台風17号が東シナ海を北上中、湘南と千葉南は日曜から南西うねりでサイズアップ⁈【2019.9.20】

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

気圧配置&天気と波情報 : 三連休はあいにくのお天気になりそう

午前3時の実況天気図 ASAS

大陸から高気圧が張り出してきており今日も南海上に停滞する秋雨前線の北側では北東から東よりの風が吹く気圧配置です。

昨日午後に予想通りに発生した台風17号は、まだ勢力は強めてないものの、強風域が大きく大きさのカテゴリとしては大型になっています。

宮古島の南東海上を西にゆっくり進んでいるようであり、これから次第に進路を北にシフトして東シナ海を北上するコースが予想されています。

この影響で明日からの三連休は沖縄から九州にかけては台風による直接の影響があり、その他全国的に秋雨前線による影響も出て曇りや雨の地域が多くなりそう。

台風が日本海側を北東へ進んでいきそうであり、月曜秋分の日の祝日は台風へ吹き込む南よりの風が吹き荒れるような天候になってくるかもしれません。

太平洋側にはこれから台風17号からの南西うねりの反応が次第に出てきそうですが、はたして今回はどのような反応とタイミングになるのか。

前回同じようなコースを通った台風13号のときは、台風からの南西うねりは東海上にあった高気圧からの東よりの強い風により抑えられた感じとなり、湘南や千葉南エリアへの反応はイマイチな状況となりました。

台風13号のうねりの反応

気圧配置&天気と波情報 : 南西うねりの反応状況に注目午前3時の実況天気図 ASAS台風13号は石垣島あたりを通過して東シナ海を北へ時速20kmで進んでいます。非常に強い勢力となり昨日は宮古島で今年一番の暴風が吹き荒れたよ[…]

今回も気圧配置こそ違うものの同じような状況にはなりつつあります。

台風と沿岸部の間には秋雨前線があり、この北側で高気圧からの北東から東寄りの風が強めに吹いていることから、南西うねりが抑えられてしまいそう。

ただ台風の北上に伴い秋雨前線も北上してきそうなため、そうなれば南西うねりも入りやすい状況にはなってきます。

ここ数日前線の北側で東の風が吹き続けていることから、どんな反応になるのかが個人的には非常に注目されるポイントです。

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 今日も北東の風が吹き続く午前3時の実況天気図 ASAS秋雨前線が南の海上に横たわって停滞しており、大陸に中心を持つ高気圧の前面が日本付近にかかってきています。また沖縄の南には先週からしばらく低気[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは、北から北東の風。

気圧配置的にはあまり変わりはなく、南海上の前線にむけて大陸に中心のある高気圧から北東〜東の風が吹きやすい状況が継続しています。

千葉エリアは主にこの東〜南東のうねりの反応が続いており、千葉北エリアでは九十九里から一宮周辺までは腰腹から胸くらいのサイズがあります。

ただ今日も北東の風の影響が出てしまいそうであり、風を軽減しつつうねりにも敏感な片貝周辺が無難なポイントになってきそうです。

飯岡や御宿は風は合いますがサイズ不足気味になってきているので、それぞれ少し南の椎名内や部原なども合わせてチェックするといいかと思います。

千葉南エリアも同じく腰腹から胸くらいはありそうですが、午前中は潮の多い時間帯のためこれから潮が引いてくるタイミングを狙った方が良いでしょう。

千葉北と同様で、北東の風のときは鴨川マルキが無難なポイント選択になるときが多いです。潮の時間を見ながらミドルタイドの時間帯に入るのが良さそうです。

湘南はサイズはこぶりになったものの昨日も一日を通して遊べるサイズはあったようであり、今朝も西湘方面を中心にそこそこ遊べるサイズがあるようです。

南海上では東よりの風が吹き続いていることから、東から南東うねりに反応しているようで今朝も腰腹くらいのサイズがポイントにより残っている模様。

こちらも潮の時間帯で引いてくる時間帯のほうが割れやすくなってくるので、その時間帯はもうすこし遊べるようになるかもしれません。

今日の注意事項は、、、

今日はまだ台風からのうねりの反応は千葉と湘南にはなさそうですが、三連休は明日土曜の後半か日曜の朝から台風17号からのうねりが反応してくる可能性があります。

どれだけ反応してくるかは注目な点ですが、日曜から月曜にかけてはサイズアップしてくる可能性があるので、ビギナーの方は明日土曜日のうちに練習しておいたほうがよいかもしれません。日曜はサイズが抑えられるポイントであれば練習できそうです。

