東うねりと北西の風で久しぶりに遊べる波、明日にかけて東うねり強まりそう【2021.9.4】

※明日の気圧配置と風と波を更新しました

はるべえ
今朝の千葉エリアは
東うねりの反応が昨日よりも
良くなってきています!

 

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

9月4日 土曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

しばらく波のない状態が続いていましたが
今朝は東うねりの反応が良くなってきて
東うねりの反応がよいポイントを中心に
久しぶりに遊べる波が入ってきてます

この東うねりは明日にかけても
サイズはアップ傾向なので
風向きと潮回りにあわせて
ポイント選びすれば

この週末は久しぶりに遊べる波が
ありそうですね

まずは今日の気圧配置から見ていきましょう

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

※明日の気圧配置と風と波を更新しましたはるべえ今日から週末にかけて次第に東うねりの反応がよくなってきそうですはるべえ@波乗りブログ毎日更新1,500日の気象予報士です。9月3日 金曜日の気[…]

週末は東うねりサイズアップ

 

このブログでは、
日々の気圧配置の推移と
千葉と湘南エリアの
波のコンディションについて
記事を毎日更新しています

今日の気圧配置と風と波

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

午前3時の気圧配置です

日本の南海上には太平洋高気圧
オホーツク海にはオホーツク海高気圧があり
これら2つの高気圧のせめぎ合いで
秋雨前線が形成されています

前線上にはいくつか低気圧も解析
されており
その1つは四国付近にあって東へ
移動している状況

千葉と湘南エリアは秋雨前線の北側に
今朝も位置しており朝から北よりの風

またはるか東海上には
熱帯低気圧がまだ解析されていますが
不明瞭となってスタンプが押されないかなと
思いきやまだ熱帯低気圧として解析
されています

ただこちらは日本への影響はないまま
となりそうです

ざっくり風イメージ210903

こちらは昨日の記事に掲載した
ざっくり風イメージですが
今朝9時の予想気圧配置をベースにつくったものなので
そのまま流用しています

風の流れとしてはこんなイメージで
低気圧が近づいてくる昼過ぎあたりは
風が不安定になってくるかもしれませんが

低気圧が抜けたあとは
北西の風が吹きやすくなってきそうです

秋雨前線とオホーツク海高気圧との間で
等圧線の本数が多くなってきている傾向となり
このエリアで東うねりが発達してきています

アメダス風向210904_0600

今朝も各地で北寄りの風

横芝や茂原では北西の風が弱めに吹いており
一宮周辺でも北西の風が吹いていそうなので
昨日の記事にも書いたとおり
朝は一宮周辺が無難かもしれません

沿岸波浪予想図

今朝9時の沿岸波浪予想図です

オホーツク海高気圧から前線に向けての
東よりの風が強まっている海上で
東うねりが強まってきています

東北地方にはその東うねりの反応が
よいエリアがありそうですが

明日にかけては関東沿岸部でも
東うねりが強まってきそうです

石廊崎の波浪観測データ_210904_06

石廊崎の波浪観測データは波高は低いまま

こちらは東ベースのうねりだと反応がかなり鈍くなるので
こんなもんだと思います。

南よりのうねりはほぼない状況が続いています

午後9時の予想天気図

予想気圧配置

今夜にかけては、前線上の低気圧が
関東の東海上に抜けていく見込みです

東海上の秋雨前線の北側で
等圧線の間隔が狭くなってきています

沿岸波浪予想図

東海上のオホーツク海高気圧から
前線の北側に向けての東うねりは

今朝よりも南の茨城北部あたりまで
波高2mラインが南下が予想されている状況

午後にかけては
今反応しているよりももう少し東うねりの
反応が各地でよくなってきそうです

今日の暦と潮回り

勝浦の潮位情報_210903

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/09/04
日の出:05:13 / 日の入:18:02
中潮
満潮:01:51(127cm) / 16:08(137cm)
干潮:08:58(28cm) / 21:33(93cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/09/04
日の出:05:16 / 日の入:18:05
中潮
満潮:02:05(125cm) / 16:25(143cm)
干潮:09:16(22cm) / 21:54(91cm)

【千葉・湘南】今日の波

今朝は各地でオフショアベース
の風からのスタート

昨日の記事では
朝と夕方に西の成分が入った
北西ベースの風が入っていれば

東うねりに敏感に反応する
一宮周辺や千歳からチェックするのが
よさそうですと記載しましたが

先ほど掲載したアメダスの茂原のデータを見ると
今朝は一宮周辺では北西の風が
吹いてそうですね

昨日よりも東うねりの反応は良くなっている
はずなので、腰腹オーバーなサイズ感で
今朝はそこそこなコンディションで
遊べる波が入っているのではないでしょうか

また午前9時前の干潮時刻にむけて
朝は潮が引いてきますので
千歳も潮が引いてくるタイミングで
遊べる波が増えてくるのではないかと
思います

アメダスを見ると
茨城の鹿嶋周辺エリアは北よりの風が
入ってきているようなので
サイズはありそうですけど
やはりまとまりのない波となって
しまっているのではないでしょうか

