千葉は沿岸湧昇により水温低下・・・南西の風が36時間継続【2022.4.28】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

4月28日 木曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

明日からGWの大型連休で
5月8日まで10連休という方も
多いのではないかと思います

明日も含め前半は曇りや雨の
日が多くなりそうな現時点での
予想がでていますが

後半は晴れマークが並んで
いいお天気が続くことを
期待したいですね

一昨日の午後から吹き出した
南西の風は昨日の夜遅くまで
吹き続いたことになり

ざっくり36時間は
千葉の沿岸部で南よりの風が
吹いたことになります

この南風による沿岸湧昇によって
今日の千葉エリアは水温が一気に
低下しました・・・

これだけ南風吹いたから
水温下がってるかなと思い
今日は1つ前に使っていた
セミドライを着て入りましたが

ジャージのフルスーツでは
ちょっと冷たいかな・・・っと
いったくらい水温は低下してました

ですが今日と明日は北東ベースの風
となるので、明日以降は水温はまた
回復してくるのではないかと思います

ということで
今日も気圧配置からみていきましょう

今日の気圧配置と風と波

午前9時の実況天気図

実況天気図

今日の午前9時の実況天気図です

昨日サハリンを通過した低気圧は
オホーツク海に抜けて
猛烈に発達してきています

この低気圧の中心気圧は
962hPaまで深めてきており
北日本は等圧線の間隔が狭く

強い冬型のときのような
北西の強風が吹き荒れており
注意が必要な状況です

 

また日本海から東進してきている
高気圧は引き続き東へ進んでおり

今日はこの高気圧から吹き出す
北東~東の風が南海上の前線に向けて
吹き込む流れの気圧配置。

今日は全国的に晴れとなっている
所が多かったものの
関東沿岸部の朝は雲の多い空模様でした。

昨日低気圧に吹き込む
強い南西の風が吹いたことによる
風波のサイズアップですが

昨日の記事にも書いたとおり
今日は各エリアともにサイズダウン
してのスタートです

昨夜遅くに関東上空にかかっていた
前線が南下していったことにより
沿岸部では日本海の高気圧から
北東の風が吹き始めましたが

この強めに吹き出した
北東の風により南西の風波は
一気にダウンしてしまった
ものと思われます

石廊崎の波浪観測データ_220428

石廊崎の波浪観測データをみても
今日に入ってからは波高は
かなり小さくなってしまって
いるのがわかります

ただし千葉エリアには
南西の波に代わって
高気圧からの吹き出しによる
北東~東の風波の反応が
良くなってきている
ことから

北東の風をかわすポイントでも
朝は腰腹サイズはキープしてました

こんな状況であることから
千葉エリアは北東の風をかわす
ポイントで朝の完了前後の
潮が動く時間帯に入っておく
のが
今日は無難だったようですね

湘南エリアも
今日は朝一からかなりサイズダウン
してのスタートとなり
今日は物足りないサイズな
コンディションが続きました

 

今日の暦と潮回り

【千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)】
2022/04/28
日の出:04:51 / 日の入:18:21
中潮
満潮:03:03(128cm) / 15:15(123cm)
干潮:09:13(43cm) / 21:18(43cm)

【湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)】
2022/04/28
日の出:04:54 / 日の入:18:25
中潮
満潮:03:27(134cm) / 15:33(134cm)
干潮:09:29(48cm) / 21:44(46cm)

【伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)】
2022/04/28
日の出:05:04 / 日の入:18:33
中潮
満潮:04:11(160cm) / 16:24(153cm)
干潮:10:20(47cm) / 22:28(49cm)

【磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)】
2022/04/28
日の出:05:13 / 日の入:18:40
中潮
満潮:04:49(165cm) / 16:59(161cm)
干潮:10:57(52cm) / 23:08(53cm)

【宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)】
2022/04/28
日の出:05:31 / 日の入:18:51
中潮
満潮:04:44(175cm) / 16:58(169cm)
干潮:10:52(46cm) / 23:02(47cm)

【仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)】
2022/04/28
日の出:04:43 / 日の入:18:23
中潮
満潮:02:14(124cm) / 14:22(121cm)
干潮:08:19(47cm) / 20:22(47cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

アリューシャンにある2つの低気圧の
東側の低気圧からのびる前線は

東海上から日本の大平洋沿岸部まで
長くのびており東シナ海から大陸まで
続いています

この前線上に明日の朝は低気圧が
発生する見込みとなっており

三陸沖と日本海にはそれぞれ
高気圧中心も予想されています。

明日も今日と同じく
北にある高気圧から前線や低気圧に向けての
北よりの風が吹きやすい気圧配置となり

明日も北~北東の風が
沿岸部ではやや強めに吹いて
午後はまとまった雨にもなってきそうです

沿岸波浪予想図

波のほうは東海上で吹く
北東~東の風によってつくられた
風波がメインで反応する見込みで

房総半島沖では東からの波で
周期は7秒、波高1.7mが予想されてます。

明日も千葉エリアは
東の波の反応がありそうですが
北東~東の風の影響を受けそうであり

北東の風を軽減する
南向きのポイントからチェック
していくのが無難となりそうです

南向きのポイントは風を軽減しますが
うねりも軽減してしまうことで
サイズ的には片貝や鴨川~和田エリアで
腰腹くらいあればといったところ
でしょうか

午前10時前の干潮は
28㎝まで引いてくるので
朝一から入っておき
潮が大きく動くミドルタイドの
時間帯にサーフィンしておく
のがよいのではないでしょうか

湘南エリアは
東よりの波になってくることで
うねりの反応が鈍くなって

今日と同じく物足りない
スモールサイズなコンディション
が続きそうです

ただ相模湾沖では
千葉と同じく東からの波で
周期は7秒、波高1.4mが予想されている
ことから

東うねりに反応する
吉浜までいけば反応する
パターンかもしれません。

千葉の飯岡~片貝や鴨川~和田エリアへ
向かうか吉浜へ向かうか
みたいなところでしょうか

連休初日で高速道路も
混雑しそうですので

海への行き帰りは
くれぐれも安全運転で
お願いします!

関連記事

本ブログのメインの読者の方は”週末サーファー” ですが、具体的に私が想定している”週末サーファー” がどんな人なのかは、このブログの一番最初の頃に書いた以下の記事に記載があります。[sitecard […]

都内から海への行き方_千葉エリア

明日の暦と潮回り

【千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)】
2022/04/29
日の出:04:50 / 日の入:18:22
大潮
満潮:03:27(133cm) / 16:01(129cm)
干潮:09:46(28cm) / 21:53(49cm)

【湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)】
2022/04/29
日の出:04:53 / 日の入:18:25
大潮
満潮:03:48(139cm) / 16:18(141cm)
干潮:10:01(33cm) / 22:18(52cm)

友だち追加

休日の前日+不定期に
ブログ更新情報やおすすめ情報などを
配信しています

サーフィン初心者の方向け
明日のサーフポイント選びの相談は
友達追加してDMでお問い合わせください
※可能な限り返信しています

気象実況データ

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1


過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

【千葉・湘南】今日の気圧配置と波情報(2022/04/28)
4月28日の気圧配置と波情報
2021
https://asasfsas24.com/20210428/wave-19025/
2020
https://asasfsas24.com/20200428/wave-12772/
2019
https://asasfsas24.com/20190428/wave-7045/
2018
https://asasfsas24.com/20180428/wave-3595/
2017
https://asasfsas24.com/20170428/wave-209/

いい波にのるために

Kindle電子書籍
「いい波にのるために」シリーズ Vol1~5
好評発売中です。Amazonでも高評価を頂いてます。
https://amzn.to/3gyh2my

今日の記事は以上です。

うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の[…]

波をつくるための風
沿岸で吹く風

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回はビーチで実際に我々が感じることのできる「風」について・・・サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたと[…]

サーフチェックサムネイル
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
千葉は沿岸湧昇により水温低下
最新情報をチェックしよう!