【2019.7.22】台風5号は温帯低気圧にかわり南うねりはサイズダウン傾向

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


気圧配置&天気と波情報 : 湘南と千葉南の午前中はまだ遊べる波

午前3時の実況天気図 ASAS

台風5号は朝鮮半島を横断後に日本海で温帯低気圧に変わりました。

その台風から変わった低気圧から東海上の低気圧までのびており、ちょうど関東地方付近を北西から南東方向に通っています。

高気圧が南海上にはあるものの前線の影響ですっきりしない空模様。
更に大気の状態が不安定で今日は午後には雷雨になる地域も多くなってくる見込み。

台風通過後に夏空となるシナリオには今回はならないようで、梅雨明けにはもう少しかかりそう。

今日のツイッター波情報

南うねりはまだ少し残っているようです。

今日の記事

今朝のtwitter波情報まとめtwitterに投稿された全国の波情報をピックアップしてまとめています。主に動画や画像で波のコンディションがわかる投稿をピックアップ。湘南と千葉の波情報が多めですが、その他ポイントの波情報もtwitt[…]

千葉・湘南風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは不安定に弱い風。

千葉北エリアは東からのうねりが弱く続いておりながらも昨日よりかは少しサイズダウン傾向。

今朝のtwitterの東浪見や野栄周辺の情報を見ても腰腹くらいで多少はできるくらいのコンディション。風は合わないようですが影響は少なそう。

千葉南エリアは台風5号からのうねりが弱まりながらも続いており、千葉北エリアよりもサイズはあるほう

腰腹から胸くらいのサイズは残っていて風も弱い状況、そこそこ遊べるコンディションが続いているようです。鎌倉エリアにもまだ波があるので平砂浦にも腰腹くらいのサイズのブレイクはありそう。

湘南も台風からのうねりの残りが今朝も続いています。

だいぶサイズは下がりましたけど、それでも腿腰から腹くらいはまだ残っていて、ショートでも遊べるコンディション。

今回の台風5号はこの週末から今朝まで十分に遊べる波をもたらしてくれました。

昨日のコンディション

気圧配置&天気と波情報 : この週末は台風5号のうねりで十分に楽しめた午前3時の実況天気図 ASAS台風5号は朝鮮半島を横断しておりまもなく日本海に抜けていく見込みです。台風としての構造はギリギリ維持してますが、日本海に抜[…]

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/07/22
日の出:04:40 / 日の入:18:52
中潮
満潮:06時53分(131cm) / 20時18分(132cm)
干潮:01時24分(75cm) / 13時32分(35cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/07/22
日の出:04:42 / 日の入:18:54
中潮
満潮:07時06分(130cm) / 20時36分(139cm)
干潮:01時52分(80cm) / 13時49分(38cm)

今日の注意事項は、、、

今日は西日本から東日本にかけて大気の状態が非常に不安定な空模様となります。

沿岸部でも落雷の危険性がありますので、空模様にはご注意ください。
ゴロッと聞こえたりピカッと光ったのみたら海から一旦上がるようにしましょう。
雷が近づいてきてもすぐには岸には上がれないことも多いです。

早めに車の中に避難するなどの行動を想定しておきましょう。

今後の気圧配置と波: 夏空はまだ現れない

午後9時の予想天気図 FSAS24

今夜9時の天気図には梅雨前線は解析されておらず、太平洋高気圧が西へ張り出してきており一見は梅雨明けというようにも見えなくもないですけど、でもよく見るとはるか東の海上にある高気圧との間で潜在的な前線があり、関東地方もすっきりしない空模様となりそうです。

台風5号からの南うねりは今日午後にはほとんどなくなりながらも、南にある高気圧からの南西の風波が少し反応はしているので、まったくフラットというわけではなさそうです。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

高気圧の中心は九州付近までシフトしますが関東地方は気圧の谷となり雲が広がりやすく雨も降りやすい天気となりそう。

千葉エリアは東海上にある低気圧やはるか東海上の高気圧からの東うねりの反応が続きそうで、大きなサイズアップはないもののアベレージとして腰腹くらいはありそうな感じ。

湘南は台風からの南うねりはなくなり、南海上の高気圧からの南からの風波が少し反応するくらいのスモールコンディションとなりそうです。

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2017/07/22)

7/22 3:00 ASAS北緯30度帯の南の海上には東西に大規模な低圧部が形成されている。今朝のASASにはこれから熱帯低気圧になる見込みの低気圧を含めると、6個の熱帯性の低気圧および台風が解析されている。昨日台風5号および6号がそれぞ[…]

IMG
OnThisDay(2018/07/22)

7/22 3:00 ASAS 台風10号は東シナ海を北西に進み大陸へ、フィリピンの北にある熱帯低気圧はまもなく台風11号に昇格する見込み。はるか南の海上にある低圧部は今のところ停滞しており今後の動向に注目したい。 猛暑が[…]

IMG
あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!