東海上で低気圧が猛烈に発達中、強い東うねりは明日以降も続きそう・・・【2022.2.12】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

2月12日 土曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

昨日首都圏に雪を降らせた低気圧は
東海上へと抜けていきました。

後ほど明日の予想気圧配置の天気図を
見ていただければと思いますが

この低気圧は明日・明後日と更に発達
していく見込みで
大きさ・強さともにスーパー台風並みの
低気圧となっていきそうです。

この低気圧は既に日本へは強い東うねりを
届けていますが、
今後更に発達して北上することにより
3~4日後にはハワイのノースショアにも
強い北西~西うねりが到達するのでは
ないかと思います。

Hurley Pro Sunset Beachは今日はスタンバイ
ということで開催されてないようですが
来週の中頃くらいからは

大きなうねりが入ってきて
コンテストが開催されそうですね。

ちなみに今日は房総スカイラインを通りましたが
道は普通に通れましたけど
脇には雪が結構積もっていて、このあたりは
だいぶ雪が降ったようでした。

それでは今日もまずは
気圧配置から見ていきましょう。

お知らせ)

5日間の無料キャンペーンをやってます!


いい波にのるために(3):
うねりの向きを知って
いい波をあてる Kindle版

こちらから本の内容を見ていただけます
https://amzn.to/3Jfpp2P

いい波にのるために(3)

読んで頂いたらAmazonのレビューの記載を
ぜひともお願いします!

今日の気圧配置と風と波

午前9時の実況天気図

今日の午前9時の実況天気図です

首都圏に雪をもたらし
南岸を通過した低気圧は
東海上を急速に発達しながら
更に遠ざかる方向へと進んでいます。

低気圧の中心気圧は978hPaとして
解析されており
南岸を通過したときは1006hPaくらい
だったのですでに30hPaくらい
気圧を下げてきています

そしてこの低気圧は
明日にかけても更に発達する見込みで
950hPaくらいまで中心気圧を
深める予想もでています

遠ざかっていく方向とはいえ
これから更に20hPa以上も発達する予想
であることから

この低気圧からの東うねりはかなり
強く反応が続きそうです

唐桑の波浪観測データ_220212

こちらは東よりのうねりが入ったときに
よくチェックする唐桑の波浪観測データですが

昨日から波高はアップしてきて
今日は同じくらいの波高で反応が
続いています。

唐桑の波浪観測データで
これだけ反応が続くということは
かなり強い東うねりが入っている
ということかと・・・

沿岸波浪実況図

今朝の沿岸波浪実況図を見ても
房総半島沖では東北東の波で
周期10秒、波高3.0mとして
解析されてました。

相模湾沖でも東の波で
周期11秒、波高2.1mとして
解析されていることから

湘南エリアにもこの強い東うねりが
回り込んで反応してきたのではないでしょうか

湘南はそんなに反応しないんじゃないかと
思っていましたが、、、
今日は腰腹~胸くらいまでアップして
湘南でも十分遊べるサイズになりましたね😅

平砂浦も強いうねりをかわして
北東~東の風もかわすので
そこそこ出来ていたのではないでしょうか

千葉エリアにも東うねりは強い状態で
朝から続いており

今日もこの強い東うねりを軽減し
北~北東の風をかわすポイントが
中心のサーフィンとなりました。

風の影響がでてしまう一宮周辺などは
ハードなクローズアウトが続いています。

今日も片貝、鴨川、飯岡、勝浦などの
エリアへ向かえばサイズも十分で
午前中は風もそれほど影響なく
出来るコンディションでしたが、

午後は北東~東よりの風が
強めに入ってきたポイントもありました。

まだ潮が多めの時間帯でしたが
セットは十分なサイズで入ってきており

ワイドで厚めな波が多いながらも、
たまにいい感じの波も入ってくるといった
コンディション。

このあと北東というよりも東の風が入ってきて
面がまとまりない感じになってきました。

昨日の夕方のほうがコンディションは
良かったです。

こちらは強いうねりをかわして
風の影響も少なく程よいサイズ感で
楽しめていた模様です。

今日も波の様子をシェアしてもらいました。
いつもありがとうございます

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/02/12
日の出:06:28 / 日の入:17:17
中潮
満潮:04:00(107cm) / 12:41(112cm)
干潮:07:53(100cm) / 20:33(24cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/02/12
日の出:06:31 / 日の入:17:20
中潮
満潮:04:14(110cm) / 12:50(112cm)
干潮:08:23(102cm) / 20:51(28cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

