2022年元旦初乗り/初日の出サーフィン~今年もいい波乗りましょう!【2022.1.1】

はるべえ@波乗りブログ毎日書いてる気象予報士です。

1月1日 土曜日の
気圧配置と風と波の状況/
明日のサーフポイント情報を

本日も更新していきます。

2022年の元旦です。

今年も毎日の気圧配置から風と波のことを
こちらのブログに更新していこうと思います

今年もいい波にのるために
ご参考にしていただければと思いますので
本年もどうぞよろしくお願いいたします

今年の初日の出は
千葉・湘南の各ビーチからきれいに
見れたところが多かったようでしたが

各地で氷点下の冷え込みとなり
厳しい寒さとなりました

毎年の恒例として
海の中から初日の出サーフィンをされる方も
多いかと思いますが

今年は多くのポイントで
初日の出サーフィンできる波は
何とかあったようですね

明日は今日よりサイズは
下がってきそうで
物足りない感じになってきそうですが・・・

ということで
今年もまずは気圧配置から見ていきましょう

🔷昨日の記事

2021年西うねりのいい波で乗り納め!
2022年元旦の初乗りはお早めに
【2021.12.31】
https://asasfsas24.com/20211231/wave-24016/

🔷一昨日の記事

大晦日から再び厳しい寒さ~
西うねりのいい波で乗り納めが
期待できるかも!【2021.12.30】
https://asasfsas24.com/20211230/wave-23999/

★お知らせ★

以前よりKindleにて出版しておりました
「週末サーファーのための波乗り気象学(前編)」
の内容を分割して加筆・更新し
新たなKindle本として出版いたしました

Kindle新刊いい波にのるために

いい波にのるために(1):
週末サーファーというスタイル Kindle版

https://amzn.to/3rBZP2v

いい波にのるために(2):
サーファーにとっての風と波 
Kindle版
https://amzn.to/3opBknd

Kindle Unlimitedの30日間無料体験を使えば
こちら2冊ともに無料でお読みいただけます

また現在2ヶ月で99円(通常は1960円)という
キャンペーンも実施していますので、
Kindle Unlimitedにて
見ていただくのがお得です
Kindleアプリでスマホからも読めます


こちらもよろしくお願いします
https://asasfsas24.com/support/

今日の風と波:2022年の初乗りは西うねりの残り

実況天気図

今日の午後3時の実況天気図です

2022年は西高東低の冬型の
気圧配置からのスタート
です

今日の朝一の初日の出の
時間帯はよく晴れて

千葉の海岸には多くの方が初日の出を見に
来られていたようですが
氷点下の気温となったところも多く
厳しい寒さの初日の出でした

今日のサムネイル画像は
フォロワーの方から頂いた
部原ポイントの初日の出です

気圧配置の流れとしては
時間の経過とともに
西から高気圧が覆ってくるように
なりましたが

北日本から東日本が中心の
冬型の気圧配置は
夕方まで続きました

アメダス風向風速_220101_1500

千葉エリアの沿岸部の風は
朝から北西の季節風が強く吹き

特に千葉北エリアの午後は
かなり強い北西の風が吹いて

極寒の中での初乗りとなった
ポイントが多かったようですね

石廊崎の波浪観測データ_220101

湘南エリアは
昨日の乗り納めにいい波を
もたらしてくれた西うねりですが

こちらの石廊崎の波浪観測データをみても
昨日の夕方からジワジワとダウン傾向となり
今日の朝は物足りない腿腰くらいの
サイズまでになってたようでしたが

何とか初日の出サーフィンは
できたようでしたね

その後も何とかサーフィンできる波は
続いたようで、寒かったですけど晴れて
初乗りはできたのではないかと思います

千葉エリアでは
千葉南エリアのほうが
西うねりの反応がよいポイントが
多かったようで

潮が多めの時間帯が続いたものの
腰腹〜胸くらいのサイズが
入ってきていて

そこそこ遊べるコンディションで
一日波は続きました

 

千葉北エリアはアメダスのデータのとおり
北西の風が強く波が抑えられる傾向で
西うねりの反応も鈍いことから

千葉南よりかはワンサイズは
小さめなコンディションだったようですが
何とか初日の出サーフィンや
初乗りができたようでした

🔷今日の暦と潮回りはこちら🔷

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/01/01
日の出:06:47 / 日の入:16:37
大潮
満潮:04:12(136cm) / 14:22(147cm)
干潮:09:04(96cm) / 21:45(-9cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/01/01
日の出:06:50 / 日の入:16:40
大潮
満潮:04:34(140cm) / 14:48(145cm)
干潮:09:37(94cm) / 22:13(-6cm)

明日の風と波:冬型が緩み波もダウン傾向・・・

予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

明日の朝は高気圧が西日本の
南海上まで東進してきて
日本海にも前線を伴った低気圧が
予想されています

明日の千葉エリアの朝は
北〜北西のオフショアベースの風が
吹きやすい予想ですが

昼前からは風は西〜南西の風に
シフトしてきそう

それほど強くは吹かない時間帯
もありそうな予想がでています

御前崎灯台データ_220101

海の安全情報より引用:御前崎灯台の風向風速データ
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

今日の御前崎灯台の風は西よりの風が
続きましたがやや北の成分が入った
西北西の風になってきて

午後からは風速も10m/s未満の時間帯が
多くなってきていたようで
冬型の気圧配置が緩んできたことで
明日の西うねりは更にダウンしてきそうな
状況です

千葉南エリアに今日反応していた
腰腹くらいの波は
明日はサイズダウンしてきそう・・・

明日も前半は潮が多い時間帯で
うねりも弱くなってくることから
朝一は割れにくく厚い波が多く
インサイドが中心のブレイクになっている
可能性がありそうです

 

