5/26 3:00 ASAS

  • 2017年5月26日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

5/26 3:00 ASAS
本州南岸には梅雨前線が東西に長く居座り、三陸沖と四国の南には低気圧が発生し東へ進んでいる。
また、日本海には上空に寒気を伴った低気圧がありゆっくりと東へ進んでいる。
今朝の関東地方は広い範囲で雨となっている。
今朝の千葉エリア、風は東北東の強めが吹いてきて、これからさらにこの風によりコンディションに影響がでてきそう。
波のサイズは昨日と同じくらいの腰から胸サイズ。楽しめるサイズだが外房ほぼ全域でオンショアとなり面はガタついてくる。
湘南は風は北からで強くは吹いてない状況。南東ベースのウネリが少し反応していて波のサイズは湯河原の吉浜や大磯では腰腹までサイズアップ。鵠沼でも腰サイズあり、天気はよくないが朝一から海は賑わっている。
今日これから南岸を低気圧が通過し西から天気は回復。通過後から明日にかけて南よりのウネリが各エリアで反応してくる可能性あるので、明日にかけては波情報のチェックを続けておきたい。
#surf #surfer #surfing #wave #beautiful #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sky #sunrise #japan #QS6000 #梅雨前線

目次 1 波はどうして崩れるのか2 海底の地形や形状によるブレイクの特徴2.1 ①ビーチブレイク2.1.1 コンディションはサンドバー次第2.2 ②リーフブレイク2.2.1 リーフブレイクにはリスクも多い2.2.2 リーフブレイクは潮回りのチェックが重要2.3 ③リバーマウス2.3.1 なぜ河口の波 […]

目次 1  週末土日に合わせて南西うねりのいい波!2 2019年7月16日 午前3時 地上天気図2.1 台風5号が発生しました(7月16日 午後6時)3 2019年7月17日 午前3時 地上天気図3.1 7月17日(水) 午前6時 予想進路図3.2 7月17日(水) 午後6時 予想進路図4 2019 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!