沿岸波浪予想図では房総半島沖で周期15秒の北東うねりが予想されています【2021.11.26】

はるべえ@波乗りブログ毎日書いてる気象予報士です。

11月26日 金曜日の
気圧配置と風と波の状況/
明日のサーフポイント情報を

本日も更新していきます。

今朝は昨日一昨日に吹いた
西よりの風もおさまり
朝から風の弱い状態からのスタート

ただ波のほうは
西~西南西の風波の残りと
弱い東よりのうねりが反応
しているくらいで

多くのポイントでは
物足りないコンディション
となりました

今日の午後から反応してくる
ことを期待していた
3日前のアリューシャン低気圧からの
北東うねりですが

今日の後半になっても
千葉エリアには顕著な反応は
見られなかったですね・・・

ですが、
波浪観測データや波浪予想図と
Windyなどのデータを見ても
明日は反応してきそうなデータが
揃ってきています

冬型の気圧配置となり
北西の風が吹いてきそうなので
これで北東うねりが入ってくれば
この週末はいい感じのコンディションに
なってくるかも
しれません

ということで
まずは今日の気圧配置から見ていきましょう

🔷昨日の記事

3日前の北東うねりが
明日の後半から反応?
西よりの風もおさまってきそう
【2021.11.25】
https://asasfsas24.com/20211125/wave-23508/

🔷一昨日の記事

西まわりの寒気流入、
強い西~西南西の風で
また水温が一気に下がるかも・・・
【2021.11.24】
https://asasfsas24.com/20211124/wave-23498/

今日の風と波:午後も北東うねりの反応はなし

実況天気図

今日の午後3時の実況天気図です

サハリンからオホーツク海にある
低気圧は今日も同じような
位置にあって

大陸の高気圧との間で等圧線の間隔が
狭くなり、北日本が中心の冬型の気圧配置
が続いています

関東付近は等圧線の間隔が広くなってきて
今朝は風の弱い時間帯が前半を
中心に多かったのですが

午後の千葉エリアは東よりの風が
少し入ってきていて
千葉南エリアでは面に少し
影響がでるくらいの風も吹いていました

昨日までの南西の風波はダウン傾向で
東ベースの弱いうねりに反応している
感じなコンディションが多く
物足りない波なポイントが多かったのでは
ないかと思います

wada-211126

和田エリアはインサイドのブレイクが
中心でテイクオフがやっとくらいな
物足りない感じの波でした

波のトップが向こう側に向いているので
まだ西~西南西の風波ですね

maruki-211126

鴨川マルキポイント
比較的に波はまとまっていた感じが
しましたが

今日も手前の厚くて短い波が中心な
コンディション

昨日の記事にも記載しましたが
今日の反応を注目していた
3日前のアリューシャン低気圧からの
北東うねり
ですが

今日は千葉・茨城ともに
顕著な反応はなかったようですね・・・

石廊崎の波浪観測データ_211126

湘南エリアも西~西南西の風波は
石廊崎の波浪観測データを見てみると
サイズはダウン傾向ながらも
なんとか続いていたようで

ロングでは乗れるような波が
何とか続いた感じだったようです

ショートにはかなり
物足りないコンディション
でしたね・・・

🔷今日の暦と潮回りはこちら🔷

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2021/11/26
日の出:06:24 / 日の入:16:28
中潮
満潮:09:44(123cm) / 19:08(122cm)
干潮:02:08(33cm) / 14:25(105cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2021/11/26
日の出:06:27 / 日の入:16:30
中潮
満潮:10:17(126cm) / 19:18(121cm)
干潮:02:34(26cm) / 15:05(108cm)

明日の風と波:北西の風+周期15秒の北東うねりに期待したい!

予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

明日もオホーツク海あたりにある
低気圧は同じような位置にありそうですが
千島近海あたりまでやや中心を
南下させてきそうです

西から大陸の高気圧中心が
南東方向へと移動してくる見込みで

これまで等圧線は横に寝るような
感じで東西に流れていた日が多かったのですが

明日は北日本から西日本まで
等圧線が縦に流れる冬型の気圧配置

になってきそうです

等圧線が縦縞になってくることにより
風向きは北西ベースの風となって
明日はやや強めに吹いてきそうな
等圧線の間隔ですね

ざっくり風とうねり211122

こちらは22日の記事に掲載した
ざっくり風とうねりのイメージです

https://asasfsas24.com/20211122/wave-23476/

昨日の記載の
繰り返しになりますが

千葉と茨城エリアには
22日の時点でアリューシャン付近に
あった発達した低気圧からの
北東うねりの反応ですが
明日には反応してきそうな
予想が揃ってきています

この北東うねりが朝から反応
してくればいいのですが

どれくらいの反応があるのかは
ちょっと何とも言えないような感じで
明日どれくらいサイズに現れるのか
個人的にはとても注目しています

唐桑の波浪観測データ_211126

唐桑の波浪観測データを見ると
昨日25日の20時くらいから
周期が11秒くらいの波が観測されはじめて

今日の午後には周期が14秒の波が
コンスタントに観測されていました

上記の表の一番右の列が
本日の1時間毎の波の周期データです。

沿岸波浪予想図_211126

明日午前9時の
沿岸波浪予想図を見ても

明日朝の房総半島沖(E)には
周期が15秒、波高1.3mの北東の波
予想されていることから

明日は茨城と千葉北エリアは
朝から反応が出てきているのでは
ないかと・・・期待したいところです

北東うねりの反応がどれくらいの
サイズで反応してくるのかが
わからないところではありますが

朝から腹胸~肩くらいのサイズの
反応があれば
北~北西の風の合うポイントで
入っておくのが良いかと思います

朝は北風が吹きそう
片貝~飯岡までのポイントでは
そこそこ遊べる波が入ってる
ことに期待
したいですね

 