日本付近は高気圧に前半は覆われそうですが
既に朝の時点で高気圧の後面に
位置するようになり

西からは前線を伴った低気圧が
これから東進してこようかと
いったところ

明日は後半から天気が崩れてきそうで
雨が主体となりそうですが
一部では雪になるところもあるかも
しれません

東海上の低気圧は今日から更に発達
する予想となっていて
中心気圧はなんと950hPaが予想されています

この等圧線の間隔の狭さを
台風のような円形構造のこの低気圧は
中心より西半円で強い風が吹いているようであり

日本からは遠ざかってはいくものの
まだまだ強い東よりのうねりを
送り続けることになりそうです。

沿岸波浪予想図

房総半島沖では東北東の波で
周期は10秒、波高は1.4mと
今日よりも波高は下がってくる予想
となっていますが、

千葉エリアにはまだまだ十分なサイズの
セットが入ってきそうです。

沿岸部の風は今日と同じような傾向で
北~北東の風が吹きやすくなりそうなので
明日のポイント選びは
昨日今日と同じ傾向になりそうですね。

波浪データでは弱くなってくる予想となっていますが
朝のうちはまだまだ十分なサイズの
セットが入ってきそうなので

朝一は今日できていた
片貝、鴨川、飯岡、勝浦エリアから
チェックしていくのが無難ではないかと思います

朝一の時点ではまだまだ
東うねりが強く反応してそうなので
その他エリアはハードなコンディション
からのスタートとなってしまいそう・・・

低気圧がこれだけ発達してくることから
後半もこれら以外のポイントでは
見た目入れそうな感じもするけど
セットが入ってくるといきなり
ハードなコンディションになるといった
状況が続く可能性があります。

ポイント選びは慎重になって
自身の技量に合わせたポイントへ
向かうようにお願いします

湘南エリアと平砂浦は
明日の朝はまだ腰腹くらいのサイズが
残っているかもしれませんが

全体としてはダウン傾向ではあるので
朝一から入っておくのが良さそうです。

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/02/13
日の出:06:27 / 日の入:17:18
中潮
満潮:04:19(114cm) / 13:56(117cm)
干潮:09:07(94cm) / 21:18(14cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/02/13
日の出:06:30 / 日の入:17:21
中潮
満潮:04:30(119cm) / 14:13(117cm)
干潮:09:29(95cm) / 21:37(19cm)

明後日の気圧配置と風と波

明後日の午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

東海上の低気圧は更に発達しながら
北東方向のアリューシャン方面へと向かう見込み

中心気圧は950hPaが予想されていますが
この低気圧の大きさと等圧線の間隔・本数は
物凄いですね・・・

台風であれば超大型の台風となるのは確実で
強さも猛烈な台風として解析されるくらいの
スーパー台風並みの低気圧が予想されています。

低気圧の左半円で強い風が吹いている構造は変わらず
東うねりから次第に北東うねりへと
シフトしながら十分な強さで反応が続きそうです

また日本の南海上を東進する低気圧もあって
この低気圧も中心から北側で強い東風を
吹かすエリアがあり

この低気圧からの東うねりも加わってきて
月曜は再び大きくサイズアップしてくるのでは
ないでしょうか

低気圧へと吹き込む北寄りの風も
強めに入りそうなので
エントリーできるコンディションは
更に限られてくるかもしれません。

十分注意が必要なコンディションが
多くなってきそうなので
無理しないようにお気をつけください。

また明日の状況をみて
更新していきます。

気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

【千葉・湘南】今日の気圧配置と波情報(2022/02/12)
2月12日の気圧配置と波情報
2021
https://asasfsas24.com/20210212/wave-17809/
2020
https://asasfsas24.com/20200212/wave-11683/
2019
https://asasfsas24.com/20190212/wave-6209/
2018
https://asasfsas24.com/20180212/wave-517/
2017
https://asasfsas24.com/20170212/wave-156/

今日の記事は以上です。


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気圧配置による風と波

はるべえ今回は気圧配置の型によってどんな波になるのかを詳しく解説していきます毎日毎日天気図みて気圧配置の流れからどんな波のコンディションになるのかを見ていますが、、、気圧配置にもいろんなパター[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の[…]

波をつくるための風
沿岸で吹く風

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回はビーチで実際に我々が感じることのできる「風」について・・・サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたと[…]

サーフチェックサムネイル
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
低気圧が猛烈に発達中
最新情報をチェックしよう!