9/17 3:00 ASAS

  • 2017年9月17日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

9/17 3:00 ASAS
台風18号は鹿児島付近に上陸。午前3時時点では970hpaで中心付近の最大風速は65kt、北東に13ktで進んでいる。現在は宮崎付近に中心がありやや勢力を落としながら北東へ進んでいる。これから高松付近を通過し近畿地方を縦断しながら夜中には敦賀付近に達する見込み。台風の北東象限に強い雨域があり、現在四国では大雨に警戒が必要。太平洋側は南東~東~北東の強い風によりクローズになって危険なコンディションになっているポイントも多い。
今朝の千葉エリアは強い北東から東の風、多くのポイントで風が合わずジャンクコンディションになってきた。飯岡や御宿では比較的風をかわしできるほうで腰腹くらいのサイズ感。その他ポイントは風でクローズな状況。
千葉南も北東の強い風と南東から東のうねりによりほぼクローズ。北東を唯一かわせるマルキでもクローズ。平砂浦は腰腹くらいのサイズで風をかわしなんとかできるコンディション。
湘南は夜明け前は昨日と同じくらいのサイズ感だったが、夜明けくらいからスジ張ってきたうねりが反応してきて、鵠沼や辻堂では腰腹サイズ。ただかなりワイドな波で切れたポジションがほとんどない感じ。鎌倉エリアもセットで腰腹くらい。セット間隔が長く波数も少ないし人が密集しているのでなかなか難しいコンディション。風は思ったほど強くなかったがこれから強まる見込み。南東うねりなので吉浜が反応よく肩頭サイズでソコソコよいコンディション。
伊豆はまだ多々戸などはまだできる腰腹サイズ、御前崎から伊良湖はほとんどクローズ、伊勢も東に向いた国府はクローズ、南向きのジャンや南張は肩頭サイズ、磯ノ浦はうねりの向きが合わない。四国から宮崎は台風に近く危険なコンディション。茨城から東北も北東の風が強くよくはない、
台風通過後は南寄りの風が強まり、南から南西うねりが強くなりそう。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell
#台風18号

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての記事です。 ・風の向き・強さ・持続時間によるうねりの向きと強さ ・太陽と月と地球の位置関係から変化す […]

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての記事です。 ・風の向き・強さ・持続時間によるうねりの向きと強さ ・太陽と月と地球の位置関係から変化す […]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!