4/26 3:00 ASAS

  • 2017年4月26日
  • 2018年12月30日
  • 2017-01

4/26 3:00 ASAS https://t.co/3J5EKnFssQ
日本付近は昨日に続いて高気圧の後面に位置しており、北海道付近には低気圧があり寒冷前線が南西方向にのびている。また東シナ海には新たな低気圧が発生しそうでこれから南海上を東進してくる見込み。さらに南海上には熱帯低気圧があって今後台風1号に昇格してきそうな状況。
今朝の千葉エリアは南から南西よりの風が弱めに吹いている。千葉北では一宮周辺で腰胸サイズで風も合い無難な選択になりそう。潮が上げているのでやや割れづらい。
千葉南も千歳と千倉周辺が無難な選択でこちらも腰腹サイズで風も合う。
朝は風は弱めだが次第に北海道の低気圧にむけて高気圧縁辺からの吹き込みにより南西の風の影響がでてきそう。南がオフになるポイントが引き続きよさそうだ。
鹿嶋も腰腹サイズで風も合いよさそう。
湘南は今朝もスモールサイズ。
徳島や高知と宮崎では高気圧の縁辺からの吹き出しによるウネリが反応して胸肩サイズあり楽しめる波がブレイクがありそう。
#surf #surfer #surfing #wave #beautiful #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ

目次 1 刻々と変化する波のコンディション2 気圧配置のパターンで風と波を読む3 代表的な気圧配置のパターン3.1 西高東低の冬型の気圧配置3.2 アリューシャン低気圧からの北東うねり3.3 南岸低気圧3.4 春一番3.5 高気圧からの吹き出し3.6 梅雨前線3.7 夏の太平洋高気圧3.8 台風3. […]

目次 1 週末サーファーというスタイル2 週末サーファーがいい波に乗るために2.1 安全に楽しくサーフィンしたい2.2 本ブログでの週末サーファーのイメージ サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト 週末サーファーというスタイル 週末サーファーは海にいる時間が限ら […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!