1年で最も遅い日の出は今日まで、明日から日の出が早くなっていきます!【2022.1.14】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

1月14日 金曜日の
気圧配置と風と波の状況/
明日のサーフポイント情報を

本日も更新していきます。

毎年、以前の成人の日だった
1月15日が近づくと
長かったトンネルから少し光が
見えたような感じがある
んですが

千葉エリアでは年によっても異なりますけど
1月14日か15日から日の出の時刻が
早くなっていきます

今年の場合ですと
大晦日の12月31日から今日までの
日の出時刻は6時47分だったんですが

明日は6時46分となり1分
日の出が早くなります

逆に日の入りの時刻が一番早いのは
だいぶ前に過ぎていて、
12月初旬の16時26分でしたが
今日の日の入りは16時48分なので
既に20分くらい日の入りは遅くなっています

これから二十四節気の大寒を1月20日に迎え
一年で一番寒い時期を迎えますが

明日から日の出が早くなるということで
春の光がわずかながら見えてきた
感じがする一日です

まだまだ寒い日が続きますが
防寒対策をしっかりして
冬のサーフィンを楽しみましょう!

今日もまずは気圧配置から見て
いきたいと思います

今日の気圧配置と風と波

午後3時の実況天気図

実況天気図

今日の午後3時の実況天気図です

昨日オホーツク海に停滞していた
発達している低気圧は
今日も同じような位置にあり
勢力も976hPaとほぼ同じくらいの
中心気圧をキープしています

日本付近は引き続き
強い冬型の気圧配置が続いており
北海道から九州までは10本~11本の
等圧線がかかっている状況。

日本海側は今日も大雪や暴風雪が
続いており
立ち往生などの交通障害や
除雪作業時にケガをしてしまうなど
十分な注意と警戒が必要
です

関東地方は良く晴れており
冬の天気分布となっています

関東各地では朝から北西ベースの風が
吹いており、

日中は西の成分の強い
西北西~西南西の風がやや強めに
吹いているところが多くなっていました

御前崎灯台データ_2201014

海の安全情報より引用:御前崎灯台の風向風速データ
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

冬型の気圧配置が続いていることで
今日も東海沖では西風が強く吹き続き
御前崎灯台の西風も強い状態が続いています

石廊崎の波浪観測データ_220114

石廊崎の波浪観測データも昨夜から
波高はアップ傾向となり
西ウネリが続いていることが現れています

 

湘南エリア
この東海沖からの西うねり
の反応が朝から続いており

腹胸くらいのミドルサイズで
昨日サイズアップした波は
だいぶまとまって

朝はいい感じの波が
入ってきていた模様です

千葉南エリアの朝は
ポイントによっては
昨日よりもだいぶサイズアップした
状態からのスタート
でした

maruki-220114

西うねりがメインとなっていたことから
南向きの鴨川エリアの朝

セットが入ってくると頭サイズの
波が5~6本くらい連続で入って
くるようなコンディションで
ハマるとしんどそうな波

少し潮が多くなってきてからは
ワンサイズくらいダウンしてきました

昨日の強い西風の影響が残り
海へ向かって左へ流れる
カレントが強め
な胸肩くらいの
ワイドで厚い波が多かったです

shirasuka-220114

朝の白渚ポイントのサイズは
マルキよりもワンサイズくらい
小さめな感じでしたけど

うねりとしては腹胸くらいの
セットはコンスタントに入ってきていました

少しサイズが出てきたからでしょうか
厚くなってしまう波が多いながらも
昨日の朝よりは出来る波がブレイク
していた感じでしたね

wada-220114

こちらは今朝も波が厚くて
見ていた時間帯では
割れる波はありませんでしたが

何人か入っていたようなので
もう少し待つとセットで
少しできていたのかもしれません

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/01/14
日の出:06:47 / 日の入:16:48
中潮
満潮:03:43(112cm) / 13:27(126cm)
干潮:07:58(97cm) / 20:56(21cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/01/14
日の出:06:50 / 日の入:16:51
中潮
満潮:03:52(113cm) / 13:40(126cm)
干潮:08:18(97cm) / 21:12(24cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

オホーツク海に停滞していた低気圧は
中心をやや東へと移動させ
アリューシャンにある低気圧のほうが
発達してくる予想になってきています

明日は西から高気圧が張り出してきて
西日本から東海地方までは等圧線の
かからないエリアが広がりますが

北日本と関東までは依然として
等圧線の間隔が非常に狭い状態が
続きそうであり

日本海側はまだまだ大雪や暴風雪に
警戒が必要な時間帯が続きそうです

明日の千葉と湘南エリアは
朝の時点ではまだ等圧線の間隔が狭い
エリアの中にある見込みであり
北~北西の風が吹きやすい
状態が続きそう

特に千葉南エリアでは
日が差して気温が上昇してくるまでは
北西ベースのオフショアの風が
強めに吹いてるかもしれないですが

日中はそれほど強くは
吹かなそうで、オフショアな
ポイントが多くなってきそうです

冬型が緩まって西から高気圧が
張り出してきて
東海沖で強く吹いている西風は
明日にかけては弱くなってくる見込み

これに伴い今日も反応が続いた
西ウネリは明日はダウン傾向
となり
湘南と千葉南エリアの波も
サイズダウン傾向となります

まったく波がなくなってしまう
という訳ではなさそうで
朝のほうがサイズは残ってそうなので
早めに入っておくのが良さそうです

明日の朝一から海へ向かうときの
ポイント選びは悩むところですが・・・

湘南エリアは朝一に腰腹くらいのサイズが残って
そうであれば、今日できていたポイントを
中心に遊べる波がありそうなので

サイズが少しでも残ってそうな
朝一から入るのが良さそうです

 

