波と風と潮のいいタイミングで入りたい~西~南西の波は午後にかけてサイズダウン【2021.2.5】

波のいいタイミングに合わせて海に入りたいですね

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

2月5日 金曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

毎日の気圧配置から風と波の強さと向き、潮の時間などを見ていますけど、主にこの3つを考慮していいタイミングで海に入りたいのですが、なかなかそうもいきませんよね。

波のコンディションは時間の経過とともに刻々と変化しているので、いい波のタイミングでそこにいれるかどうかなんですけど、

できるだけ自分の都合をこの波のいいタイミングに合わせていきたいものです。

どのタイミングが波が良さそうなのかとか書いてますので、参考にしていただければと思います。

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

これから西~西南西の風が各地で強まってきますはるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。2月4日木曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今日は低気圧へと[…]

西~南西の風
このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置と波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

昨日は関東地方に春一番をもたらした低気圧は東海上でまとまりながらも遠ざかり、日本付近は西から高気圧に覆われてきました。

今年は2月3日が立春だったこともあり、2月4日に春一番が吹いたので、今までで一番早い春一番の観測ということに。

昨日は南房総ではかなり強い西風が吹いていたんですけど、東京でそこまで強い風吹くかは微妙かなと思っていたのですが、、、吹きましたね😅

 

ちなみにこちらは昨年2月22日に吹いた春一番の日の様子です。

 

春一番が吹いたことにより南向きのポイントでは風波でサイズアップ。

今朝はオフショアとなって風波は落ち着いてきており、湘南や千葉南エリアでは腰腹くらいのサイズは残ってサーフィンできる波はありそうです。

 

昨夜から御前崎灯台の風は少し弱くなってきたかなと思っていたのですが、西の風が強い状態が続いている模様。

御前崎灯台の風

海の安全情報から引用:https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

 

そして石廊崎の波浪観測データでも、昨夜23時あたりから強くなった風に反応して再び波高が高くなっていますが、風の強さとともにダウン傾向ではあります。

石廊崎の波浪観測データ

今日の朝一はまだこの西うねりが残っていますが、時間の経過とともにサイズダウンしてきそうなので、早めに入っておくのが良いでしょう。

午前中は北の風が吹きやすいですが、高気圧の移動にともない午後には南東の風が入ってきそうな感じ。

サイズと風では早めに入ったほうが良いですが、午前中は潮が多いので、、、地形が深くなってないポイントで入るのが良さそうですね。

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/02/05
日の出:06:34 / 日の入:17:11
小潮
満潮:09:18(128cm) / 23:50(97cm)
干潮:03:02(67cm) / 16:43(40cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/02/05
日の出:06:38 / 日の入:17:14
小潮
満潮:09:28(127cm) / -(-cm)
干潮:03:22(68cm) / 17:02(43cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

アメダス風向

 

はるべえ
  • 昨日の春一番でサイズアップした波は落ち着きつつも続いています。
  • 湘南や千葉南エリアの南向きポイントの朝一は腰腹~胸サイズは残って遊べそうな波
  • 千葉北は昨日の西よりの風で東うねり抑えられてしまい今朝も物足りない波が続く
  • 午後から南寄りの風が入りそう、潮が多いけど早めに入っておくのが良さそうか

千葉エリア

今朝の千葉エリアは北よりの風。千葉南部は南よりの風が観測されてますが、これから北西の風にかわってきます。

 

今朝の鴨川マルキポイントは朝一のほんの30分くらいは風は弱かったんですけど、7時前あたりから北西の風がかなり強く吹き出しました。

昨日の波の残りと西うねりがまだ反応しているようで、セットはそこそこサイズ残って腹胸くらいのは入ってきます。

かなり強いオフショアと満潮時刻に近くなって潮が多く、今週になって地形がかなり深くなってきてしまっているので、ブレイクしてもすぐに厚くなってしまう波。

セットは筋張ったものも入ってきているので、潮が引いてくる昼前あたりのほうが良さそうです。

午後になると南寄りの風が入ってきて面がまとまりなくなってくるかもしれないのと、あとはサイズダウンしてくるかも。

波と風と潮とのタイミングでいいコンディションの時間帯に入りたいですね。

 

白渚~千歳までは西からのうねりが反応していることからマルキよりもサイズは小さくなることが多いですが、今日もそんな傾向に。

白渚は腿腰くらいの波でこちらもオフショアが強めに入り続かない波が多くなっています。

千歳は潮が多い時間帯と昨日の風でだいぶ抑えられてしまったこともあり、今朝も膝腿くらいのスモールサイズが続いています。

 

昼頃の波チェック@千葉南エリアです(鴨川→白渚→千歳)


千葉北エリアの各ポイントは西~南西の風をオフショアとする九十九里エリアから一宮周辺では、東うねりはオフショアで抑えられてしまっている傾向。

今朝もうねりが弱く膝腿~腰くらいの物足りない波からのスタートです。

 

湘南エリア

昨日の風波がサイズダウンした波と東海沖からの西うねりの反応があり、今朝もサイズは少し残っている湘南エリア。

でも御前崎灯台の西風は既に弱くなってきており、これから午後にかけてはサイズダウン傾向です。

朝は何とかポイント選べば腰腹くらいのセットは入ってきているようですが、SNSでも鵠沼の地形がだいぶ深くなってしまったとのことで、サイズあってもちょっと物足りない波になっているのかもしれないですね。

