発達中の低気圧で大荒れクローズアウト~明日からの北東うねりと地形の変化を要チェック【2021.2.15】

震度6強のエリアに大雨が降りそうで心配される状況です

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

2月15日月曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

今日は発達中の低気圧の影響で千葉エリアも朝から強い風と雨が降っています。

土曜の夜に発生した震度6強のエリアは地盤が緩んでいる状態の中で、午後にはまとまった雨が予想されている状況に。

心配な状況となってきますので、当該地域の皆様早めに避難するなど行動に移して頂けたらと思います。

波は今日はクローズアウトで明日は西高東低の気圧配置へと移行してきます。

反応してきた北東うねりが抑えられつつどこまで反応続くのか、またこの大雨による地形への影響はどんなものか?

などいろいろ気になるところばかりです。

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

いよいよアリューシャンからの北東うねりが反応してきたようです!はるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。2月14日 日曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。[…]

北東うねりしっかり反応
このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置と波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

この週末の関東地方は高気圧に覆われて晴れたところが多く、土日ともに南風が入り気温もあがり外に出かけたくなるような春の陽気となりましたね。

ずっと動向を気にしていたアリューシャンからの北東うねりが土曜の夜から反応をはじめており、

昨日は午後あたりからは風の合うポイントでも一気にハードなコンディションにもなってきてしまいました。

そして今朝の関東地方は雲が多く雨も降っていて、千葉エリアでは南東の風が強く吹いてます。

 

午前3時の気圧配置をいつものように見ていきますと、

週末に晴れをもたらした高気圧は東海上を遠ざかり、四国の南海上には低気圧が進んできています。

またアリューシャンの低気圧は中心をやや東へと移しつつも同じような位置に停滞しており、

まだまだ北東うねりを日本に届けてくれそうな位置と等圧線の形が続いています。

 

今朝の雲の様子から衛星画像で見てみますと、

久しぶりに輝度の高い雲がまとまって本州をすっぽりと覆っていますね。

低気圧はかなり発達しながら東へと進んでいる様子がみてとれます。

衛星画像

 

レーダーナウキャストも見てみますと、紀伊半島の東側でかなり強く雨が降っている模様。

低気圧の北東側で南東の風がかなり強く入っているような状況だと思います。

紀伊半島の南東の斜面で特に強い雨となっていそうであり、年間を通しても雨の多い尾鷲~新宮あたりまで強く降っているものと思われます。

そしてこれからこの雲域が関東にも差し掛かってきます。

レーダーナウキャスト

関東の気温から見ていきましょう

今朝も南寄りの風が入っており暖かい朝です。

アメダス気温

こちらはアメダス風向風速。

千葉では南東の風が強くなってきています。

こちらのアメダスの観測値よりも沿岸部は既に強い南東の風が入ってきています。

アメダス風向

今日はこれから関東地方でもまとまった雨となり、昼過ぎまで強く降り、南東の風がかなり強い状態で続きそうです。

低気圧が通過したあとは急速に天気は回復して夕焼けが見れるくらいになってきそうで、風向きも南西~西にシフトしてくるでしょう。

追記更新)10時のデータ

低気圧はまとまった雲域で急速に発達してきています。

レーダーナウキャストでは強い雨域が東へと移動してきており、この雨域が東北地方へと拡がる午後が心配な状況です。

レーダーナウキャスト:2021年2月15日11時
レーダーナウキャスト:2021年2月15日11時

衛星画像から見てもかなりまとまった雲域で輝度も高い状態が続いています。

台風が上陸したときのような衛星画像になってます。

衛星画像

千葉南部は雨風強く大荒れな感じですけど、湘南はまた11時観測でも北の風が吹いてます・・・


 

福島~宮城にもまとまった雨で厳重警戒

心配なのが、土曜の夜に震度6強を観測した地域へのまとまった雨です。

震度6強が起きたといえば、もう昭和の時代だったら大変な惨事になってしまうくらいの地震かと思いますけど、

今のところ人的な被害でも大惨事にまではなってない模様でして、いろんな意味で地震に強くなってきているのかとは思います。

ただこの地震で土砂崩れが起きたり、かなり地盤が緩んでしまっているところも多く、

そこに今回のかなりまとまった雨が降りそうなので、福島から宮城にかけての皆様は厳重な警戒が必要となってきそうです。

今日の午後には東北地方にもまとまった雲域がかかりそうです。

既に昨日から対策や避難準備をされているかとは思いますけど、特にご自宅が山の斜面の近くだったりする方は、早めに避難しておくなど、

ご自身の命を一番に考えての行動をしていただければと思います。

かなりまとまった雨となりそうで、地盤が緩んでなくても注意が必要なくらいの雨量になりそうです。

北東うねりはどれくらい抑えられてしまうのか⁈

唐桑の波浪観測データ

せっかくアリューシャンからの北東うねりが入ってきているんですが、低気圧の影響でもみ消されてしまっている感じです。

唐桑の波浪観測データを見ても、周期の長いしっかりとしたうねりは続いているものと思われます。

 

