今日の気圧配置と風と波/暦と潮回り【2022.1.3】

はるべえ
はるべえ
@波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士です。

1月3日(月)の
気圧配置と風と波の状況/
サーフポイント情報を
こちらの記事に更新していきます

2022年が明けて最初の月曜日です。

千葉の日の出時刻は6:47と
一年の中で最も遅い
日の出時刻の時期
となり

平日朝一サーファーは
仕事前の海に入る時間が
一番短い時期になるかと思います

また今週の5日水曜日には
二十四節気「小寒」を迎え
小寒から節分までの寒の入り
となる時季です

千葉北の水温は10℃を下回ってくる頃でもあり
フル装備で海に入る必要がありますが

この記事を読んで頂いたいている方は
そんな寒さの中でもいい波に乗りたい
という方が多いのではないかと思います

防寒対策を万全にして
今週もいい波乗りたいですね!

ということで
毎日の気圧配置と風と波の状況を
月曜日からみていきましょう

★お知らせ★

以前よりKindleにて出版しておりました
「週末サーファーのための波乗り気象学(前編)」
の内容を分割して加筆・更新し
新たなKindle本として出版いたしました

Kindle新刊いい波にのるために

いい波にのるために(1):
週末サーファーというスタイル Kindle版

https://amzn.to/3rBZP2v

いい波にのるために(2):
サーファーにとっての風と波 
Kindle版
https://amzn.to/3opBknd

Kindle Unlimitedの30日間無料体験を使えば
こちら2冊ともに無料でお読みいただけます

また現在2ヶ月で99円(通常は1960円)という
キャンペーンも実施していますので、
Kindle Unlimitedにて
見ていただくのがお得です
Kindleアプリでスマホからも読めます


こちらもよろしくお願いします
https://asasfsas24.com/support/

2022年1月3日(月)大潮

今日の気圧配置と風と波/暦と潮回り

実況天気図

今日の午後3時の実況天気図です

昨日、日本海にあった低気圧は
今日は北海道を横断してオホーツク海
へと抜けていき

中心気圧は982hPaまで
発達してきています

北日本は引き続き
等圧線の間隔が狭い状態が
継続しており
北日本中心の冬型の気圧配置
も続いています

東日本から西日本にかけては
西から冬型が緩んできており
午後3時の気圧配置では
広く等圧線がかからないエリアが
ひろがっていました

今日の千葉・湘南エリアは
どちらのエリアともに
パッとしないコンディション

湘南エリアはフラットではなく
西うねりが弱く反応していたようですが
かなり物足りないサイズの波な
コンディションが続いたようでした

千葉エリアは
湘南よりは少しサイズはありましたけど
それでも千葉北で昨日反応していた
東よりの波もサイズはダウンしてきて
腿腰くらいなサイズ感で続いた模様

千葉南エリアも潮が多い
日中の時間帯はサイズがないので
更に割れにくいコンディションとなり
インサイドよりの短い波が
ほとんどな感じが続きましたね・・・

🔷今日の暦と潮回りはこちら🔷

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/01/03
日の出:06:47 / 日の入:16:39
大潮
満潮:05:53(145cm) / 15:55(155cm)
干潮:10:45(98cm) / 23:18(-20cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/01/03
日の出:06:51 / 日の入:16:41
大潮
満潮:06:15(149cm) / 16:15(154cm)
干潮:11:12(98cm) / 23:46(-18cm)

