東高西低の気圧配置による強い南風、明日の志田下の波は・・・?【2022.3.26】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

3月26日 土曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

今日は朝から各地で強い南風が吹き
だいぶ暖かくなりましたけど
南風で荒れたコンディションの
ポイントが多くなりました。

志田下で開催されている
QS1000 ASIA OPENは

終盤に差し掛かってきており

日本を代表するトップ選手が
次々にヒートに登場して
どのヒートも目が離せなかったですね

ライブ配信で実況・解説されていたのは
以前にこちらの記事でも紹介した
海上保安庁のサーファー向け事故防止動画にも
出演されているプロサーファーの武知実波さん
担当されていて

とても聞きやすい声質でわかりやすい解説も
してくれていて、今日もライブ配信みるのが
とても楽しかったですね

明日はかなりサイズアップして
一般サーファーにはクローズアウトな
コンディションとなりそうですが

風が入る前の午前中までは
プロ選手にとっても十分なサイズで
素晴らしいライディングが見られる
ファイナルディとなるかもしれませんね

明日の特に午前中の志田下の
コンディションがどうなっているか
朝から要チェックです

こちら武知実波さんが出演されている
サーファー向け動画に関する
参考記事です

関連記事

はるべえはるべえ@波乗りブログ毎日書いてる気象予報士です3月3日 木曜日の気圧配置と風と波の状況を本日も更新していきます。~今日はタイトルにもありますが海上保安庁でとてもために[…]

サーファー向け事故防止動画

それでは今日も気圧配置から
見ていきましょう

今日の気圧配置と風と波

午前9時の実況天気図

実況天気図

今日の午前9時の実況天気図です

昨日日本列島をすっぽりと
覆っていた高気圧は
中心を東海上へと移動させ、

黄海にあった前線を伴った低気圧も
発達しながら東へと進んできていて
今日はこの後日本海を東進していく
見込み

また黄海の低気圧の南側の東シナ海には
新たな低気圧が発生して
九州北部に接近してきている
朝の実況天気図です

今日の日本付近の気圧配置は
東高西低」となり東に高気圧、
西に低気圧がある気圧配置
です

冬型の気圧配置となる「西高東低」
とは正反対の気圧配置となることから
風の流れも冬型とは逆となり
今日は南風が強く吹く一日となりました

アメダス風向風速_220326_0500

こちらは朝一の時間帯となる
午前5時のアメダス風向風速データです。

昨日の記事にも書きましたが
南寄りの風は既に昨日のうちから
吹き初めており
千葉の沿岸部では今朝午前2時頃から
かなり強めに南風が吹いていました。

アメダス風向風速_220326_1700

こちらは午後5時の風向風速データですが
各地でかなり南よりの風が強まってます

夕方5時の時点でもアクアラインは通行止め
にはなってはないようですが
この後更に風が強まって通行止めに
なる可能性もありそうです

今日はこの南風がネックな一日となり
多くのポイントでは風の影響を
受けてしまった一日でしたが

志田下で開催されている
QS1000 ASIA OPENは
男子のRound of 16からのスタート

今日は午後から荒れた天候と
なってきそうなことから
午前6時すぎくらいから早めのヒート開始

波のコンディションにあわせて
大会の進行がコロコロ変わるので

選手の皆さんもそれにあわせて
いつでも出場できるように
スタンバイしてないといけないから
大変ですけど
自然の流れに合わせての
サーフィンですね

ヒート1は志田下はまだそれほど
南風は強くは吹いてなかったようで
サイズはセットで腹胸くらいの
コンディションではじまり

その後は南風がかなり強くなって
きていたようでしたが

 

ライブ配信を見たかぎりでは
それほど波は荒れてなく
サイズも朝より少しでてきて

そこそこなコンディションで
今日のヒートは終了した
のでは
ないかと思います

 

一宮220326_085941

こちらは一宮の午前6時半の波の様子
今日も共有していただきました

風の影響でまとまりのない波で
やはり南風が強いときは
志田下のほうがまとまった波に
なりますね

鵠沼220326_175730

こちらは午前中の鵠沼の波
こちらも共有していただきました

湘南エリアも南寄りの風が
朝から強めに入ってきてたようですが
午前中は波数も少なくモモ腰サイズで
お昼くらいから腹胸くらいのがミドルで割れ
るようになってきたようです

