【2019.2.28】毎日の天気図と波情報

いろいろな方向からうねりが反応してサイズアップ、風の合うポイントへ

2/28 (木) 今日の天気と波の概況

日本付近を覆っていた高気圧は東海上へ抜けて前線を伴った低気圧が九州の南から東進してくる予報です。

今朝は関東地方から近畿四国地方まで広い範囲で雨が降っています。

千葉と湘南エリアは夕方から夜まで雨が続く見込みで低気圧に吹き込む北よりの風が所により強く吹く時間帯がありそうです。

台風2号は990hpaと勢力を落としながら西北西に進んでいます。このまま勢力を落として台風としての性質はなくなり熱帯低気圧へ降格しそうです。

千葉・湘南 今朝の風と波

今朝の千葉エリアは北西から北の風

沿岸部はオフショアベースの風が吹いていますが、やや強めの風になってきています。

東海上にある高気圧からの吹き出しによる南東うねりと台風2号からの南~南東うねりが反応し、今後西日本太平洋側には低気圧からの南西~南うねりの反応も出てきそうです。

九十九里エリアと一宮周辺では胸肩サイズ、飯岡や御宿でも腰腹サイズの反応がでてきています。

千葉南エリアも胸肩サイズあり、今日は十分なサイズがあるスタートです。

湘南エリアもうねりの反応良くなってきてます。鎌倉エリアでも腰腹から胸くらいありそう、鵠沼から茅ヶ崎も腹胸から肩サイズありそうです。

千葉は風向きに合わせてポイント選べばいい波になりそう

午後9時の予想天気図

きたベースの風となりますが北西よりから北東へシフトしてくるポイントもありそうなので、状況により風の合うポイント移動すればいい波がありそうです。

サイズアップしてハードなコンディションにもなるかもしれないので、早めに飯岡や御宿に向かうのもありだと思います。

湘南は風は北よりですがそれほど強まらなそうなので、一日楽しめるかもしれません。

明日午前9時の予想天気図

19時更新

東海上にある高気圧からの吹き出しによる南東うねりに加えて台風2号からの南のうねりが反応し、千葉の一部エリアでは頭オーバーの波数も多いハードなコンディションとなったポイントもありました。

風は北よりの風が続き、オフショアとなるポイントではいい時間帯もあったようです。

湘南も北風のオフショアが続き腹胸から肩くらいのサイズでそこそこ楽しめる波があったようでした。

明日は今日ずっと雨をもたらした低気圧は東海海上へ抜けて一時的に冬型の気圧配置のスタートとなりそうです。

台風2号は今日の午後には熱帯低気圧に降格しましたが、明日も南のうねりは続きそう。

冬型の気圧配置となるため北の風が明日もやや強めに吹きそうで、北東よりに若干振れてくるかもしれません。

・千葉は北風をかわすポイントを中心としたポイントセレクトが良さそう

・湘南は明日もオフショアで朝から遊べそう

・午後になるほど東よりの風にシフトしそうなので朝一から午前中までには入っておきたいところ

です。

Twitter/Instagramにてコンディションや気象情報を更新しています

Twitter:https://twitter.com/asasfsas24
Instagram:https://www.instagram.com/asasfsas24/

使用する天気図および衛星画像について

本ブログに掲載する天気図はすべて気象庁ホームページより引用しています。

出典:気象庁ホームページ https://www.jma.go.jp/jp/g3/

詳細はサイト説明に記載しています

カテゴリー2019