千葉南エリアも西うねりはダウン傾向ながら
うねりとしては腰腹くらいのサイズは
入ってきそうなので

少しでも潮が少ない午前の干潮時刻
となる午前9時前から入るというのが
よいかもしれません

サイズが下がってくると
割れにくくなってしまうのですが
夕方まである程度サイズが残って
そうなら

潮が大きく引いてくる夕方に
入るというのも選択肢としては
良さそうです

沿岸波浪予想図

それと明日に気になるのが
千葉北や茨城エリアには
周期の長い北~北東うねりが
反応してくる可能性がある
ということです

明日の午前9時の沿岸波浪予想図を見ると
房総半島沖では北からの波で
周期は12秒、波高は1m
が予想されています

今日は小ぶりなサイズとなった
千葉北エリアにどのタイミングで
北よりのうねりが反応してくるかは
なんとも言えないところですけど

朝一ではなく少しゆっくり海へ
向かうという方は
千葉北や茨城に北よりのうねりが
反応しているかどうかをチェックしてから
向かうというのもアリかと思います

 

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/01/15
日の出:06:46 / 日の入:16:49
中潮
満潮:04:21(120cm) / 14:16(130cm)
干潮:09:03(96cm) / 21:35(12cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/01/15
日の出:06:50 / 日の入:16:52
中潮
満潮:04:31(121cm) / 14:32(130cm)
干潮:09:21(95cm) / 21:54(16cm)

明後日の気圧配置と風と波

明後日の午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

アリューシャン付近で
低気圧が発達する予想気圧配置と
なってきそうです

この低気圧を形成する等圧線の
向きからしても
千葉・茨城エリアに北東うねりを
届けてくれそうな気圧配置
です

明日に少し反応してきそうな
北うねりからはじまって
明日の時点でつくられる北東うねりは
火曜日から水曜日頃には
しっかりとしたうねりで
届く可能性がある
かと思います

日曜の時点ではまだ大きなサイズアップした
北~北東うねりの反応という訳では
なさそうですが

サーフィン楽しめるだけのサイズの波は
千葉・茨城エリアには反応が続きそうですが
湘南は物足りないサイズになってしまう
のではないかといった状況です

また明日の状況みて
ブログを更新します!


気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

天気図

アメダス風向風速

台風情報

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

OnThisDay-2017.01.14

1/14 6:30-9:30 由比ヶ浜冬型の気圧配置が続く昨日は関東には西から南西の風が強く吹き、夕方の一宮周辺はできていたポイントあったがその他はキビシイコンディション、湘南はどのポイントもジャンクになっていた今朝も冬型が強まり朝[…]

IMG
OnThisDay-2018.01.14

1/14 3:00 ASAS日本付近は西から高気圧に覆われてきており、冬型の気圧配置は緩んできている。東日本はまだ等圧線が縦に走り北よりの風が強く吹いているところもあるが次第におさまってくる見込み。今朝は波源がかなり乏しい気圧配置、はる[…]

IMG
OnThisDay-2019.01.14

1/14 3:00 地上天気図と波情報3連休最終日の成人の日です。今朝も朝は冷え込んでおりアクアラインの風速は北よりの風が7メートル。千葉南エリアへ向かう鴨川有料道路の料金所付近は午前6時半前の通過時にはマイナス2度でした。冬型[…]

OnThisDay-2020.01.14

気圧配置&天気と波情報 : 西から天気は下り坂午前3時の実況天気図 ASAS昨日の成人の日に東海上に6つもあった低気圧はまとまりながらも北東方向へ進んでいます。いまのところそれほど発達はしてないようですが、アリューシャン方[…]

OnThisDay-2021.01.14

今日から日の出時刻が少しずつ早くなっていきます!はるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。1月14日木曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。千葉エリア[…]

日の出早くなる

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気圧配置による風と波

はるべえ今回は気圧配置の型によってどんな波になるのかを詳しく解説していきます毎日毎日天気図みて気圧配置の流れからどんな波のコンディションになるのかを見ていますが、、、気圧配置にもいろんなパター[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
防寒アイテム

短い夏が終わりスッキリした秋空を経てどんよりした空模様と北東の風が続くともう冬はすぐそこまできている感じになってきます。海パンとラッシュでサーフィンできた季節が懐かしくすら思えて早くまた次の夏がこないかなと恋しく[…]

防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。ここ最近の冬はかなり水温は暖かい年が多く、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続く年も[…]

冬のサーフィン防寒対策

今回の記事では、冬のサーフィンで気を付けるべきことについて記事にしていきます。サーフィンは夏にやるものというイメージが強いですけど冬も海に入ってサーフィンしている人はたくさんいます冷たい海に入ってサーフィ[…]

冬のサーフィン防寒対策
冬のサーフィン準備と行動

前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.c[…]

冬のサーフィン
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
明日から日の出が早くなる
最新情報をチェックしよう!