明日の気圧配置と風と波/暦と潮回り

予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

オホーツク海にかる低気圧は
同じような位置にありながらも
やや発達傾向となり

関東の東海上にも
別の弱い低気圧が予想されています

今日は一旦緩んだ冬型の気圧配置ですが
明日は再び強まってくる予想で
北海道から九州までは
7本の等圧線がかかる予想気圧配置です

今日の東日本から西日本は
等圧線がかからないエリアが広がりましたが
明日は縦じまの等圧線がかかってきます

御前崎灯台データ_220103

海の安全情報より引用
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

こちらは本日の夕方の
御前崎灯台の風の状況ですが

今朝に一旦弱くなった西風は
昼前から再び強く吹くようになってきて
夕方まで強い状態が続いています

明日にかけては冬型の気圧配置が
強まってくることにより
この東海沖の西風は明日いっぱい
強い状態が続きそうです

今日の午後から既に東海沖の西風が
強く吹いていることから
明日の朝は湘南と千葉南エリアには
西うねりでサイズアップしている
可能性がありそうです

あとは沿岸部の風次第ですが
明日は西風が吹くエリアが
沿岸部にもかかりそうな位置で
吹く予想もでており

南向きのポイントでは
サイドからの風が吹いてきそうです

南のほうが西風が強いエリアに
入ってきそうなので
平砂浦や南房総では西風が
やや強めに入ってくるかもしれなく

湘南や鴨川~勝浦では
比較的に西風が弱い可能性もありそうです

湘南エリアは西風の影響が少ない
可能性があるので
朝からミドルサイズで遊べる波が
入っている可能性もありますが

朝一は潮が多い時間帯に重なって
しまうので、潮が多くても
割れやすいポイントに朝一に向かうか

時間の都合がつく方は
昼前後の潮が少なめな時間帯に
入るなどしたほうがよいかもしれません

千葉南エリアも朝一は
潮が多くて割れにくい厚い波で
インサイドの波が多いかもしれないので

干潮前後にタイミング合わせて入る
などしたほうが良さそうですね

午後の方が風の影響が出てくるかも
しれませんが
概ねオフショアベースで続くのでは
ないかと思います

千葉北エリアは西うねりは入りにくく
明日は東うねりも弱い状態が続きそうで
物足りないサイズの波が続いてしまいそうです

西~北西の風で面は良さそうなんですけど
厚めの板を持参するか
もしくは干潮のタイミングで
千葉南へ移動するなどしたほうが
遊べる波はあるかもしれません

🔷明日の暦と潮回りはこちら🔷

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/01/04
日の出:06:47 / 日の入:16:39
大潮
満潮:06:36(144cm) / 16:42(155cm)
干潮:11:29(94cm) / -(-cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/01/04
日の出:06:51 / 日の入:16:42
大潮
満潮:06:57(147cm) / 16:59(154cm)
干潮:11:53(96cm) / -(-cm)

明後日の風と波

予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

オホーツク海から千島の東には
引き続き低気圧が予想されており
冬型の気圧配置が続きそうです

北日本が中心の冬型となり
東日本から西日本にかけては
等圧線の間隔はやや広くなって
きそうです

等圧線の流れが北西から南東へと
流れる強い冬型の気圧配置のときには
東海沖では西風が強く
湘南では北風が弱いというコンディションが
期待できるのですが

明後日のように冬型が少し緩んできて
等圧線の流れが北東~南西方向へと
シフトしてくると

東海沖の風は北の成分を帯びてくるようになり
また相模湾~東京湾にかけて北~北東の風が
入りやすくなってくるので

西うねりの反応が鈍くなってくるパターンと
なってきます

明日反応が良くなった西うねりは
明後日は反応が鈍くなってしまいそうですが

そんな気圧配置と風の状況を
よくチェックしておくと
西うねりの反応具体のパターンが
見えてくるかと思います

また明日の状況みて
更新します!

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

OnThisDay-2017.01.03

1/3 3:00関東の東海上に弱い低気圧が発生し東進中穏やかで暖かいお正月は今日前半まで、これから低気圧がやや発達し冬型の気圧配置になってくる明日4日からはこの時期らしい陽気に戻ってきそう、北寄りの風が吹き関東では晴れて放射冷却により[…]

IMG
OnThisDay-2018.01.03

1/3 3:00 ASAS東の海上に抜けた低気圧は974hpaまで発達し東へ15KTで進んでいる。日本付近は冬型の気圧配置が強まり日本海側は大シケ、太平洋側も北西の風がかなり強く吹き寒い一日になりそう。今朝の千葉エリアは北西の風。千葉北[…]

IMG
OnThisDay-2019.01.03

1/3 9:00 地上天気図と波情報正月三日も冬型の気圧配置が続いており、日本海側特に北日本では雪で太平洋側は晴れの天気分布です。気温は平年並みのところが多く、東京も最高気温は10度くらい、最低気温は2度くらいです。最高気温が二桁になる[…]

OnThisDay-2020.01.03

気圧配置&天気と波情報 : 弱い冬型で今日も楽しめる波午前3時の実況天気図 ASAS正月の三日です。日本付近は弱い冬型の気圧配置。オホーツク海からカムチャツカ半島付近には低気圧、そしてシベリアには高気圧があり、西高東低の[…]

OnThisDay-2021.01.03

アリューシャンからの北東うねりが気になりますねはるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。1月3日 日曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。正月も3日目[…]

北東うねりに注目

気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

天気図

アメダス風向風速

台風情報

 

 

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

梅雨の波

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションを解説前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」と「アリューシャンからの北東うねり」による波のコンディションについて記載しました[sitecard subtitle=関連記事[…]

梅雨の波アイキャッチ
エリア毎の特徴:日本海

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(日本海エリア)
防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。ここ最近の冬はかなり水温は暖かい年が多く、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続く年も[…]

冬のサーフィン準備と行動

前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.c[…]

冬のサーフィン
一年で最も遅い日の出時刻の時期
最新情報をチェックしよう!