北東うねりのピークは来週月曜⁈ 到達時間とかざっくり計算してみた【2021.2.12】

千葉と茨城エリアは少しサイズに変化が出てきたようですね

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

2月12日金曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

ここ最近はアリューシャンからの北東うねりについてばかり記載していますけど、

今回の北東うねりの先発隊となる波が千葉北や茨城には少し反応してきたようです。

ただこれはまだ本丸の北東うねりではなく、そのピークは週明けの月曜あたりになってきそうでしょうか。

ちゃんとではなくざっくりとですけど、どれくらいのタイミングでしっかりとしたうねりが入ってきそうなのかを考えてみました。

自然のことなのでどうなるかはわかりませんけど、、、考え方とか参考にしてもらえればと思います。

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

アリューシャンからの北東うねりが気になりますね・・・はるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。2月11日木曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今日は[…]

北東うねり気になる
このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置と波情報:北東うねりの到達時間は?

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

アリューシャンの低気圧の北西側では等圧線が北東方向から南西方向へと描かれており、

その距離はアラスカの近海あたりから2000㎞くらいはあるんじゃないかというくらい、

北東の風の吹走距離が非常に長くなってきています

 

アリューシャンからの強い北東うねりが日本にむけて来ているのは確実なんですけど、

あとはいつ届くかですね。

 

今朝の2月12日午前3時の天気図から超ざっくりな見積りを勝手にしてみますと、、、

例えばアリューシャン低気圧で風速25m/sの北東の風が2,000kmの海域で24時間続いたとして計算すると、

波高は9mで周期が12秒くらいの波がアリューシャン付近では発生していると想定します。

 

この9mで12秒の波が千葉や茨城にいつ届くかというと、、、

アリューシャンで波が発生しているところから千葉までの距離を4,000㎞とすると

だいたい85時間後くらいに波高3mで周期は19秒くらいの波が到達するということになります。

 

ただこれはアリューシャンと千葉の間に、この波に影響を与えるような事象がないとした場合のものなので、

実際には西~北西の風によって抑えられたりするため、周期19秒の波がくるとは考えにくいです。

 

今朝の午前3時に作られている波が今回の北東うねりのピークの波だったとすると、

このピークの一番大きなうねりは、月曜の午後あたりに千葉に到着するくらいなざっくり感覚。

この週末土日は高気圧が移動して東海上へと抜けていきそうなので、

高気圧の北側で吹く西風によって北東うねりが抑えられたりするので、

感覚的には波高は1.5~2mくらいで周期は12~13秒くらいのうねりが反応してくるような感じがします

 

これはピーク時のうねりの到達に関してのざっくり見立てで、

その前から序盤の北東うねりが反応してくるはずです。

 

今日の午後あたりから茨城や千葉エリアでも北東からの風波・うねりでサイズアップしてきそうで、

しっかりとした周期の長いアリューシャンからの北東うねりとして反応してくるのは、土曜日の午後あたりからでしょうか。

 

千葉の東向きのビーチにはクローズアウトになるくらいのうねりが入ってくると思われます。

沿岸部の風向きは週末に通過する高気圧の位置次第なところがありますが、

土曜は南東ベースの風、日曜は南~南西の風も入ってくるかもしれないです。
オフショアとなる一宮周辺や千歳・千倉、また茨城の鹿嶋などは北東うねりをダイレクトに受けるポイントでもあるので、

面は良いかもしれませんがサイズもあって上級者オンリーなコンディションにもなってきそうでしょうか。

 

土日のポイント選びはうねりの強さと沿岸部の風、そして自分の技量も考慮してのポイント選びとなりそうです。

しっかりとした北東うねりが入ってくるときには、北よりの風が吹いてくれたほうがポイント選びしやすいんですけど、

南よりの風が吹くとなると、ちょっと悩ましいポイント選びになりますね・・・

 

無理せずにサーフィン楽しみたいところです。

参考記事)【冬の波】いい波のパターン~アリューシャンからの北東うねり~

関連記事

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。[sitecard subtitle[…]

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/02/12
日の出:06:28 / 日の入:17:18
大潮
満潮:05:48(134cm) / 16:33(142cm)
干潮:11:05(70cm) / 23:28(-3cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/02/12
日の出:06:31 / 日の入:17:21
大潮
満潮:06:05(137cm) / 16:51(145cm)
干潮:11:22(71cm) / 23:53(-1cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

はるべえ
  • 千葉北や茨城では朝一よりもサイズアップ傾向、北東の風がネック
  • 千葉南はまだ反応鈍く夕方までにはもう少しサイズアップしてきそうな感じ
  • 湘南は東~北東のうねりは反応しにくいため、フラットに近いコンディション
  • これから土日にかけて更に北東うねりが反応してきそう

千葉エリア

今朝の鴨川マルキポイントは北からの風で強くは吹いていません。

昨日は丸一日フラットが続き、今日の朝一もフラットな状態からのスタート。

ただ昼前あたりから東よりの波が少し入ってきているようにも見えます。

地形が深いのがネックで、もうすこししっかりとしたうねりが入ってこないと午後も厳しいコンディションとなってしまいそう・・・

 

和田・白渚、千歳のほうがまだサイズの反応は良くなってきており、

こちらにも東~北東の波が少しづつ反応してきているような感じです。東ベースの波なので千歳や千倉のほうがサイズはあるでしょう。

 

