3/27 ASAS weather&wave 

  • 2017年3月27日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

3/27 3:00 ASAS 
南岸を通過中の低気圧への吹き込みがかなり強まっている、千葉エリアの一部ではみぞれが降っていて北寄りの風が非常に強く真冬並みの寒さに
千葉北では昨日の東からの風から北寄りに変わりサイズアップしながらも面は整ってきている、片貝から一宮周辺では胸肩サイズまでアップしており東浪見や志田下では頭オーバーでハードなクローズ気味、どのポイントもオフよりの風が強すぎてまともにできないコンディション
千葉南も風が北から北西で強すぎ、面は整ってきつつも風がネックでまともにできない
サイズもアップしオフショアもかなり強いため、無理して海に入らないようにしたい
複雑なカレントと強いオフショアによりアウトにどんどん流されていく可能性がある
冷たい海でアウトに流されたらかなり危険、今日は大潮でもあるためよく技量とコンディションを見極めて無理しないことが重要
湘南はサイズアップしてきた、鵠沼で腰サイズがブレイク、北東ベースの風で面が整っている
夕方までこの風は続きそう

目次 1 波はどうして崩れるのか2 海底の地形や形状によるブレイクの特徴2.1 ①ビーチブレイク2.1.1 コンディションはサンドバー次第2.2 ②リーフブレイク2.2.1 リーフブレイクにはリスクも多い2.2.2 リーフブレイクは潮回りのチェックが重要2.3 ③リバーマウス2.3.1 なぜ河口の波 […]

サーファーは普通の人よりも多く自然に触れていることから、季節の移り変わりについても敏感に感じ取っているほうではないでしょうか。 平日は会社と家の往復でという生活をしていると、会社の通勤時間に外を歩いていてもなかなか季節を感じることや気付くことが減っていってしまう気がします。一概にすべての人がそうでは […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!