千葉南の南向きポイントでは
朝から荒れたコンディションで
ぐちゃぐちゃな波。

夕方は更にジャンクなクローズアウト
になってきてました

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/03/26
日の出:05:34 / 日の入:17:55
小潮
満潮:08:24(117cm) / -(-cm)
干潮:17:42(27cm) / -(-cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/03/26
日の出:05:37 / 日の入:17:58
小潮
満潮:08:15(123cm) / -(-cm)
干潮:18:05(29cm) / -(-cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

二つ玉の低気圧が日本列島を挟むように
東へと進んでいきます。

明日の朝9時の時点では
低気圧の中心は東海上へと
抜けていく予想気圧配置です。

明日の朝はこの低気圧の中心の
通過コースによってエリア毎に風向きが
かわってくる可能性もありそうです

千葉エリアは朝まで南西~西の風が
続きそう
ですが、
朝一の風はだいぶ風は弱くなってきて
午前中のうちに北西~北へシフトしてくる
流れ
となってきそうです

その後の昼頃からは北東~東の風にまで
シフトして強まってくる予想
にも
なっています。

沿岸波浪予想図

明日の午前9時の沿岸波浪予想図では、

房総半島沖では南からの波で
周期は10秒、波高4.2mが予想されています

また相模湾沖では、南の波で
周期は10秒、波高は3.3mが予想されています

千葉エリアは朝まで南西の風が
続きそうなので
今日と同じく南よりの風を軽減する
ポイントからのチェックが良さそう
ではあるのですが

波高4.2mが予想されていることもあり
南風を軽減するポイントでも
かなりのサイズでハードなコンディション
なポイント
が多くなってそうです

南風かわす一宮周辺もできるのは
太東くらいかもしれませんが
志田下はプロにとってはいい感じの
コンディションになってくる
可能性がありそうです

なんですけど
昼前から北東~東の風が入ってきそうなので
朝から午前のヒートまでは
素晴らしいライディングが見られる
かもしれませんね

湘南エリアも今日のうちに
大きくサイズアップしてきて
明日の朝には北風が吹いてきて波が
まとまることに期待したいところですが

夜明け前まで南寄りの風が
吹いてそうなので
朝一は北風が吹いていたとしても
まだそんなにまとまってなく
サイズも大きくクローズ気味な
コンディションからのスタート
となるかもしれません

上級者向けのコンディションが
多くなりそうなので
技量にあわせてサイズが抑えられる
湾の奥にポイントなどからチェック
するなどしたほうがよいでしょう。

ということで
明日はかなりサイズアップして
ポイント選びが難しそうな日曜日と
なりそうなのですが

強い南うねりを軽減する
茨城の鹿嶋エリアや内房エリア
などへ向かってその周辺で
ポイント選び
するというのが
無難かもしれませんね

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/03/27
日の出:05:33 / 日の入:17:55
長潮
満潮:02:43(110cm) / 10:25(107cm)
干潮:06:56(103cm) / 19:20(23cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/03/27
日の出:05:36 / 日の入:17:58
長潮
満潮:03:16(120cm) / -(-cm)
干潮:19:44(25cm) / -(-cm)

明後日の気圧配置と風と波

明後日の午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

低気圧はオホーツク海で台風並みに
猛発達して今度は「西高東低」の
気圧配置になってきそうな
月曜日の予想気圧配置です。

風は北よりの風へと変わって
朝は北西の風も吹く時間帯がありそうです。

大きくサイズアップした南よりのうねりは
次第に落ち着いてくる傾向ですが
まだまだサイズ大きいポイントもあるので

北風をかわすポイントからの
チェックが良さそうな感じと
なりそうです

また明日の状況みて
ブログ更新していきます


気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

【千葉・湘南】今日の気圧配置と波情報(2022/03/26)
3月26日の気圧配置と波情報
2021
https://asasfsas24.com/20210326/wave-18507/
2020
https://asasfsas24.com/20200326/wave-12381/
2019
https://asasfsas24.com/20190326/wave-6685/
2018
https://asasfsas24.com/20180326/wave-561/
2017
https://asasfsas24.com/20170326/wave-198/

今日の記事は以上です。

ぼっちサーフィン

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

ISA-WSG

世界レベルのサーフィンを観戦しに宮崎へ2019年9月7日から15日まで宮崎の木崎浜で開催されている、ISAワールドサーフィンゲームスを観戦してきました(Day6 ; 9/12)。実は元々は観戦する予定はなかったのですが、世界のト[…]

波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の[…]

波をつくるための風
沿岸で吹く風

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回はビーチで実際に我々が感じることのできる「風」について・・・サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたと[…]

サーフチェックサムネイル
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
東高西低の気圧配置
最新情報をチェックしよう!