8/20 3:00 ASAS

  • 2017年8月20日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

8/20 3:00 ASAS
昨夕は関東地方を中心に大気の状態が非常に不安定となり各地で落雷、突風、降雹、局地的豪雨が発生。真っ黒の雲が空を覆うようになり上空から冷たい風が吹きおり、その後まもなくしてすぐ上空で落雷と突風、一部エリアでは雹が降った。河川は増水し一部では氾濫して住宅街にも水が流れ込んだ。
このように状況に外で遭遇してしまったらとにかく安全な建物に避難が必要、どうしても外を歩く必要があるのならば電柱に沿って電線の真下を歩くほうが落雷直撃の可能性を減らすことができる。海に入っていたらすぐに上がり車の中に避難が必要。昨日も久しぶりに恐怖を感じるレベルの雷雨であった。
今朝の千葉エリアは北からの風。まだ強めには吹いてないところが多い。サイズは昨日よりも少しダウン傾向。片貝周辺では腿腰から腹サイズ。一宮周辺では風が合わないが腰腹サイズでヨレながらも今ならまだできるコンディション。風の合う飯岡や御宿ではサイズ不足、一宮は風合わないとなると九十九里の北エリアがまだできるコンディションに。
千葉南も腿腰から腹サイズでコンディション的にはイマイチ。北風をオフショアとしウネリにも敏感なマルキでも腿腰くらいの力のないブレイク。これからさらに風の影響が出てくるので早めの1Rが良さそう
湘南は今朝もスモールコンディション。
茨城から東北は腰腹から胸サイズで、仙台新港ではコンディション良さそう。台風5号が抜けてからオホーツク海高気圧が強まり同じような気圧配置が続いているが、来週からはこのブロッキング状態は解消されていく見込み
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #低気圧 #大気の状態が不安定