ただこの低気圧がこれからオホーツク海あたりまで北上して猛烈に発達してきて、日本付近は西高東低の気圧配置になってきます

つまり東海上では強い西風が広い範囲で吹くということになり、北東うねりとは逆方向からの強い風。

これによって北東うねりは抑えられてしまう傾向になってきます。

注目なのはアリューシャンの北東うねりが西風に抑えられながらも、反応が続くかどうか?

確実に北東うねりは西風に抑えられて小さくはなりますけど、強い冬型になっても千葉北では東よりのうねりで波が続くかもしれません。

今週は冬型が続きそうなので後半はだいぶ抑えられてしまいそうですけど・・・、明日はどれくらい反応残るのか?っとか。

 

強い北東うねりが強い西風に抑えられたときに、ある程度のサイズで続くのか、それともまったくなくなってしまうのか?

この辺をマニアックながら気にしていきたいと思います。

 

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/02/15
日の出:06:24 / 日の入:17:21
中潮
満潮:06:58(132cm) / 18:28(131cm)
干潮:00:26(13cm) / 12:42(50cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/02/15
日の出:06:28 / 日の入:17:24
中潮
満潮:07:13(134cm) / 18:50(135cm)
干潮:00:52(15cm) / 13:03(48cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

はるべえ
  • 発達した低気圧の影響で南東の風が強くほとんどジャンクでクローズアウト
  • アリューシャンからの北東うねりも強い状態で継続
  • 低気圧通過後に南西の風に変わるけど夕方までに間に合わなそう・・・

千葉エリア

今朝の千葉エリアは南東からの強い風が入ってきています。

これから低気圧の東進に伴い更に南東の風と強い雨となってきそうで、ほとんどのポイントはジャンクでクローズアウトとなってしまうでしょう。

鴨川マルキポイントも南東の風が朝から強く吹いており、強いオンショアの風で海はホワイトウォーターだらけ。

午前8時くらいから雨風がかなり強くなってきて、視界がわるくなってきました。

このオンショアの波によってまだ沿岸部の砂がえぐられてしまってるかもしれませんが、駐車場の脇にある川は海まで抜けるようになりました。

またシーワールドの近くのロイヤル駐車場とヘリポートの間の川も、海へと抜けるようになってきたようなので、

これから内陸部含めてどれだけ雨が降ってどれだけ海へと抜けていくのか、地形の変化を気にしておきたいと思います。

海へと抜ける川_210215

 

千葉エリアのその他ポイントでも、かなり荒れた感じの天候になってきていますので、

できるのは強い南東の風を少しかわす太東くらいでしょうか、、、その他はほぼクローズアウトになっているかと思います。

 

 

低気圧から遠い茨城エリアはまだ風の影響が少ないようにも見えますけど、

これから千葉同様に雨風強い状況になってくると思いますのでご注意ください。

 

湘南エリア

南東からの強い風によって風波でサイズアップ少ししてきているようです。

湘南も南東の風が入っているかと思いきや、アメダス見ても風が北から吹いているんですよね。

なので少しサイズアップして腿腰くらいの波で出来る波が今朝はあるようです。

今は北寄りの風がまだ吹いてますけど、でもこれからはやはり南東の風が入ってくるはずなんですよね。

予想よりも低気圧が南側を通過するとなると、北東~東風のままということもあるかもしれませんが、、、

とりあえずこれから東よりの風にはシフトしてくると思いますので、今できているポイントもこれから風の影響は少なからず出てくるでしょう。

 

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

こちらの記事は昨年2020年の2月15日の波の様子です。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、低気圧が三陸沖あたりまで中心を移動させながらかなり急速に発達してきそうです。

先ほども記載したとおり、午後には東北地方でまとまった雨と強い風にもなってきそうで、土砂崩れなど心配な状況となります。

 