南西から南うねりなので、千葉北エリアへの反応はあまりないかもしれないため、千葉北から茨城エリアに向かうという手もあります。

先週の月曜も熱帯低気圧からの南東うねりが強まって、茅ヶ崎では15人くらいのサーファーが沖に流されたというような情報もありました。

サイズが大きくなると流れも出てきてパドル力がないと簡単に流されて戻ってこれなくなるので、このような事例があるということはよく認識しておきたいところです。

今後の気圧配置と波: 南西うねりの反応は秋雨前線の位置次第

午後9時の予想天気図 FSAS24

今夜にかけてはあまり気圧配置的には大きな変化はなく、台風17号は引き続きゆっくりと東シナ海を北上していく見込み。沖縄から九州にかけては警戒が必要になってきます。

秋雨前線は夜になってもまだ南の海上に停滞したままで、この前線の位置で西日本の太平洋側にはどれくらいのサイズの反応があるのか注目です。

紀伊水道の卓越波向はまだ東成分の入った南東ベースのうねりのようなので、まだ台風からのうねりの反応は朝の段階ではなさそうです。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

明日土曜日の夜になると台風17号は東シナ海を北緯30度付近まで移動してくる予想となっており、台風の北上に伴い秋雨前線も西日本から北へ徐々にシフトしていく見込みです。

東海上には高気圧の中心がシフトしてきて、前線の北側では東よりの風とうねりが卓越した状況が継続しそう。

これにより南西うねりは抑えられて、土曜日中は湘南と千葉エリアにはあまり反応してこないかも。。。

台風からの南西うねりを狙うのであれば、土曜日ではなく日曜日の方がまだ確率は高そうです。

また千葉エリアでは東海上の高気圧からの東から南東の波が継続して反応を続けそうであり、台風のうねりとは関係なくコンスタントに波はありそう。

あとは風がどうなるかですが、日曜も基本は北から北東の風がベースとなりそうなので、北東の風を軽減できるポイントではそこそこ遊べるコンディションになってくるかもしれません。

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2017/09/20)

9/20 3:00 ASAS台風18号からかわった低気圧はサハリン付近にあり、日本海には新たな低気圧が発生して低圧部が拡がっている。今朝の千葉エリアは弱い北から西寄りの風。昨日よりも少しサイズはさがっているが、九十九里から一宮周辺まで[…]

IMG
OnThisDay(2018/09/20)

9/20 3:00 地上解析図 / 48時間天気図東日本は高気圧に覆われているが西から前線が東進してきており天気は下り坂。太平洋側は台風22号が残したうねりは昨日までで、今朝は全国的に物足りないサイズとコンディションに。[…]

各エリア : 今日のこよみと潮まわり

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/09/20
日の出:05:26 / 日の入:17:41
中潮
満潮:07時55分(129cm) / 19時15分(140cm)
干潮:01時30分(43cm) / 13時19分(81cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/09/20
日の出:05:28 / 日の入:17:42
中潮
満潮:08時20分(127cm) / 19時21分(138cm)
干潮:01時49分(37cm) / 13時37分(82cm)

伊良湖エリア:今日のこよみと潮まわり(赤羽根)

2019/09/20
日の出:05:39 / 日の入:17:53
中潮
満潮:08時57分(156cm) / 20時24分(160cm)
干潮:02時32分(55cm) / 14時32分(92cm)

磯ノ浦:今日のこよみと潮まわり(和歌山)

2019/09/20
日の出:05:46 / 日の入:18:00
中潮
満潮:09時52分(165cm) / 21時15分(168cm)
干潮:03時27分(64cm) / 15時21分(107cm)

宮崎:今日のこよみと潮まわり(宮崎)

2019/09/20
日の出:06:01 / 日の入:18:15
中潮
満潮:09時29分(173cm) / 21時03分(178cm)
干潮:03時06分(59cm) / 15時07分(99cm)

仙台新港:今日のこよみと潮まわり(仙台新港)

2019/09/20
日の出:05:22 / 日の入:17:38
中潮
満潮:07時11分(131cm) / 18時21分(147cm)
干潮:00時46分(48cm) / 12時24分(89cm)

関連データリンク情報

気象庁 アメダス 風向風速

関東地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

近畿地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/211.html?elementCode=1

気象庁 波浪実況・予想図

https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

気象庁 レーダーナウキャスト


https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

台風情報

台風情報は刻々と更新されるので以下より最新の情報をご確認ください。

気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

米軍台風情報
http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?週末が近づくとこの土日はどんな波になりそうなのか、沿岸の風はどこから吹きそうか 風が強いのか弱いのか 潮回りは何か 干潮と満潮の時間は 地形は決まっているのか どの[…]

あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!