5/22 3:00 ASAS

  • 2017年5月22日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

5/22 3:00 ASAS
日本列島は移動性高気圧の後面に位置してきている。これからゆっくりと次のステージに遷移していく見込み。南西諸島には低気圧を伴った低気圧が東進。
今朝の千葉エリアは昨日と同じか少しサイズダウン気味。千葉北は九十九里から一宮周辺にかけても膝腿からたまに腰程度。
千葉南も膝腿から腰サイズ。
風は弱いが物足りないコンディションとなっている。
しばらく東からの波に反応していた茨城から東北エリアだが今朝はサイズダウンの膝腿から腰サイズ。
湘南もスモールコンディションが継続。
伊豆から以西もほぼ同じようなサイズ感で、今朝は太平洋側は膝腿から腰サイズ。
日本海側の各ポイントも今朝はほぼフラット。全国的に今日はスモールコンディションとなっている。
今週は梅雨前線と東の高気圧の位置次第で波の反応が変わってくる。高気圧が日本の東海上に中心を持って高気圧からの吹き出しが太平洋沿岸に入り込む気圧配置となればもう少しサイズアップしてきそうだが、微妙な気圧配置で各ポイントの反応が変わってくる。
これから梅雨の時期は波予想が難しいシーズン。
#surf #surfer #surfing #wave #beautiful #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sky #sunrise #japan #梅雨 #梅雨前線

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 なぜ潮まわりを知っておく必要があるのか2 リーフブレイクでは潮まわりを知らないと危険2.1 満潮時刻に合わせて海へ向かう2.2 逆に干潮にならないと波が割れないポイントも3 ビーチブレイクでも潮まわりは重要なファクター4 潮が動く時間帯に合わせて海にはいる サーフィン関連商品ならQUIKS […]

目次 1 ポイント毎に異なるうねりの反応1.1 日本海のサーフポイント2 日本海でいい波をあてるには2.1 強いオンショアによるサイズアップ2.2 冬型の気圧配置が緩んだ時がねらい目2.2.1 以下は2019年元旦午前3時の地上天気図です。3 気圧配置のチェックとポイント選びが重要3.1 天気図を見 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!