【2019.6.1】千葉と湘南の波は物足りないサイズが続く、九州南部は梅雨入り間近

  • 2019年6月1日
  • 2019年6月15日
  • 2019
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


気圧配置と波情報 : 全国的にサイズのあるところで腰腹くらい、今日から大潮まわり

午前3時の実況天気図 ASAS

令和元年の6月になりました。

沖縄と奄美地方は既に梅雨入りしていますが、本州はこれから7月中旬までが雨のシーズン。

今日の時点ではまだ本州はどの地域も梅雨入りしてないですけど、明日あたりは九州南部が梅雨入りとなりそうな状況になってきています。
梅雨前線はこれからジワジワと北上し、西日本は今月の初旬には梅雨入りする地域が多くなりそう。

また梅雨入りとともに、これからの時期は気象災害が発生しやすい時期になってきます。

過去にも梅雨前線の活動が活発化したことによる災害は多くあり、特に雨の降りかたには少し感度を高めておかないといけないです。

つい先日に新たな災害警戒レベルが発表されましたが、これによると警戒レベルが4になった時点で当該エリアは全員避難のレベルとなります。
自分だけは大丈夫ということはないので、今後必要なときに出される警戒レベルについて周囲の方々含めてよく認識しておくようにしたいです。

防災気象情報と警戒レベルとの対応について解説するページです…

梅雨前線が南の海上に停滞傾向、今日は北海道と九州南部を除いて広く晴れのエリアが広がっています。

全国的に昨日から波の小さいコンディションが続いています

全国的に見てもサイズのあるポイントで腰腹くらい、千葉や湘南も物足りないかもしくはフラットに近いコンディションに。
茨城から仙台にかけても腰腹くらい、昨日よりも少し持ち直した感じはあり、小ぶりながらも遊べるコンディショなようです。
西日本も四国や宮崎で膝腿サイズとこちらもサイズ小さいですが、一板入魂の石ちゃん@k_surfpointさんのtwitter投稿では宮崎の金ヶ浜では腹胸くらいのサイズが入ってきたとの情報も。

東海上に抜けた低気圧からの東よりのうねりがこれから少し反応してサイズ上げてくるかもしれません。

午後9時の予想天気図 FSAS24

気圧配置には大きな変化はないですが、東海上の低気圧からのうねりが少し反応してくるかもしれません。
千葉、茨城、福島、仙台では東うねりで若干サイズアップしてくるかも。

ただ今日の午後になると海からのオンショアが強まってきて面はまとまりない状況になりそう。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

梅雨前線は停滞傾向で四国の南には前線上に新たな低気圧が予想されています。
明日は西日本から東日本の太平洋側は天気は下り坂、所により雨が降る天気となりそう。

波も今日と同じくらいか少しサイズアップするかどうか?くらいなサイズ感になりそうです。
日中はまたオンショアが入ってきそうなので、明日も朝一に入るのが無難かと。

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

今朝の千葉エリアは、北東ベースの風

朝一は無風から北東の弱い風が吹いており、日が昇るにつれて海からのオンショアが入ってくるようになりました。
九十九里エリアは朝一は脛膝とかなりスモールなコンディション。
うねりに敏感な一宮周辺も膝腿サイズとかなり物足りないコンディションに。

湘南はスモールサイズが続いていて今朝も厳しいコンディションからのスタート。
東ベースの弱いうねりなので、吉浜は中でもサイズは少しあり腿くらいのセットが割れるようです。

ただ午後になって少し東海上の低気圧からの波が入ってくるかもしれません。

昨日のコンディション

気圧配置と波情報 : 九州南部はこの週末にも梅雨入りしそうな気配に午前3時の実況天気図 ASAS南海上と中国東北区には低気圧がありそれぞれ東から北東方向へ進んでいます。その間にある日本列島は、東海上に中心を持つ高気圧に覆われていま[…]

今朝は鴨川マルキで入りました

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/06/01

日の出:04:25 / 日の入:18:50

大潮

満潮:02時35分(133cm) / 15時50分(127cm)

干潮:09時17分(24cm) / 21時21分(69cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/06/01

日の出:04:28 / 日の入:18:52

大潮

満潮:02時55分(144cm) / 16時10分(139cm)

干潮:09時37分(29cm) / 21時43分(78cm)

今日の注意事項は、

サイズが小さいコンディションとなり、乗れるピークが限られてきます。

同じポイントの中でも砂の付き具合などでいいブレイクになる場所ができて、そこに密集するような状況にもなるかもしれません。
前乗りなどでトラブルにならないように、乗る前には左右をよく見てからテイクオフするようにしましょう。

混雑したポイントで無理に乗ると、クラッシュしてしまったり怪我をさせてしまったりと、いい事はないと思います。
1本くらい波を逃しても大したことはないと思いますので、危ないと思ったらテイクオフの動作はやめて一本スルーするくらいの感覚でいたほうが、変にトラブルになるよりも楽しくサーフィンできると思います。少し余裕を持つ感じでいきたいですね。

またビギナーの方は波がブレイクする手前にいると大変危険です。
アウトにでるか、もしくはもっと岸よりの波で練習するかなどして、乗ってくる人の邪魔にならないようにしましょう。
この場合は波に乗っている人が優先となります。

そうはいえ、今日も引き続きビギナーの方には絶好のテイクオフ練習日和です。
なるべく空いているポイントを選ぶなどして、隣のポイントより少し波は良くないけど波にはたくさん乗れたっというほうが楽しめると思います。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!