昼前後は風向きが不安定になる時間が
あるかもしれませんが
夕方にはまた北西の風になってくる可能性が
あるので

引き続き一宮周辺や片貝エリアなどで
柔軟に移動できるようなフットワークで
海に入れるようにしておけば
久しぶりに少しサイズのある波で
楽しめるのではないでしょうか

湘南エリアは東うねりだと
厳しいサイズが続いてしまいます

今日も一日スモールコンディションが
続いてしまいそうですね

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想天気図

予想気圧配置

明日はオホーツク海にある高気圧と
沿海州あたりにある高気圧の
勢力が強まってきて

秋雨前線をやや南に押し下げてくる
ような気圧配置になってきます

秋雨前線と北側にある高気圧との間で
等圧線の間隔が狭くなり
北東~東ベースの風が長い距離を強く吹く
エリアとなってきます

今日サイズアップした東ベースのうねりは
明日は更にサイズアップして
反応が強まってきそうです

明日のざっくり風イメージ

ざっくり風イメージ210904

明日朝のざっくり風イメージはこちら

オホーツク海高気圧からの
吹き出しが前線の北側で
東よりの風となって吹く流れになってきます

千葉と湘南エリアの明日も
北~北東の風が入りやすい気圧配置

朝のうちは北の風となるところも
ありそうですが
次第に北東の風となって
強めに入ってきそうです

沿岸波浪24時間予想図 FWJP

沿岸波浪予想図

こちらは明日午前9時の沿岸波浪予想図です

この記事の今日の21時の沿岸波浪予想図
と見比べてみてもらえればわかりますが

明日は波高が2m以上となる緑~黄色の
エリアが今日よりも南下してきて
千葉エリアも波高が2mを越えてくる
予想がでています

房総半島沖では、東北東からの波で
波高は2.1m、周期は9秒として予想されており
今日よりも東ベースの波は
アップしてきそうです

明日の暦と潮回り

勝浦の潮位情報_210903

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/09/05
日の出:05:14 / 日の入:18:00
中潮
満潮:02:43(137cm) / 16:31(143cm)
干潮:09:37(19cm) / 22:01(83cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/09/05
日の出:05:17 / 日の入:18:04
中潮
満潮:02:57(135cm) / 16:49(148cm)
干潮:09:55(14cm) / 22:22(81cm)

明日の風と波(千葉・湘南エリア)

明日は今日よりも東うねりの反応が更によくなり
今日よりも北東の風が強めに入ってくる
可能性があります

朝のうちは北風で今日のように
西の成分が混じって吹くような感じには
ならなそうなので

北~北東の風が朝からしっかり
吹くとして考えておいたほうが良いでしょう

ということで
千葉エリアはいつもの北東の風のパターン
となり
まずは片貝エリアからのチェックが
無難となってきそうです

千葉南エリアは鴨川マルキから
チェックといきたいところですが
駐車場が閉鎖されてしまってます

北東の風になると白渚~花籠あたりまでは
風の影響が出てしまって
まとまりのない波になってしまいそうですが
千葉南エリアであれば
このあたりで何とかといったところでしょうか

千葉北・南ともに東うねりが
もう少し強まってきそうなので
片貝でも胸肩~頭くらいまで
サイズアップしてくるかもしれませんね

頭サイズはちょっとしんどいという方は
片貝から北上して飯岡方面へと
向かいたいところですが

このエリアも駐車場閉鎖がひろがっている
ようなので、その点は十分注意する必要が
あるかと思います
路駐や迷惑駐車をして海に入ることだけは
避けたいですね

もしくは御宿は町営の駐車場は
閉鎖ですけど周辺の民間の駐車場は
オープンなところもあるので
そちらに向かってもよいかもしれません

東からどちらかというと北東の成分が
入ったうねりなので
平砂浦は風は合いますがサイズは厳しい
ままのような気がします・・・

湘南エリアも東ベースのうねりだと
反応はしにくいポイントが多くなり
東うねりに反応する吉浜までいけば
腰腹くらいで出来る時間帯が
あるかもしれませんね

ビギナーの方は藤沢~茅ケ崎までは
膝腿くらいの小ぶりなサイズが続きそうなので
テイクオフの練習などはできそうです

LINE公式では
明日の風と波とポイント情報や
ブログ更新情報などを配信しています
以下より友達追加していただけます

友だち追加

 

実況データ・リンク

Windy

Windy.com:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

気象庁各種データへのリンク

天気図

アメダス風向風速

台風情報

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れ
タイムラプス映像などをアップしています。

こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください
&チャンネル登録をお願いします!

 

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

アリューシャンからの北東うねり

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。[sitecard subtitle[…]

エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(鳥取〜福井)
最新情報をチェックしよう!