毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

高気圧に広く覆われて気温も上昇、まったりサーフィン楽しみましょう【2019.4.7】

  • 2019年4月7日
  • 2019年6月7日
  • 2019

毎日の天気図と波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

本州付近には等圧線が解析されてなく、高気圧に穏やかに覆われているという気圧配置となっています。

千島からカムチャツカ半島にかけて低気圧が発達しておりゆっくり東へ進んでいる状況です。

今日は気圧配置的には概ね風は弱い状況が続きそうですが、あとは気温が上昇することによるサーマルウインドにより日中はオンショアが吹きやすい状況にはなりそうです。

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

日の出:05:18 / 日の入:18:07

中潮

満潮:05時26分(136cm) / 18時04分(136cm)

干潮:11時45分(15cm) / 23時56分(46cm)

千葉・湘南 今朝の風と波

今朝の千葉エリアは西~北東までの不安定に弱い風

昨日までの南からの風波はなくなり、東ベースの弱いうねりが反応している状況。

はっきりしたうねりの源はなくはるか東海上の高気圧からの吹き出しが弱く反応しているような状況です。

あとは昨日南海上を東進した低気圧からの南うねりが少し混じっているかどうか。

九十九里エリアでは腿腰から腹くらいのサイズ感。一宮周辺も腿腰くらい。

風による影響はなく、面はまとまってきていますが物足りないサイズ。潮回りを使えばいい時間帯があるかもしれません。

千葉南エリアは腿腰から腹くらいでポイント選べば遊べる波もありそう、こちらも潮回りでいい時間帯がありそうです。

平砂浦もまだ腰腹くらいのサイズありそうですが、これから引きすぎるとインサイドのワイドになりそうです。

湘南は昨日まで続いていた南西の風波はもうなくなってもよいところですが、まだ少し反応が残っている感じ?

膝腿から腰くらいのサイズがあるようです。

卓越波向としては南南西が0.9mで解析されているようなので、この南寄りのうねりの反応がでているものと思われます。

潮回りを使えば夕方まで遊べるサイズはありそう

午後9時の予想天気図

昼前に干潮の時刻をむかえますが、午後からは潮が上げに動き出しもうすこしサイズの反応が出てくるかもしれません。

午後にはオンショアが吹きやすい状況になっているかもですが、風による差はポイントによってはさほどなさそうなので、サイズあるポイントで入るのが良さそうです。

湘南は南からのうねりの反応が午後も続きそうなので、オンショアになっているかもですが13時前から入れば遊べる波があるかもしれません。

明日午前9時の予想天気図

関東の南東海上およびさらに南の海上には低気圧があり、明日はこの低気圧の影響で北東から東ベースの風が入りやすい気圧配置となりそうです。

千葉エリアは明日も大きなサイズアップは特になさそうで物足りないサイズ感なポイントが多くなりそう。

千葉南エリアも同じような感じになりそうなので、北東の風を軽減するポイントに向かうのが良さそうです。

湘南も今日は最大で腰腹くらいあるポイントでてきましたが、明日はサイズダウン傾向となりそうです。

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!