【2019.3.25】毎日の天気図と波情報

今日の日中から寒さやわらぎ、関東地方は週末まで晴れて暖かい日が続きそう

3/25 (月) 今日の波と天気概況

日本の南には高気圧の中心が二つあり東へ移動しています。

今朝の気温は一桁前半になった地点も多くありますが、今日の日中は20度近くまで上昇する地点も多くなりそうで、三寒四温でいうと三寒から四温の期間へ移行していきます。

桜の開花が進みそうで、東京では次の週末に満開のタイミングとなりそうです。

ただ週末はまた三寒のタイミングとなり少し寒くなりそうなので、宴会は寒さを想定した準備をしておくと良いと思います。

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

日の出:05:37 / 日の入:17:56

中潮

満潮:06時40分(138cm) / 19時55分(119cm)

干潮:00時47分(50cm) / 13時19分(16cm)

千葉・湘南 今朝の風と波

今朝の千葉エリアは北から北西の風

朝はオフショアベースの風が入っており沿岸部ではやや強く吹いているところもあるようです。

九十九里エリアでは昨日よりサイズはダウン傾向ながら風はあっているので午前中は腿腰から腹くらいで遊べるコンディションにはなりそうです。

一宮周辺も腰腹から胸くらいのサイズあるようで午後はもう少しまとまってきそうです。

千葉南エリアも腰腹から胸くらいのサイズ感で潮が引いてくるともう少し割れやすくなりそう。

湘南は昨日よりもサイズ下げているようで膝腿くらい、朝一は潮も多く割れにくいコンディションのようです。

昼前から南西の風が強まりそう

午後9時の予想天気図

高気圧の中心は東海上へ移動し、南西諸島付近には低気圧が顕在化し前線を伴いながら東進してくる予想となっています。

午後にかけては高気圧の縁辺を回る風が日本付近に入りやすい気圧配置となるため、南西の風が次第に強まってきそうです。

昼前には北の風から南よりの風にシフトしてきそうなので、これから海に向かうなら南西の風をかわす一宮周辺や千歳と千倉、あとは茨城の鹿嶋から波崎エリアがオフショアとなり面的には良さそうです。

ただサイズダウンも進むので早めの方がいいかもしれません。

湘南も南西の風でオンショアにより変化が見られるかもしれませんが、中途半端なら面をザワつかせるのみになってしまいそうです。

風の吹き続ける時間がどれくらいになるかを今日はポイントとして見ておくと明日の波が少し想定できそうです。

明日午前9時の予想天気図

22時更新

高気圧の中心は東海上へ移動し、高気圧縁辺の流れにより後半の沿岸部には西から南西の風が入りました。

高気圧からの弱い東うねりに反応したくらいで千葉エリアで最大で腿腰くらいのサイズで物足りないコンディションとなりました。

明日は高気圧は更に東海上へ移動し日本付近は気圧の谷へ差し掛かります。

紀伊半島の南海上には前線を伴った低気圧が東進してくる予想、また日本海北部から沿海州にかけても低気圧が移動してくる予想です。

風はこれから夜明けまでは西寄りの風が吹きそうですが、朝一の時点からは不安定ながらも風は弱そうです。北からの風になるか東からになるかわかりませんが、面への影響は大きくはなさそうか。

ですがサイズは今日よりもダウンしそうで、朝一は潮も多く割れにくい時間帯で物足りないスタートとなりそうです。

千葉エリアは今日一番サイズの反応があった一宮周辺など、他よりサイズがあるポイントに向かうのが良さそうです。

湘南も明日はスモールサイズとなりそうで、南海上を通過する低気圧からのうねりの反応はあっても後半に少し変化あるかどうかくらいでしょうか。

Twitter/Instagramにてコンディションや気象情報を更新しています

Twitter:https://twitter.com/asasfsas24
Instagram:https://www.instagram.com/asasfsas24/

使用する天気図および衛星画像について

本ブログに掲載する天気図はすべて気象庁ホームページより引用しています。

出典:気象庁ホームページ https://www.jma.go.jp/jp/g3/

詳細はサイト説明に記載しています

カテゴリー2019