【2019.7.15】オホーツク海高気圧が再び強まり北東の風、今週は熱帯低気圧に要注目

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


気圧配置&天気と波情報 : 今週後半からうねりが反応してきそう

午前9時の実況天気図 ASAS

オホーツク海高気圧が再び勢力を強めてきており関東から東北の太平洋側には冷たい北東の風が強めに吹いています。

梅雨前線は南岸沿いに停滞しており、前線上の低気圧は東海上と東海沖でそれぞれ東進中。

一方で南の海上には熱帯低気圧があり1002hpaで北西方向へゆっくり進んでいます。

今週はこの熱帯低気圧の動きに要注目。

日本への接近や上陸などの影響はいまのところなさそうですが、これから台風5号に発達してきそうな感じ。

関連記事

なぜサーファーが台風に注目するのか?[caption id="attachment_8459" align="alignleft" width="2016"] 某ポイント:台風の強い南うねりが入ったときに素晴らしい波が現れる[/capt[…]

今週後半には西日本に南うねりが反応してきて大きくサイズアップしてきそう。

次の週末には千葉や湘南にも南西うねりが反応してきそうな状況になってきてます!

今回どれだけサイズの反応があるかわかりませんが、湘南にはいい感じの位置で台風となり南西うねりが入ってきそうです。

今週はこの熱帯低気圧の動向と西日本の南向きポイントの反応状況のチェックを頻繁にしてしまいそうな1週間になりそうです。

またこの熱帯低気圧から台風への昇格もあればそれも手伝って、太平洋高気圧の勢力が西へ拡大してきそうな週間予報がでてきています。

台風からのうねりが届くとともに梅雨明けなんてシナリオにもなってきそう。

とにかく今週後半から週末にかけては要チェックです。

今日のツイッター波情報

今日の記事

今朝のtwitter波情報まとめtwitterに投稿された全国の波情報をピックアップしてまとめています。主に動画や画像で波のコンディションがわかる投稿をピックアップ。湘南と千葉の波情報が多めですが、その他ポイントの波情報もtwi[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは北東の風。

再び強まってきたオホーツク海高気圧からの北東の風が朝から千葉エリアに影響をおよぼしています。

波のサイズは腰腹くらいはあり、サーフィン可能なサイズではありますが、今日も風をかわすポイントが中心になりそうです。

千葉南エリアは低気圧の南側からの南西うねりが多少反応してきているようで、胸肩くらいまでサイズが上がってきている模様。

北東の風を軽減する鴨川マルキから和田エリアが今朝も無難なポイント選択となりそうです。

また南西うねりの反応なので、平砂浦でも遊べるだけのサイズは反応しているはずで、こちらも北東の風をかわします。鴨川や和田よりもサイズはさがりますが、コンディション的にはクリーンなフェイスで遊べそうです。

湘南も北よりの風

前線の南側からの南西うねりの反応はおもったよりも良くはなく、若干のサイズアップ程度になりました。

鵠沼周辺では潮が引いてきて腰腹くらいのサイズまでにはなってきているようで、十分遊べるサイズはあります。

これから午前10時の干潮時刻を迎えたあとの大潮まわりの上げ込みの時間帯に入れば、もうワンサイズくらいアップした波でコンディションが良くなってきそうな気配。昼くらいからスタンバイしておいて午後一あたりがちょうどいい感じになっているかもですね。

昨日のコンディション

気圧配置&天気と波情報 : 磯ノ浦は南西うねりでサイズアップ!午前9時の実況天気図 ASAS日本海東部と三陸沖には昨日に引き続き低気圧が同じような位置に停滞気味。一方で西日本からは梅雨前線の活動が再び活発になってきていて、[…]

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/07/15
日の出:04:35 / 日の入:18:56
大潮
満潮:02時22分(140cm) / 16時45分(135cm)
干潮:09時39分(15cm) / 21時47分(92cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/07/15
日の出:04:38 / 日の入:18:58
大潮
満潮:02時34分(145cm) / 17時01分(141cm)
干潮:09時58分(17cm) / 22時01分(97cm)

今日の注意事項は、、、

再び北東の風となりました。

千葉エリアは寒いのでウエットスーツを着たほうがよいでしょう。また風が合わないポイントで九十九里エリアなどはサイドオンとなって流れも強くなってきそうです。

Twitterの波情報を見ていると、昨日よりも混雑してないような気もしますが、それでも鵠沼などはかなりの人なのでビギナーの方は江ノ島よりのビーチなどに移動して練習したほうが良さそうです。

これから少しサイズあがってくるかもしれないので、今のうちから移動しておいたらテイクオフにはちょうどよい練習の波が午後イチにはあると思います。

今後の気圧配置と波: 今週前半は東うねりが強まる

午後9時の予想天気図 FSAS24

今夜にはオホーツク海からの高気圧がさらに勢力を強めてきそうで、東海上からの北東から東ベースのうねりが明日にかけて発達してきそう。

梅雨前線は南海上に停滞しており、千葉と湘南は終日北から北東の風。

湘南は大潮まわりの上げ込みによって少しサイズアップしてくるかもしれないので、午後からでも十分遊べる波はありそう。

千葉も南エリアのほうが比較的まとまってサイズもそこそこで遊べそうなコンディションが続きそう。

平砂浦も昼過ぎを狙えば人も少なめでいい感じのコンディションになっているかもしれません。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

明日も北東ベースの風。

オホーツク海高気圧からの吹き出しによる東ベースのうねりの反応が良くなってきそうです。

千葉エリアのサイズは十分ありそうなので、あとは風をかわせるポイントへ。

明日も片貝や鴨川から和田エリアが中心となりそう。サイズアップしてくれば、飯岡や御宿でも遊べる波になりそうです。

逆に湘南に反応している南西から南のうねりはサイズダウン。

東からのうねりに反応する吉浜では腰腹くらいのサイズはでてきそうな感じでしょうか。

熱帯低気圧は勢力を強めてきそうですので
こちらの動向を要チェック!

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2017/07/15)

7/15 9:00 ASAS夏の太平洋高気圧は真ん中に弱い熱帯低気圧を挟み中心を2つにして勢力を強めてきている。今日は西日本から東日本の梅雨明け発表はなかったが、実質梅雨明けしたと思われる気圧配置になっている。今朝の千葉エリアは濃い霧に[…]

IMG
OnThisDay(2018/07/15)

7/15 3:00 ASAS 3連休二日目の日曜日、気圧配置は昨日と同じような感じで太平洋高気圧が西に張り出して勢力を維持、今日も全国的に猛暑となる見込み。高気圧は低気圧と反対で下降気流。上空から熱い空気が地面にむけておりてきている[…]

IMG

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

最新情報をチェックしよう!