 

千葉北エリアには北東うねりが少し反応してサイズアップしてきているようです。

ただ今反応しているのはまだ序盤戦の北東うねりで、ピークは日曜~月曜あたりとなってきます。

それでも今日の午前中から腰腹~胸くらいのセットは反応してきているようですね。

北東の風が沿岸部では吹いているので、片貝エリアが無難なポイントセレクトとなりそうです。

 

湘南エリア

西うねりは完全になくなってしまい、今朝はほぼフラットなコンディションからのスタート。

東ベースの波になると反応がしなくなってしまう湘南エリアですけど、

これから強い北東うねりで入ってくるので、吉浜など東うねりに敏感なポイントでは日曜には反応してきそうな気がします。

まずは千葉エリアにどれだけ反応してくるか様子を見ておきましょう。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

こちらは昨年2020年の同じ日の波の様子

今日と同じような感じですね。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波:土日は更にサイズアップしてきそう

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、高気圧の中心が東海上へと抜けていくところで、アリューシャン低気圧を取り囲む等圧線の流れは北北東くらいな向きになってきそうです。

今日の午後は高気圧の南側で吹く縁辺流にて、千葉エリアは東~北東の風がやや強めに吹く予想。

先陣を切った北東うねりの先発隊と北東~東の風波によって、千葉・茨城エリアはサイズアップ傾向ですけど、

風が合わないポイントがほとんどとなってしまうでしょう。

 

比較的に風をかわしやすい南向きのポイントや片貝エリアなどでは、できるコンディションにもなってそうですけど、

そんなにいい感じと言えるくらいにはならないままでしょう。

北東の風をかわす鴨川マルキポイントも地形が深くて午後四時半くらいに満潮にもなってくるので、

うねりが強まらなければこのまま厳しいコンディションとなってしまいそうです。

もう少しサイズアップしてくるといいんですけどね・・・

 

 

 

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48j時間

明日は、高気圧の中心が東海上へと抜けていき風ははじめ北東ベースの風ですけど、高気圧の移動にともない南東の風が入ってきそう。

そんなに強くは吹かなそうですけど、面には影響少しでてきそうです。

 

 

千葉エリアは今日よりもサイズアップ傾向となりそうで、後半になると周期の長い北東うねりの反応が少し出てくるかもしれません。

そんな北東うねりの本丸からのうねりが少し反応してくるかもで、明日の夕方頃には今日の波よりもパワーのあるワイドな波となっているかも。

風が南東があまり強まらなければいいんですけど、ちょっと影響してきそうですかね。

 

海に入っていると台風のときのような波が混じってくるのが実感できるかもしれません。

ただワイドな波として入ってきそうなので、ビーチのポイントでは抜けにくい波となってしまうかもですけど、

土曜の後半から日曜にかけて、またピークは月曜となりそうなので、

沿岸部の風とうねりの強さ、あとは自身の技量似合ったポイントへ向かいたいところです。

 

 

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/02/13
日の出:06:27 / 日の入:17:19
大潮
満潮:06:13(134cm) / 17:13(141cm)
干潮:11:37(62cm) / 23:59(3cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/02/13
日の出:06:30 / 日の入:17:22
大潮
満潮:06:29(136cm) / 17:32(145cm)
干潮:11:55(62cm) / 04:39(999cm)

今朝の実況データ

Windy.com Wind/Waves/Swell

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

気象庁各種データへのリンク

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2017.02.12

2/12 3:00日本付近は冬型の気圧配置が続く昨日よりは冬型は緩んできてはいるが依然として西日本の日本海側では警戒が必要千葉エリアは今朝も東海上に抜けた低気圧からのウネリが継続、風は北西がやや強めに吹く千葉北エリア、胸肩サイズで風[…]

IMG
OnThisDay-2018.02.12

2/12 3:00 ASAS昨日南岸を通過した低気圧は北東へ進み今朝は千島の東で972hpaまで発達した。日本付近は冬型の気圧配置となり全国的に北西から西の風が強くなっている。低気圧からの南東から東のうねりはこの強い西よりの風により抑[…]

IMG
OnThisDay-2019.02.12

毎日の天気図と波情報2/12 (火) 3:00 地上天気図と波の概況関東の東海上には低気圧の中心が3つ解析されており東へそれぞれ進んでいます。この低気圧へ吹き込む北よりの風が一部では強く吹いており、昨日よりは気温[…]

OnThisDay-2020.02.12

気圧配置&天気と波情報 :午前3時の実況天気図 ASAS日本付近は高気圧に覆われてきており中心を次第に東海上へと移動させてきています。アリューシャン付近にある低気圧は中心気圧は970hPaとしておりゆっくりと北東方向へと進[…]

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気圧配置による風と波

刻々と変化する波のコンディション波のコンディションは気圧配置による風向きやうねりの向き、また潮回りや海岸の地形などのいろいろな要素によって常に変化するということは、過去の記事や毎日の天気図と波情報をよんでもられば理解していただけるかと思[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
うねりの向きを知っていい波をあてる

週末は波があるのか?ないのか?[caption id="attachment_5553" align="alignnone" width="1024"] 写真:メローな程よいサイズのいい波、こんなコンディションなら最高だ[/captio[…]

うねりの向き
沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

北東うねりのピーク
最新情報をチェックしよう!