南風が吹き春の暖かさ~北東うねりと南風でポイント選べば今週末は楽しめそう【2021.2.13】

北東からの波・うねりでサイズアップしてきています

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

2月13日土曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

昨日の午後あたりからは千葉北や茨城エリアでは北東からの風波・うねりの反応が良くなってきてサイズアップしてきています。

そして今日の後半から明日にはアリューシャンからの北東うねりの反応も良くなってきそう。

この週末は概ね南よりの風となりそうなので、南の風をかわすポイントからのチェックが良いのではないかと思います。

北東うねりの反応具合と風向きに合わせてポイント選べば、この週末は楽しめそうな波はありそうですね。

でも鴨川マルキは地形が深くて割れない・・・

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

千葉と茨城エリアは少しサイズに変化が出てきたようですねはるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。2月12日金曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。ここ[…]

北東うねりのピーク
このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置と波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

日本付近は高気圧に覆われています。

既に高気圧の中心は北日本から太平洋側へと抜けていく位置にまで来ており、

西日本はすでに高気圧の後面に位置して、九州や四国では雲の多い天気に。

北日本から東日本は晴れて、気温が高くなるところが多くなり、今日は春の暖かさとなりそうです。

 

まずはアメダス気温から見ていきますと、湘南や千葉南の沿岸部では4度~7度くらいはありますね。

今朝、外に出た感じも寒さはあまり感じませんでした。

アメダス気温

今朝の風ですが、北よりの風がそれほど強くは吹いていません。

今日は高気圧が東海上へと移動していくことから、高気圧の南側で吹く縁辺流によって南東ベースの風が入ってきそうです。

アメダス風向

 

そしてアリューシャンの低気圧は等圧線の向きは北からの流れになってきており、日本付近へ送りこむ北東うねりが作られるピークとしては、やはり昨日がピークだったのではないかと思います。

こちらは2月13日午前8時のWindyの波の様子です(ECMWF)

Source: Windy.com

昨日は高気圧の東側に位置していた千葉と茨城エリアでは、北東の風が入り、北東の風波と一部北東うねりも混じって入ってきているような感じで、

千葉北や茨城では腰腹サイズまでアップしてきていました。

 

今朝も、千葉北と茨城エリアでは昨日と同様に北東からの風波の残りとアリューシャンからの北東うねりの先発隊が少し反応しはじめてきていそうな状況。

これらエリアでは遊べるだけのサイズは十分あって、腰腹~胸くらいのセットが入ってきているようです。

 

一方で千葉南は北東うねりは千葉北よりも少しサイズ的にはまだ反応は鈍く、千葉北よりもワンサイズくらい小さめの腿腰くらいなサイズ感です。

潮が多い時間帯ということもあって、千葉南エリアの朝一はちょっと物足りないサイズからのスタートになりました。

 

今日はアリューシャンからの北東うねりの反応が後半になるほど良くなってきそうです。

風が南東の風になってきてしまい、多くのポイントでは面に影響受けてしまいそうなんですけど、

南よりの風をかわすポイントでは、そこそこのサイズで遊べる波がありそうです。

 

茨城エリアは南の風となって風をかわしつつ、これからもう少し北東うねりがしっかりしてきそうなので、

今日は茨城エリアの南風をかわす、鹿嶋や河原子などがねらい目となりそうです。

千葉エリアは南東の風が吹きやすいので、ちょっと風あわないですけど、一宮周辺は比較的に風を軽減しサイズもそこそこで遊べそうな波がありそう。

 

アリューシャンからの北東うねりは今日は後半にかけて周期の長い波が少しずつ入ってくるようになってきて、

明日日曜にはしっかりとしたうねりが入りだし、月曜にはピークを迎える感じになりそうです。

 

来週月曜は南海上にも低気圧が発達しながら進んできそうであり、波はどこも十分ありそうですけど、風の影響を強く受けてしまいそうな感じですね。

 