千葉北エリアも今日抑えられた波は
明日も物足りないサイズで
何とかできるといった感じの
コンディションが続いてしまいそう

東よりのうねりも弱く
期待できるような波には
ならないのではないかと思います

湘南エリアの明日の朝も
今日よりもう少しサイズは落ちてくる
かもしれなくて
かなり物足りない波になってしまいそうです

昼過ぎから御前崎灯台の風がまた強くなって
きそうな予想もでていますが
明日の夕方までに少しサイズが出てくるか
どうかといったくらいで
期待はできるような感じではなさそうですね

🔷明日の暦と潮回りはこちらです🔷

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/01/02
日の出:06:47 / 日の入:16:38
大潮
満潮:05:06(143cm) / 15:07(152cm)
干潮:09:59(99cm) / 22:32(-18cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/01/02
日の出:06:50 / 日の入:16:40
大潮
満潮:05:29(147cm) / 15:30(150cm)
干潮:10:28(98cm) / 23:00(-15cm)


【お知らせ】
サーファーズイヤーにならないために
冬の海に入る時は耳栓をおすすめします
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

明後日の風と波:再び西うねりが入りそうだけど・・・

予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

明日日本海にある低気圧が
移動していったものなのか
オホーツク海には低気圧が
発達した状態で予想されており

再び日本付近は
西高東低の冬型の気圧配置に
移行していきそう
です

ただ今回は強い冬型とまでは
ならなそうで
明後日の時点ですでに
西日本から等圧線の間隔が
広い状態になっている予想に
なっています

 

そこまで強い冬型にはならずとも
明日の後半からは再び東海沖では
西風が強まってくる予想
となっており

明後日の朝の湘南や千葉南エリアには
再び西うねりの反応が出てくる可能性
もありそうです

しっかりとした西うねりにはならなそうで
かつ東京湾から抜けてくる
北~北東の風もやや強めに吹いて
きそうなことから

どこまで反応してくるのかは
微妙なところがありますが

湘南は明日の朝よりかは
明後日の朝のほうがまだ出来る波は
あるのではないかと思います

明日の夕方くらいまでの
波の反応状況と
御前崎灯台と洲崎・伊豆大島・剣崎の各灯台の
風向風速データをチェックしておきましょう

また明日の状況みて
更新します!


気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

天気図

アメダス風向風速

台風情報

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

OnThisDay-2017.01.01

1/1 3:00日本付近は引き続き高気圧に覆われていてよく晴れているところが多い風は北から北西の風で、所によりやや強く吹いているところもある。千葉エリア、九十九里から一宮周辺にかけて、朝一は昨日よりもサイズダウン傾向、潮が多い時間帯と[…]

IMG
OnThisDay-2018.01.01

1/1 3:00 ASAS関東の南海上と日本海に中心のある二つ玉の低気圧はそれぞれ東進し、関東の東海上と秋田沖にそれぞれ位置している。低気圧はそれほど発達しないまま東進し、中心付近は等圧線で繋がる形のまま関東南岸を東進してきたため南からの[…]

IMG
OnThisDay-2019.01.01

1/1 3:00 地上天気図と波情報2019年の元旦の朝を迎えました。今朝の千葉エリアの日の出は6時47分、日の入りは16時37分です。満潮は12時42分で133㎝、干潮は6時22分の81㎝と20時04分の41㎝で若潮となります。[…]

OnThisDay-2020.01.01

気圧配置&天気と波情報 : ポイント選べばいい波で初乗り午前3時の実況天気図 ASAS2020年の元日となりました。今年も冬型の気圧配置で北東うねりからのスタートです。オホーツク海と千島の東には発達した低気圧があり千島[…]

OnThisDay-2021.01.01

今年もたくさんいい波乗りたいですね!はるべえ明けましておめでとうございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。1月1日金曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。昨日の大晦日[…]

2021年初乗り

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気圧配置による風と波

刻々と変化する波のコンディション波のコンディションは気圧配置による風向きやうねりの向き、また潮回りや海岸の地形などのいろいろな要素によって常に変化するということは、過去の記事や毎日の天気図と波情報をよんでもられば理解していただけるかと思[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(鳥取〜福井)
防寒アイテム

短い夏が終わりスッキリした秋空を経てどんよりした空模様と北東の風が続くともう冬はすぐそこまできている感じになってきます。海パンとラッシュでサーフィンできた季節が懐かしくすら思えて早くまた次の夏がこないかなと恋しく[…]

冬のサーフィン防寒対策

今回の記事では、冬のサーフィンで気を付けるべきことについて記事にしていきます。サーフィンは夏にやるものというイメージが強いですけど冬も海に入ってサーフィンしている人はたくさんいます冷たい海に入ってサーフィ[…]

冬のサーフィン防寒対策
2022年 元旦 初乗り
最新情報をチェックしよう!