千葉エリアは今日はジャンクでクローズアウトなまま終わってしまいそう。

午後3時くらいからは晴れて南西の風が吹いてきそうなので、千歳・千倉や一宮周辺では夕方くらくなるころに少しはまとまってくるかもしれませんけど・・・

できるのは太東くらいでしょうか、あまり期待はできません。

その他ポイントはまとまりないまま荒れたコンディションが続いてしまうんじゃないかと思います。

湘南の風がこれからどうなっていくかですね。

サイズアップ傾向ではあり南東の風が入ってきそうではあるんですけど、動向はちょくちょく見ていきたいと思います。

 

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日は、低気圧はオホーツク海あたりまで移動し、猛烈に発達した状態がつづきます。

また日本海には別の低気圧も発生する見込み。

西高東低の冬型が強まってきそうであり、反応してきた北東うねりは抑えられてしまう傾向。

また低気圧が日本の近くにある西高東低の気圧配置となり、千葉や湘南では北西の風ではなく西~西南西の風が卓越する気圧配置となってきそう。

今日の南東からの風波も抑えられつつ、場所によってはまとまってきそうです。

 

明日はうねりの方向はいろんなところから入ってきそうですけど、西~西南西の風をかわすポイントへ向かうのが良いでしょう。

南部程西からの風が強く吹きそうなので、北のほうが西風の影響が軽減される傾向となってきそう。

アリューシャンからの北東うねりは、西風に抑えられつつも明日はまだ反応は続くんじゃないかと思いますので、

明日のねらい目は茨城の鹿嶋エリアでしょうか。

千葉よりも西から西南西の風は若干弱めに吹きそうであり、かつ北東うねりも残って反応してクローズアウトまではしないながらもサイズはあるみたいな

そんなコンディションを期待したいところです。

 

千葉エリアだと一宮周辺から九十九里エリアまでが落ち着いてきていたらいいんですけど、南東の波も残っていて、海面がボヨンボヨンしてしまってそう。

後半のほうが波は落ち着いてきていそうなので、少し落ち着いたくらいに入ったほうが楽しめる波があるんじゃないかと思います。

 

千葉南は一日西南西の風が強く吹きそうで、かなりあおられそうですけど千歳や千倉からチェックするのが無難となりそうです。

 

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/02/16
日の出:06:23 / 日の入:17:22
中潮
満潮:07:19(131cm) / 19:06(123cm)
干潮:00:52(24cm) / 13:16(46cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/02/16
日の出:06:27 / 日の入:17:25
中潮
満潮:07:32(132cm) / 19:30(126cm)
干潮:01:18(27cm) / 13:37(44cm)

今朝の実況データ

Windy.com Wind/Waves/Swell

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

気象庁各種データへのリンク

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2017.02.15

2/15 3:00 asas冬型が緩み西から高気圧の前面に覆われる。東海上に抜けた低気圧もはるか北東へ進みウネリもかなり弱くなってきている。はっきりとしたウネリの源がなくなってきており全国的にスモールな状況千葉エリアも全般的にはスモー[…]

IMG
OnThisDay-2018.02.15

2/15 3:00 ASAS昨日日本海を東進した低気圧は三陸沖に抜けており、そこから伸びる寒冷前線がこれから本州付近を通過する見込み。昨日吹いた南よりの風により今朝も南向きポイントを中心にサイズアップしているが、コンディション的にはイマ[…]

IMG
OnThisDay-2019.02.15

毎日の天気図と波情報2/15 (金) 午前3時 地上天気図と波の概況高気圧に覆われてきており中心は南東方向へ向かっています。日本海北部や東海上には新たな低気圧が発生することが予想されていて、いずれも東へ移動してい[…]

OnThisDay-2020.02.15

気圧配置&天気と波情報 :午前3時の実況天気図 ASAS日本の南の海上には長い前線が横たわっています。真冬の天気図ではこんな前線が停滞することはあまりないのですが、今年は冬型も長く続かず寒気の南下も少なくて暖か過ぎる冬になって[…]

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気象キーワード1

サーフィンをする上で、海や気象の知識が必要となります。それは、このブログのテーマにもなっている、”いい波”に乗るために”、そして ”安全にサーフィンを楽しむために” も知っておいて損はないですし、ぜひ知っておきたい内容です。[…]

天気キーワード1
地形と波のブレイク

波はどうして崩れるのか?前々回のこちらの記事にて波の発生から終わりまでについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20181029/wave-509[…]

海底の地形と波アイキャッチ
東海沖からの西うねり

季節毎の特徴的な気圧配置のときに、どのような風と波のコンディションになるのでしょうか?このブログでは、こちらのカテゴリにて、様々な気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションについて解説してきています[…]

東海沖からの西うねり
エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(鳥取〜福井)
波をつくるための風

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!