強く吹いています。

東海上の高気圧からの吹き出しと低気圧からの南よりのうねり、これに元台風2号からのうねりも混じった波が今朝も反応を続けています。

九十九里から一宮周辺では胸肩から頭サイズあり、昨日よりも落ち着いてきているようですが、風の影響もありまだハードな感じ。

片貝周辺の漁港や新堤が比較的まとまりは早いと思うます。

もう少し落ち着いて波乗りしたい方は飯岡か御宿に向かうのが良さそうです。

千葉南エリアも胸肩から頭くらい。

北から北東の風になるのでマルキが無難にいい波ありそう。

和田エリアは北東になると流れがでて影響が出てきそうです。

湘南は今朝もファンコンディション

程よい腰腹から胸くらいのサイズでオフショアが吹き楽しめる波が割れているようです。

昼過ぎから北東から東北東の風にシフトしてきそう

午後9時の予想天気図

朝から大きな気圧系の動きはなく引き続き弱い冬型の気圧配置が続きそうです。

昼過ぎから東成分の風が強まりそうな予報が出ているので、今日は午前中に入っておいた方がよいでしょう。

千葉はマルキが無難、まったりやるなら飯岡か御宿、部原もそこそこできそう、片貝周辺も午後にはもう少しまとまってきそうだけど東ベースの風がネック。

湘南は日中も北よりの風が続くので、遊べるコンディションが続きそうですが、午後にはサイズダウンしてくるかもなので午前中入っておいた方が良さそうです。

明日午前9時の予想天気図

20時更新

今日の千葉エリアは東から南東のうねりが続きつつ、午後からは北東の風が入ってしまいました。

風を軽減しつつうねりにも敏感な鴨川マルキでは楽しめる波が入ってきていたようでしたが、その他ポイントでは風の影響を受けるかサイズ不足なイマイチなコンディションとなっていたようです。

湘南は北東よりの風ですが風を軽減しつつ腰腹サイズて遊べる波はあったようです。

明日は東から南東ベースのうねりはサイズダウン傾向

・千葉エリアは明日の午前中までは北よりの風ですが午後から東の風が入ってきそう

・サイズダウン傾向ながらも、今日と同じく朝一から鴨川マルキでは遊べるコンディションにはなりそうです。

・平砂浦も朝一ならなんとか波は残ってそうですが、サイズダウンは早そう。

・千葉北だと飯岡や御宿はサイズダウン早そうなので、それぞれ少し南にある椎名内から吉崎のあいだや部原などが遊べるかもしれません。

・湘南も朝一はサイズ残ってるかもですが、午後にはかなり物足りなくなってそうなので早めに入っておきましょう。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!