12/10 3:00 ASAS

  • 2017年12月10日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

12/10 3:00 ASAS
昨日東の海上に抜けた低気圧はさらに北東に進み956hpaまで猛烈に発達している。ハワイノースショアでは今日からパイプマスターズがはじまる。初日の今日はlay dayになったようだが明日には新たな北北西からのうねりが届く見込み。そして今日956hpaまで発達した低気圧からの強いうねりは水曜から木曜にかけてノースショアに届きそう。今週の通勤中はライブ中継から目が離せなくなりそう、電車乗り過ごさないよう注意。
今朝の千葉エリアは千葉北エリアは西よりの弱い風。今朝も朝一はグッドコンディションからのスタート。九十九里エリアでは腰腹サイズでクリーンなファンコンディション、一宮周辺も腰腹から胸くらいのグッドコンディション。水は冷たいけど面はクリーンでいい波がブレイクしている。防寒対策をしっかりすればこの時期の千葉北は人も南に流れて少なくなりレベルアップの練習するにはとてもいい。千葉南は南西よりの風が強くなってきた。鴨川から和田白渚あたりまでは腰胸サイズあるが既に風の影響がでてきている。千歳から千倉は風が合うのでこれからの時間帯は南下したほうがよいかも。平砂浦はすでに南西オンショアでジャンクになりつつある。
湘南はまだ北の風、膝くらいのスモールコンディションだがこれから南西の風波が吹き面がザワザワしてくる見込み。
今夜にかけて日本海を低気圧が発達しながら東進する見込み、これからの時間はこの低気圧にむけて南西ベースの風が強く吹く見込み。寒さは一旦和らぎそうだが南西の風をかわすポイントが午後は無難になりそう。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 天気図を見て波のあるエリアを知る2 関東エリアならどこかしらに行けば波がある3 関西エリアは海が遠い4 東海エリア5 どのエリアに波があるのか サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト 天気図を見て波のあるエリアを知る サーフィンは波に乗るのが目的なので […]

サーファーは普通の人よりも多く自然に触れていることから、季節の移り変わりについても敏感に感じ取っているほうではないでしょうか。 平日は会社と家の往復でという生活をしていると、会社の通勤時間に外を歩いていてもなかなか季節を感じることや気付くことが減っていってしまう気がします。一概にすべての人がそうでは […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!