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/02/13
日の出:06:27 / 日の入:17:19
大潮
満潮:06:13(134cm) / 17:13(141cm)
干潮:11:37(62cm) / 23:59(3cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/02/13
日の出:06:30 / 日の入:17:22
大潮
満潮:06:29(136cm) / 17:32(145cm)
干潮:11:55(62cm) / 04:39(999cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

はるべえ
  • 茨城と千葉北は北東の風波+北東うねりが少し反応してサイズアップ
  • 千葉南は北東の波の反応まだ鈍く、千葉北よりワンサイズ小さめ
  • 湘南は北東ベースの波だと反応しにくく、吉浜で少し反応してくるかどうか
  • アリューシャンからの北東うねりの反応が後半はもう少し良くなってきそう

千葉エリア

今朝の鴨川マルキポイントはフラット。

一昨日と昨日も一日フラットが続きました。

昨日は、午後から波の向きは東からの波が入ってきているのがわかるくらいな海面になってきたんですけど、

如何せん地形が深くて割れない状況が続いています。もっとサイズアップしてこないと割れないですね。

これから来週前半にかけてはまたサイズアップしてきそうですが、月曜に雨がどれくらい降るのかも気になるところ。

河口から海へと続く流れが出来てくれないと砂が付いてくれないので、

今はサイズアップしてほしいというよりかは、雨が降って欲しいですね・・・。

 

千葉南エリアの中でもマルキよりも和田~白渚あたりのほうが割れる波がありますけど、もうちょっとサイズ欲しいところです。

今日の後半あたりからはもう少しサイズ出てきそうではあるので、潮回りと合わせてタイミングよく入りたいところです。

 

 

千葉北エリアは昨日から北東の風波と北東うねりが少し反応してきて遊べるサイズは十分ありますね。

一宮周辺ではセットで腹胸くらいは入ってきているようで、多少は遊べる波は入ってきているようです。

九十九里エリアも腰腹サイズはあって、午前中のほうができそうですが、午後は風の影響がでてきてしまいそう。

飯岡は北東ベースの波は反応しにくく、サイズはかなり小さいままです。

 

 

茨城の鹿嶋が今日はこれからそこそこ遊べる波があるんじゃないかと思います。

朝はまだ北風でイマイチかもしれませんけど、午後は南寄りの風が入ってきて面は整ってきそう。

かつ北東うねりの反応が良くなってきそうなので、午後は期待できるかもしれません。

 

湘南エリア

北東ベースの波となると鵠沼や鎌倉エリアでは反応しなくなりほぼフラットなコンディションに。

ただ吉浜までいけば東からの波に反応して、小ぶりながらも少しできる波はあるかも、、、っといった感じでしょうか。

千葉エリアがもう少しサイズアップしてくれば、吉浜もワンサイズ小さめの波でもサイズに反応は出てきそうです。

地形がどうなのかまではわかりませんが・・・。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

こちらは昨年2020年の2月13日の千葉南エリアの波の様子です。

この日は南西の風がかなり強く吹いてました。

OnThisDay-2020.02.13

気圧配置&天気と波情報 :午前3時の実況天気図 ASAS高気圧は東海上に中心を移動させ日本海にある低気圧とその南側で東西にのびる前線が東進してきています。関東地方は昨日から高気圧の後面で南西の風が入りやすい気圧配置。昨日も[…]

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、高気圧の中心が東海上へと移動していきます。

高気圧の南側から入ってくる南東ベースの風が午後には千葉エリアには入ってきそうなので、

午後は南風をかわすポイントからチェックしていくのが良さそうですね。

一宮周辺や茨城の鹿嶋などがサイズもそこそこあって、午後は周辺よりはいい感じのコンディションになってきそうです。

 

