5/16 3:00 ASAS

  • 2017年5月16日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

5/16 3:00 ASAS
今朝は北海道と沖縄で雨。特に沖縄は梅雨前線の活動が活発になり大雨と洪水の警報が発令中。本州付近は高気圧に覆われて広い範囲で晴れとなるが東日本から北日本にかけて広い範囲で濃霧注意報が発令中。
そんな中、ソメイヨシノの桜前線が終着の釧路まで到着した模様。
今朝の千葉エリア、引き続きオホーツク海付近から南下中の高気圧とその南にある太平洋高気圧からの吹き出しがメインの反応が続いている。
昨日よりサイズダウンはしてきているものの、一宮周辺では肩頭サイズありポイントによってはまだ少しハード気味なコンディション。
千葉南は胸肩サイズでこちらは少し落ち着いてきた感じで朝からそこそこのコンディション。
湘南はスモールコンディション。鵠沼では膝腿サイズでロングなら楽しめそう。
静波や御前崎から西のエリアでは北東から東ウネリが入りにくいため多くのポイントで腿から腰サイズで物足りないコンディション。
茨城から東北はサイズはまだ十分あり昨日よりか落ち着いてきた。仙台新港では肩頭のクリーンないいコンディション。
日本海側は北西から西の波が反応しているポイントあり、京都の八丁浜では腰胸サイズで楽しめていそうだ。
#surf #surfer #surfing #wave #beautiful #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sky #sunrise #japan #桜前線

前回の記事では、波の要素と種類、波の発生から終わりまでについて記載してみました。 今回はサーフィンにとっての波のコンディションにフォーカスして記載していきます。 目次 1 波のコンディションとは2 風の吹き方による波のコンディション2.1 面ツル2.2 チョッピー2.3 ジャンク2.4 クローズアウ […]

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ5回目です。 前回までの記事をざっとおさらいしておきますと 1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています https://asasfsas24.com/20190709/wave-8409/ 2回目は台 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!