熱低の雨雲は東海上へ、午後から風が弱まり南向きポイントが狙い目【2019.7.28】

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


気圧配置&天気と波情報 : 午前中まで南西の風が強い

午前3時の実況天気図 ASAS

台風6号からかわった熱帯低気圧の発達した雲域は東の海上に抜けていってます。

千葉と湘南の今日もこの熱帯低気圧に吹き込む南から南西の風が午前中は強めに吹き続きそう。
千葉は西成分が入った風になりそうなので面は昨日よりも整うポイントが多くなってくるのかなと思います。

吹き続けている南よりの風による風波で波はある状態が続いていますが、風の合わないポイントでは昨日に続き午前中までジャンク気味なコンディション。

ただ熱帯低気圧が東へ抜けていくにつれて午後は風が弱くなってきそうです。

すでに御前崎あたりでは風はすでに弱くなっていて、湘南と千葉も午後には風の影響が少なくなっているかもしれません。

今は面が乱れてまとまりないポイントも午後には少しまとまってくるかもなので、夕方あたり狙い目かも、情報はよくチェックしておきましょう。

今日のツイッター波情報

風波で湘南もサイズはありますが朝はまとまりないコンディションのようです。

今日の記事

今朝のtwitter波情報まとめtwitterに投稿された全国の波情報をピックアップしてまとめています。主に動画や画像で波のコンディションがわかる投稿をピックアップ。湘南と千葉の波情報が多めですが、その他ポイントの波情報もtwitt[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは南西から西南西の風がやや強めに吹いていました。

昼近くになってだいぶ風は落ち着いてきたようです。

南の風をかわすポイントが昨日に引き続き面はまとまっているほうですが、一宮周辺では小ぶりで物足りない膝腿から腰くらいでしょうか。

千倉と千歳の方が朝はサイズあったようでコンディション的にはそこそこ遊べていた模様。

南よりの波なので千葉北よりも千葉南エリアのほうがサイズ的には大きいときが多く、鴨川から和田までは胸くらいのサイズがまとまりないながらもブレイクしてます。

鹿嶋も今日は腿腰くらいで少し物足りないコンディション。

湘南は朝はオンショアべーすながらもサイズは腹胸くらいはあり、風を割り切ればサーフィンは可能なコンディション。

昨日のコンディション

気圧配置&天気と波情報 : 南風をかわすポイントへ午前9時の実況天気図 ASAS台風6号は紀伊半島の東の海岸線に沿って北上し三重県の南部に上陸しました。そのまま北上を続けていて正午には四日市市付近を通過していたところです。[…]

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/07/28
日の出:04:44 / 日の入:18:48
中潮
満潮:14時45分(119cm) / 時分(0cm)
干潮:07時27分(38cm) / 19時24分(99cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/07/28
日の出:04:47 / 日の入:18:50
中潮
満潮:00時08分(132cm) / 15時18分(126cm)
干潮:07時54分(36cm) / 19時57分(106cm)

今日の注意事項は、、、

今日も午後は雷雨に注意です。
局所的に激しい雨がとなり落雷や突風などの可能性もありますので、海の中にいるときは空模様に注意しておいてください。

今後の気圧配置と波: 南の風波はサイズダウンへ

午後9時の予想天気図 FSAS24

今夜までには低気圧は三陸沖の東海上へ抜けていき太平洋高気圧に覆われてきます。

南よりの風はおさまってきて午前中にオンショアだったポイントも次第に波はまとまってきそうです。

鴨川や和田エリアは胸くらいのサイズのままコンディション良くなってくるかもですが、潮が多くて割れにくい時間帯ではあります。

湘南もサイズダウン傾向で潮が多くなる時間帯ですが、もうすこしまとまってきそうです。

午後から向かうならこれら午前中までオンショアだったエリアが整ってくるタイミングを狙うと良いかもしれません。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

地上天気図は太平洋高気圧に覆われています。また、上空の太平洋高気圧の勢力に相当する500hpa面の5880m等高度線はすっぽり日本付近を覆ってます。

関東地方は高気圧の後面に位置する感じになり湿った空気が入りやすいため熱帯低気圧通過後も雲の多い空模様です。

南の風波もサイズダウンして明日にはかなり物足りないサイズとコンディションになってしまいそうです。

関東地方の梅雨明けはまだ宣言されていませんが、台風が来る前から実質は梅雨明けのような状況だったことや、明日にかけて雲の多い空模様になりそうなことから、どのタイミングで梅雨明けが発表されるか、気象庁の発表が注目されます。

あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!