波長と水深とブレイクの関係、同じ潮位でも昨日より割れやすい⁈【2022.3.25】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

3月25曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

今日の午前中は昨日よりも
周期の長い波が混じって入って
きていたような感覚があり

同じ潮位(≒水深)の時間帯で
同じくらいのサイズの波でも
割れやすいコンディション
だったような感覚がありました。

今日はそんな感じの
内容も含めて記事にしてみました。

明日は東高西低の気圧配置となり
冬型の気圧配置とは正反対の状況と
なって南風がかなり強く吹いて
きそうです

明後日は低気圧が抜けたあとで
波がまとまってくることを
期待したいところなんですが・・・

まずは今日の気圧配置から
見ていきましょう

今日の気圧配置と風と波

午前9時の実況天気図

今日の午前9時の実況天気図です

西から進んできた高気圧に
日本付近はすっぽりと
覆われてきています

今朝は朝一の気温も5℃近くあり
寒さはあまり感じずに済むくらい

朝の千葉エリアは風が弱かったので
多くのポイントでそこそこ
遊べるコンディションに
なっていたのではないでしょうか

沿岸波浪実況図

こちらは
午前9時の沿岸波浪実況図です。

東海上を遠ざかっていく
低気圧からのバックスウェルが
朝から反応続いており、

遠ざかっていったことで
波の周期が昨日よりも長くなって、
波長の長い波が混じって反応してきた
ような感じがしました。

房総半島沖では東からの波で
周期は10秒、波高は1.5mとして
解析されており

周期は長めの波が入ってきたことで
まとまりのある波の反応が
見られたのではないかと思います。

今朝の満潮は午前8時前くらいで
潮位は130㎝程度で
昨日の同じくらいの時間とほぼ
同じくらいの潮位(潮の多さ)

でした。

波のサイズ的には昨日と同じくらい
の東よりのミドルサイズの波で
風が弱かったということもあり
昨日よりまとまりのある波が入って
きてたんですが

昨日よりも割れる波が明らかに
多かったように感じられました。

サイズが同じくらいだとして
地形がそんな1日で大きく変わった
様子はなかったので、

やはり波長の長い波がセットで
入ってきたときは
同じ水深でも昨日より割れやすい
波になっていたのではないか

想定します。

 

水深が波長の1/2以下になると
海底の地形の影響を受けるようになる
ことから

同じ水深でも波長が長い波が
入ってきたときのほうが
ブレイクしやすい
ということになります

こんな感じで、沿岸波浪予想図やWindyの
データなどを見て

昨日の周期は6秒だったけど明日は10秒が
予想されているといったときは
潮が多い時間帯でも割れやすい波が
入ってきている可能性がありますので

そんな観点からも
各種データを見ながら
明日の波をイメージすると
よりサーフィンが楽しくなって
きますね

波はどうして崩れるのか

波長とブレイクの関係は
こちらのKindle電子書籍にて
詳しく記載していますので
よろしければご覧ください

いい波にのるために(2):
サーファーにとっての風と波 Kindle版

こちらは今朝の波の様子です

朝は風は弱いオフショアで
面はそこそこ整っていて、
昨日よりもいい感じのコンディション。

左奥から入ってくる
ワイドな波が多かったんですけど、

切れたポジションから乗れれば
そこそこ楽しめる感じの
セットが入ってきてました。

こちらも朝は風は弱いオフショアで
昨日よりもまとまった波に
なってきてました。

セット間隔は長めですけど、
腹胸くらいのきれいに
ブレイクするセットも入ってきて
十分楽しめるコンディション。

朝は昨日と同じくらいの
潮の多さでしたけど、
波長の長い波が入ってきたことで、
昨日よりも割れやすくなっていた
のではないかと思います。

潮が引きに動く時間帯は
もう少し割れやすくなって
きそうな感じでした。

鵠沼220325_191928

こちらは夕方の鵠沼。
本日も波の写真を共有いただきました
風波の膝~たまにモモサイズ

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/03/25
日の出:05:35 / 日の入:17:54
小潮
満潮:07:45(127cm) / -(-cm)
干潮:02:02(91cm) / 15:54(24cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/03/25
日の出:05:38 / 日の入:17:57
小潮
満潮:07:48(132cm) / -(-cm)
干潮:02:20(99cm) / 16:16(26cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

