5/27 9:00 ASAS

  • 2017年5月27日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

5/27 9:00 ASAS
日付が変わる直前の本日の朝の状況。
東日本から北日本にかけては上空に寒気を伴った低気圧に覆われており朝一は小雨や曇天のすっきりしない天気。本州の東から南にかけて梅雨前線が停滞。太平洋高気圧からの吹き出しによるウネリは入りやすい気圧配置となっているが途中にある梅雨前線により大幅なサイズアップにはなっていない
今朝の千葉エリアは曇り空のスタート。サイズは昨日よりも反応よくなり腰胸から肩サイズがコンスタントにブレイクするようになってきた。
今朝の朝一は一宮で入ろうかと思ったが左側では5時前から混雑していたので、隣の隣のポイントでサーフィン。
腰胸サイズで面はややガタついているが朝一はレギュラーがそこそこよい形で割れて楽しめるブレイク。次第に風がはいりサイドオンになって面はさらにまとまらず
QS6000開催の志田下では南南西のサイドオフ。太東はオフになるが志田下はサイドオフ。太東ポイントの南にある小さな山があるおかげで南がつよい場合でも志田下くらいまでは風の影響を軽減できる。一宮までいくと風の影響が顕著になってくる。QS6000の試合の実況でもこんな話がされていた。
千葉南も南をかわす千歳と千倉がいいコンディション。
湘南は南よりの風によりサイズアップ。南西ベースなので由比ヶ浜方面からアップしてきて腰腹サイズあり風の影響あるが楽しめるサイズ。夜になりオフショアにシフトしてきた。
#surf #surfer #surfing #wave #beautiful #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sky #sunrise #japan #QS6000 #志田下