昼前から南風が入ってきそうなので、こちらも早めに入っておくのが良さそうです。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

昨年2020年の2月5日のものです。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、高気圧が東海上へと中心を移してくる関係で、朝のうちに吹いていた北寄りの風が次第に南東の風に変わってはいってきそう。

朝6時くらいに御前崎灯台の風を見たらまだ10m以上の風が吹いていましたが、午前9時前に見たらその後かなり風は弱くなってきています。

8時過ぎのデータではもう6mくらいにまで弱くなってきてますね。

御前崎灯台の風

海の安全情報から引用:https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

ということで、湘南に今入ってきている波はこれからサイズダウンしてくるので、やはり早く入っておくのが良いでしょう。

千葉南エリアの西うねりもこれからサイズ落ちてくるので、サイズ的には早めがいいんですけど潮が多い時間帯なので、、、やはり昼前あたりがよいかも。

昼前あたりまでは千葉南では鴨川マルキでは腰腹くらいの波は残っているんじゃないかと思います。

千葉北エリアは物足りないサイズのまま、昼からは南よりの風も入ってくるのでちょっとイマイチなコンディションが続いてしまいそうですね。

 

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日の朝は、高気圧は海上を東へと移動し、代わって四国の南海上あたりに低気圧が東進してくる予想気圧配置です。

明日にかけてはこの低気圧の影響を受けた風と波になってきそうです。

千葉と湘南エリアの明日の朝はまだ風の影響はそんなに強くはでなさそうな感じ?

千葉北・南ともに朝から北西~西風が入りそうな感じでしょうか、、低気圧と前線の位置によって微妙な風向きになるかもしれません。

ただ午後になるとまた東海沖から伊豆半島沖にかけて西風が強めに入ってくる予想。

午前中にはこの沖合で西風が強めに吹いてきそうなので、夕方までにはまた西風によるサイズに変化が見られそうです。

ただ明日も冬型の気圧配置により西うねりではないので、沿岸部も西から西南西の風が入ってくる予想。

昨日の春一番のような強い西~南西の風にはならなそうですけど、南向きのポイントではサイズアップしつつもまとまりない波になりそうですね。

湘南は風の影響がありつつも午後はサイズがアップしてきて、まとまりないながらもできる波があるかもしれません。

千葉南エリアは西~西南西の風の影響がそこそこ強めに入って面に影響してきそう、鴨川や白渚は少しサイズでてくるかもですが風の影響ありそう、かといって千歳や千倉は波が抑えられて物足りないサイズといった悩ましいコンディションとなりそうです。

千葉北はまたもや西風が強めに入ってしまうので、九十九里~一宮周辺では物足りないサイズが続いてしまうのではないかと。

東うねりがもう少し強くなってくればいいんですけど、、、明日も東うねりは弱めに続きそうです。

 

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/02/06
日の出:06:33 / 日の入:17:12
小潮
満潮:10:02(125cm) / -(-cm)
干潮:03:50(85cm) / 18:15(33cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/02/06
日の出:06:37 / 日の入:17:15
小潮
満潮:00:06(99cm) / 10:08(123cm)
干潮:04:10(87cm) / 18:36(35cm)

【大人気の耳栓】冷たい海に入るときの必須アイテム
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

今朝の実況データ/リンク先

Windy.com (Wind/Waves/Swell)

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

気象庁各種データへのリンク

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/


過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2017.02.05

2/5 片貝 6:30-8:30西から低気圧が接近中、関東地方は高気圧の後面に位置し天気は下り坂久しぶりに千葉北、片貝へ日の出前の今は6時過ぎくらいからうっすら明るくなり海に入れる時間が早くなってきた。6:30時点で風はほぼ無風か[…]

IMG
OnThisDay-2018.02.05

2/5 3:00 ASAS北海道の東と西にはそれぞれ小低気圧があり、アリューシャンの南にある低気圧は勢力を落としながらも停滞傾向。冬型の気圧配置が続いていて西日本まわりの強烈な寒気が南下してきている。木曜あたりまでは寒気[…]

IMG
OnThisDay-2019.02.05

毎日の天気図と波情報2/5 (火) 3:00 地上天気図と波の概況西から高気圧に覆われて晴れのエリアがおおくなりそうな火曜日です。昨日は日本海を東進する低気圧にむけての南風が強く入り気温は急上昇しましたが、今朝は[…]

OnThisDay-2020.02.05

気圧配置&天気と波情報 :午後3時の実況天気図 ASAS今日は更新が夜になってしまいました。日本海には低気圧があり寒冷前線が南西方向へと伸びています。今朝の時点では寒冷前線は日本海沿岸に沿った形で伸びていましたが、夕方[…]

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

エリア毎の特徴:伊勢~宮崎

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事ではサーフエリア毎の特徴とうねりの反応について、千葉を起点にして伊良湖までのエリアについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(伊勢~和歌山~四国~宮崎)
波のコンディション

前回の記事では、波の要素と種類、波の発生から終わりまでについて記載してみました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20181029/wave-5097/]今[…]

波のコンディションとブレイク
波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の満員[…]

波をつくるための風
風と波と潮
最新情報をチェックしよう!