今日の気圧配置と風と波/暦と潮回り【2022.1.4】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

1月4日火曜日の
気圧配置と風と波の状況/
明日のサーフポイント情報を

本日も更新していきます。

今日は湘南には西うねりが
反応してサイズアップ

ほどよいミドルサイズの
遊べる波があったようですが

千葉南エリアにはぜんぜん
反応せず・・・

でも千葉北は東よりの波が
反応したのか
腰腹から胸くらいのオフショアで
楽しめる波があったようですね

明日はオホーツク海から
三陸沖あたりまで
等圧線が南北にまっすぐに
のびる気圧配置で

北うねりの反応が
みられるかもしれません

北東うねりはよく反応する
ことが多いのですが
北うねりはあまり多くは
みられないこともあり

明日の午前9時の気圧配置で
千葉エリアにはどんな
感じで反応してくるのか
反応してこないのかを
注目してみようと思います

明後日からは東海上の低気圧から
北東うねりが反応してくる
可能性もあり

寒い日が続きますけど
防寒対策をしっかりして
真冬のサーフィンを
楽しみましょう!

今日の気圧配置と風と波

午後3時の実況天気図

実況天気図

今日の午後3時の実況天気図です

昨夜は北日本中心の冬型の気圧配置で
東日本から西日本にかけては
等圧線の間隔も広い状況でしたが

今朝にかけては
冬型が再びやや強まってきており
東日本から西日本にかけても
等圧線が縦にかかるように
なってきています

御前崎灯台データ_220104

海の安全情報より引用:御前崎灯台の風
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

御前崎灯台の昨夜からの
風向風速を見てみると
西よりの風が強い状態が続いていました

今日はこの東海沖からの西うねりが
湘南エリアには朝から反応し

腰腹~胸くらいのサイズで
朝はそこそこいい感じで遊べる波が
入ってきていたようです

湘南エリアは北よりの風が
朝から吹いていましたが
昼前後は一時的に南西っぽい風が入って
その後また北よりの風にシフト
してきましたので

遊べる時間帯は多く
一日楽しめたようですね

この西うねりが千葉南にも
反応すると思ったいたんですけど、、、

今日の朝の千葉エリアは
西寄りの風が南部ほど強く吹いており

ちょうど西風の強風帯が
千葉南エリアにかかる感じ

吹き続きました

平砂浦はサイズアップしつつも
西風のオンショアでおそらく
ジャンク気味なコンディションが
続いたのではないかと思います

なんですけど
鴨川~和田エリアの朝は
ほとんどサイズに変化は
ありませんでしたね・・・

maruki-220104

鴨川マルキポイント
もう少しアップしているかと
期待していたんですけど

午前中は腿腰くらいの
インサイドよりの波が
中心で少しできるくらいの波

shirasuka-220104

wada-220104

和田浦と白渚は年末からずっと
地形が深くなってしまっているのか

しっかりサイズがないと
割れないコンディションが
続いてしまっています

通常の西うねりなら
もう少し反応してきてもいいものの
ここ最近はもう少しサイズがないと
割れないですね・・・

インサイドには
少し砂がついてそうなのですが
ミドル付近がかなり深くなって
しまっているのでしょうか・・・

まとまった雨が
降りにくいこの時期なので
地形がかわるトリガーがなかなかなく
この状態がしばらく続いてしまう
かもしれません・・・

千葉北は逆に西~北西の風で
東からの波は昨日よりだいぶ抑えられて
しまうかなと思ったのですが

東海上にあった低気圧からの
東よりのうねりが反応してきた
のでしょうか?

フォロワーの方から頂いた情報では
今日の11時ごろ一宮ファミマ前では
腰腹セット胸サイズのオフショアで
面もよく十分楽しめる波が
入ってきていたようですね

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/01/04
日の出:06:47 / 日の入:16:39
大潮
満潮:06:36(144cm) / 16:42(155cm)
干潮:11:29(94cm) / -(-cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/01/04
日の出:06:51 / 日の入:16:42
大潮
満潮:06:57(147cm) / 16:59(154cm)
干潮:11:53(96cm) / -(-cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

明日の朝も冬型の気圧配置は
続きますが
西からは等圧線の間隔が
広くなってきそうな予想気圧配置です

北日本~東日本は等圧線の間隔が
まだ狭い状態が続き

明日はオホーツク海と千島の東にある
低気圧と西にある高気圧との間で
等圧線が南北に長く流れる
気圧配置になってきます

これだけ縦に一直線に等圧線が
描かれるのも
なかなか珍しい気圧配置
かと思います

沿岸波浪予想図_220104

明日の午前9時の沿岸波浪予想図を見ると
房総半島沖「E」の卓越波向は北
が予想されており

東海上で吹く北風による波の
反応が予想されているのがわかります

房総半島沖での卓越波向が
北として予想されることも
あまり見られないですね

東海沖からの西うねり
明日は関東沿岸部でも強めに吹く
北よりの風によって反応は鈍くなり

湘南エリアに今日反応している波も
明日の朝までにはかなりダウン
して
しまいそうですね

洲崎灯台データ_220104

海の安全情報より引用:洲崎灯台の風
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

こちらは洲崎灯台の風ですが
夕方から北よりの風にガラッとシフトし
強く吹いている状況が続いているのがわかります

この風によって西うねりは
抑えられてしまうでしょう

石廊崎の波浪観測データ_220104

ただ石廊崎の波浪観測データが
この時間になって波高が大きくなって
きているのが少し気になるところですが・・・

千葉南エリアも反応が鈍かった
西うねりは更になくなってしまい
北からの波に少し反応するかどうか
といったところで
明日も期待できるような波は入って
こないのではないかと・・・