北東うねりが反応しはじめると
反応はしばらく続きそうなので

明日は茨城や千葉の各種情報を見て
サイズに変化が出てきたのを
確認してから海へ向かうでも
よいかもしれません

午後も北西の風が続きそうなので
サイズが出てくれば
多くのポイントで遊べる波に
なってくる可能性がありそう
です

湘南エリアは北東うねりの反応は
ほぼないですが

冬型の気圧配置で
東海沖ではまだ西風が強めに
吹いていることから

明日も弱いながらも西うねりの
反応が少しある状態で続く
感じになってきそうですね

ただショートの方には
物足りなそうなので・・・

北東うねりが反応してきているなら
千葉へ向かったほうが
楽しめる波はあるでしょう。

関連記事

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。[sitecard subtitle[…]

🔷明日の暦と潮回りはこちらです🔷

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2021/11/27
日の出:06:25 / 日の入:16:28
小潮
満潮:10:52(123cm) / 20:21(111cm)
干潮:03:04(41cm) / 16:19(103cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2021/11/27
日の出:06:28 / 日の入:16:30
小潮
満潮:11:27(125cm) / 20:36(111cm)
干潮:03:32(33cm) / 17:00(104cm)


【お知らせ】
サーファーズイヤーにならないために
冬の海に入る時は耳栓をおすすめします
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

明後日の風と波:バトンタッチしながら北東うねりは続きそう

予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

千島近海にあった低気圧は
北東方向へと進んで
こちらもアリューシャン方面へと
進む見込み

西から高気圧が張り出してきて
縦縞の等圧線のエリアは
東海上へと移動していくという
予想気圧配置です

等圧線の流れとしては
まだ南北への流れが残りそうで
日曜も北西の風がベースとなって
吹きそうです

明日から反応しそうな
アリューシャンからの北東うねりは
日曜も反応が続きそうで

明日アリューシャン方面へと
移動していく低気圧からの
北東うねりへとバトンタッチしながら
うねりの反応は続く可能性があります

明日コンディションが良さそうな
ポイントでは、日曜も引き続き
楽しめる時間帯がありそう
なので

まずは明日の反応状況を
要チェックですね

また明日の状況みて
記事に更新していきたいと思います!


気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

天気図

アメダス風向風速

台風情報

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

OnThisDay-2016.11.25

11/26 3:00昨日一昨日から比べると温い朝平年偏差から見るとまだ負の状態が続いているが、だいぶ温く感じる今朝も北ベースの弱めの風千葉エリアは昨日からは少しサイズダウン、パワーのない波になっているところもあるが、朝一はそこそこ遊[…]

IMG
OnThisDay-2017.11.26

11/26 3:00 ASAS北海道付近に中心を持つ低気圧はやや発達しながら東進中、日本付近は高気圧の後面に差し掛かり高気圧の縁辺流が北海道付近の低気圧に向けて吹き込む気圧配置。今日の関東地方は南西の風が非常に強く吹いている。今朝の千葉[…]

IMG
OnThisDay-2018.11.26

11/26 3:00 地上天気図と波の概況三連休明けの月曜日。台風28号は中心気圧を980hpaまで勢力を落としながら北緯20度線付近までゆっくり北上してきました。日本付近は弱い気圧の谷ながらも東西の高気圧により太平洋側は晴れが優勢[…]

OnThisDay-2019.11.26

気圧配置&天気と波情報 : 日中も気温は上がらず寒い一日午前3時の実況天気図 ASASカムチャツカ半島付近で低気圧が猛烈に発達しており中心気圧は970hPa。冬になるとよく見られるこの低気圧はハワイのノースショアに向けて大[…]

OnThisDay-2020.11.26

おはようございます。はるべえです。11月26日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今朝の千葉エリアは蒸気霧からのスタート。朝一から海に入った方はかなり視界がわるくて、波チェックが出来ないくらいに[…]

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

東海沖からの西うねり

季節毎の特徴的な気圧配置のときに、どのような風と波のコンディションになるのでしょうか?このブログでは、こちらのカテゴリにて、様々な気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションについて解説してきています[…]

東海沖からの西うねり
エリア毎の特徴:伊勢~宮崎

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事ではサーフエリア毎の特徴とうねりの反応について、千葉を起点にして伊良湖までのエリアについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(伊勢~和歌山~四国~宮崎)
防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。ここ最近の冬はかなり水温は暖かい年が多く、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続く年も[…]

冬のサーフィン準備と行動

前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.c[…]

冬のサーフィン
最新情報をチェックしよう!