アリューシャン低気圧は勢力としては同程度をキープしてますがやや後退傾向です。

波がつくられるエリアは日本からはだいぶ遠くなってきましたが、メインの波ではないもののしばらく北東からのうねりの反応は続きそうな感じかと思います。

 

 

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日は、高気圧が東海上を遠ざかり、低気圧が西から移動してくる予想気圧配置です。

日曜にはアリューシャンからの北東うねりが本格的に反応してきそうであり、茨城と千葉エリアは十分なサイズの波が入ってくるでしょう。

明日も朝から南~南西の風が入ってきそうなので、今日と同じく、南風をかわすポイントからチェックするのが良さそうです。

千葉北では一宮周辺、茨城では鹿嶋や河原子エリア、千葉南では千歳や千倉ですね。

しっかりとした北東うねりが入ってきそうなので、面は良くてもハードなコンディションにもなってくる可能性もあります。

上級者向けの波にもなってくるかもなので、波のコンディションに合わせて無理しないようにしたいですね。

 

南風が合わないポイントでも、明日の朝一は風はまだそんなに強くはならなそうなので、面に影響そんなになかったら、早めに入っておいたほうが良さそうです。

今日よりはサイズは上向いているんじゃないかと思いますので、風の影響が少ないうちに入っておくのがベターでしょう。

 

 

夜には東海上の高気圧の西側では南東うねりが発達するエリアが作られて、日本からも近い位置で南東うねりが発生します。

週明けの月曜は、周期の長いアリューシャンからの北東うねりと高気圧からの南東うねりの両方が十分反応してきそうです。

ただ南東の風がかなり強めに入ってきそうなので、、、ジャンク気味なコンディションになってしまうポイントも多くなってくるでしょう。

 

 

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/02/14
日の出:06:26 / 日の入:17:20
大潮
満潮:06:36(133cm) / 17:50(138cm)
干潮:12:09(55cm) / -(-cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/02/14
日の出:06:29 / 日の入:17:23
大潮
満潮:06:52(135cm) / 18:11(141cm)
干潮:00:24(6cm) / 12:29(54cm)

今朝の実況データ

Windy.com Wind/Waves/Swell

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

気象庁各種データへのリンク

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2017.02.13

2/13 3:00冬型の気圧配置が緩みながらも継続今回の西回りの強烈寒波は山陰地方に記録的な雪となってしまった今週は水曜までは冬型緩み高気圧に覆われる日が多いが木曜から金曜にかけて日本海を低気圧が東進、吹き込みにより気温が高くなる最[…]

IMG
OnThisDay-2018.02.13

2/13 3:00 ASAS一昨日通過した南岸低気圧はカムチャツカ半島付近で960hpaまで発達している。だが低気圧中心の位置と等圧線の向きからは日本付近には北東うねりは入りにくい状況。もう少し東に中心があると北東からうねりが反応してくる[…]

IMG
OnThisDay-2019.02.13

毎日の天気図と波情報2/13 (水) 午前3時 地上天気図と波の概況アリューシャン方面へ北東進している低気圧は980hpaとなり更に発達しながら北東へ進んでいます。関東の南東海上には低気圧が解析されており、現在8[…]

OnThisDay-2020.02.13

気圧配置&天気と波情報 :午前3時の実況天気図 ASAS高気圧は東海上に中心を移動させ日本海にある低気圧とその南側で東西にのびる前線が東進してきています。関東地方は昨日から高気圧の後面で南西の風が入りやすい気圧配置。昨日も[…]

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

梅雨の波

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションを解説前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」と「アリューシャンからの北東うねり」による波のコンディションについて記載しました[sitecard subtitle=関連記事[…]

梅雨の波アイキャッチ
エリア毎の特徴:伊勢~宮崎

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事ではサーフエリア毎の特徴とうねりの反応について、千葉を起点にして伊良湖までのエリアについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(伊勢~和歌山~四国~宮崎)
波をつくるための風

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

北東うねりと南風
最新情報をチェックしよう!