日本付近を覆っていた高気圧は
中心を東へと移動させて
西から低気圧が発達しながら
東進してきます

日本付近は「東高西低」の気圧配置
になってきて
冬型の気圧配置のときとは逆となる
南よりの風が強く吹きやすい
気圧配置です。

日本列島には間隔の狭い等圧線がかかり
東の高気圧の縁辺から低気圧にむけて
南よりの風がかなり強く
吹いてきそうです

アメダス風向風速_220325_1900

こちらアメダス風向風速データの
今夜19時のものですけど
すでに南よりの風が吹きはじめており

明日は朝から南風がやや強めな
状態からのスタートとなってきそうです

沿岸波浪予想図

明日の午前9時の沿岸波浪予想図では、

房総半島沖では南南東からの波で
周期は6秒、波高は2.1mが予想されています

また相模湾沖では、南東の波で
周期は6秒、波高は1.6mが予想されています

ざっくり風とうねり220325

明日朝のざっくり
風と波イメージです

東海上にあった低気圧からの
東よりのうねりはダウン傾向となり

明日は強い南風による風波で
南向きのポイントでは大きく
サイズアップしてくる見込み
ですが

かなり強く吹いてきそうなので
多くのポイントでは荒れた
コンディションとなってしまいそうです

 

千葉エリアでは南風を軽減する
一宮周辺や千倉
などへ向かうことに
なりそうですが

午後はかなり風が強くなってきそうなので
少しでも弱いであろう朝のうちから
入っておいたほうがよいかと思います

QS1000 ASIA OPENが開催されている
志田下はストレートな南風が吹いたときには
太東にある小さな山があるおかげ
風の影響は一宮や東浪見などよりも
受けにくくなることが多いです。

北にある一宮のほうが南風の影響は
受けやすいはずで、
志田下のほうが南風の影響は
軽減されるのではないでしょうか

ただ午後はかなり南風が
強まってきそうなので
波の面への影響は大きくなって
きてしまいそうですね・・・

湘南エリアも南風によって
次第にサイズアップしてきそうですが
まとまりのない波になって
くるでしょう

ここ最近はずっとサイズがなかったので
サイズが出てきたら
オンショアでも割り切って
入るというのもいいかもしれませんが

午後はかなり風が強くなるので
無理には入らないように
気を付けておきたいところです

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/03/26
日の出:05:34 / 日の入:17:55
小潮
満潮:08:24(117cm) / -(-cm)
干潮:17:42(27cm) / -(-cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/03/26
日の出:05:37 / 日の入:17:58
小潮
満潮:08:15(123cm) / -(-cm)
干潮:18:05(29cm) / -(-cm)

明後日の気圧配置と風と波

明後日の午前9時の予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

低気圧が発達しながら東進して
朝は関東の東海上に低気圧中心が
移動してくる予想気圧配置です。

日曜の日付が変わるころが
大雨のピークになってきそうで
日曜の朝まで雨が続くかもしれません

問題は風向きで、
低気圧が通過したあとの北風になって
サイズのあるまま波が整ってくる
というパターンを
湘南エリアは狙いたいところ
なんですけど、

今回はちょっと微妙な感じに
なってくるかもしれません

低気圧中心の東進のスピードや
通過するコースと発達具合によっても
湘南エリアの風向き予想がコロコロと
変わってくる可能性があるかも
しれませんので

明日の夜の状況と予想を
見ておいたほうがよいでしょう。

千葉エリアも南西の風が朝は
予想されてますが
午後には東よりの風にシフトする
予想にもなってきていて

やはり風向きが難しい
一日となってきそうです。

また明日の状況みて
更新していきますので
明日も読んでいただければ
嬉しいです。


気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

【千葉・湘南】今日の気圧配置と波情報(2022/03/25)
3月25日の気圧配置と波情報
2021
https://asasfsas24.com/20210325/wave-18493/
2020
https://asasfsas24.com/20200325/wave-12370/
2019
https://asasfsas24.com/20190325/wave-6679/
2018
https://asasfsas24.com/20180325/wave-560/
2017
https://asasfsas24.com/20170325/wave-197/
2016

今日の記事は以上です。

潮回りの仕組み

潮の満ち干きはそもそもどうして起こるのか??週末サーファーがいい波に乗るために。前回の以下記事では、サーフィンをするときには潮の状況をよく知っておく必要があるという内容を記載しました。[sitecard subtitle=関[…]

潮の満ち干き
潮回りに合わせて海に入る

なぜ潮回りを知っておく必要があるのか?週末サーファーがいい波に乗るために。いままでの記事では、主に風と波に関する内容を記載してきました。ですが、いい波に乗るためには気象のことだけでなく、潮汐に関してもいろ[…]

いい波に乗るために潮回りに合わせて海に入る
うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
同じ潮位でも昨日より割れやすい⁈
最新情報をチェックしよう!