 

千葉北エリアのほうが
まだサイズはあるほうかもしれなく
北から入ってくる波が回り込んで
どこまで反応するのか
次第なところがありますが

サーフィン可能なサイズの波は
続くのではないでしょうか

北東うねりなら反応してきやすいのですが
北うねりの場合はどこまで反応してくるのか
注目しておきたいと思います

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/01/05
日の出:06:47 / 日の入:16:40
中潮
満潮:07:15(141cm) / 17:29(151cm)
干潮:00:02(-16cm) / 12:11(89cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/01/05
日の出:06:51 / 日の入:16:43
中潮
満潮:07:37(142cm) / 17:44(151cm)
干潮:00:30(-15cm) / 12:33(92cm)


【お知らせ】
サーファーズイヤーにならないために
冬の海に入る時は耳栓をおすすめします
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

明後日の気圧配置と風と波

明後日の午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

東海上の低気圧は
千島の東にあった低気圧が
中心となってまとまりだし

中心気圧は976hPaまで
発達してくる見込みです

 

アリューシャン方面から
この低気圧の北側では

北東方向に等圧線の間隔が
狭いエリアが広がり

千葉エリアには明後日以降に
北東うねりの反応が期待できそうな
予想気圧配置
になってきています

また九州から四国の南海上には
新たに前線を伴った低気圧が東進
してきて
南海上を東進することになりそうです

コース次第ですが
この低気圧は関東地方に
雪を降らせる可能性が
あるかもしれなく

微妙なコースとなりそうですけど
八丈島付近を中心が通過していくと
都心では雪になることが
多いと言われています

風は低気圧へ吹き込む
北よりの風が続き
後半になるほど北東うねりの反応が
よくなってくるかもしれませんが

降雪による交通への影響も出てくる
可能性がありそうなので
最新の天気予報をチェックしてから
出かけたほうがよいでしょう

雪が多めに降るようでしたら
千葉の県道の山越えルートなどは
スリップや路面凍結で危険なところが
多くなりそうなので
無理はしないほうが良さそうです

また明日の状況みて
更新します


気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

天気図

アメダス風向風速

台風情報

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

OnThisDay-2017.01.04

1/4 3:00日本付近は弱い冬型、日本海の天気図上には解析されてない低気圧が潜んでおり、これからこの低気圧が顕在化してくる明日から明後日にかけて冬型がやや強まってくる千葉エリアは全般的に弱い北西ベースの風が吹いており面はクリーン、年[…]

IMG
OnThisDay-2018.01.04

1/4 3:00 ASAS日本付近は西高東低の気圧配置。今朝は千島の東に968hpaの低気圧、バイカル湖の西には1068hpaの高気圧があり北日本を挟んで100hpaの気圧差。等圧線は4hpa間隔で記載されるので実に25本の等圧線。バイカ[…]

IMG
OnThisDay-2019.01.04

1/4 9:00 地上天気図と波情報カムチャツカ半島付近には低気圧、シベリアには高気圧がそれぞれあり、大局的に見ると西高東低の気圧配置となりますが、黄海付近に中心を持つ高気圧が本州付近を覆うようになり、西日本から東日本は冬型は緩んできていま[…]

OnThisDay-2020.01.04

気圧配置&天気と波情報 : 南海上では海上強風警報午前3時の実況天気図 ASAS冬型の気圧配置が続いています。関東地方のこの正月三が日は初日の出が雲に隠れて見れなかったビーチはあったものの、風も比較的弱く穏や[…]

OnThisDay-2021.01.04

お正月休み終わってしまいましたね・・・はるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。1月4日 月曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今日から仕事はじめの[…]

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

アリューシャンからの北東うねり

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。[sitecard subtitle[…]

エリア毎の特徴:千葉~伊良湖

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事では「うねりの向き」について記載してみましたが、今回は日本のサーフエリアの特徴や反応するうねりの向きについて記載してみようと思います。ポイントの向きによってうねりが入りやすいのかどうか[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(千葉~伊良湖)
防寒アイテム

短い夏が終わりスッキリした秋空を経てどんよりした空模様と北東の風が続くともう冬はすぐそこまできている感じになってきます。海パンとラッシュでサーフィンできた季節が懐かしくすら思えて早くまた次の夏がこないかなと恋しく[…]

冬のサーフィン防寒対策

今回の記事では、冬のサーフィンで気を付けるべきことについて記事にしていきます。サーフィンは夏にやるものというイメージが強いですけど冬も海に入ってサーフィンしている人はたくさんいます冷たい海に入ってサーフィ[…]

冬のサーフィン防寒対策
湘南は西うねりが反応してサイズアップ
最新情報をチェックしよう!