5/4 3:00 ASAS

  • 2017年5月4日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

5/4 3:00 ASAS 
昨日本州付近にあった移動性の高気圧、今朝は東経150度付近のいわゆる日本の東と呼ばれるエリアに中心を移動させ、毎時10kmで南東方向へ向かっている。
本州付近はこの高気圧の後面に位置しており、高気圧の吹き出しによるウネリが西日本の東向きポイントに程よいサイズでヒットする気圧配置になってきた。
今朝の千葉エリア、昨日よりもサイズダウン。朝一の風は弱い状態は昨日と変わらないが膝モモサイズで物足りないスタートに。
関東から北海道までの太平洋側は同じようなサイズ感。
湘南は今日もスモールでほぼフラット。
伊豆から浜松あたりまでも膝モモ、伊良湖周辺では腰腹サイズあるポイントあるが膝モモのポイントが多い。
伊勢も膝モモ、磯ノ浦はフラット気味。
徳島から高知は腰腹から胸サイズが反応していて楽しめるコンディションになっている。生見は腰胸でいい感じ、宍喰も腰腹、内妻が割れている。
宮崎までいくとワンサイズアップで胸肩のブレイク。ややハードになってきているポイントもあるようだがポイント選べば十分楽しめる。
#surf #surfer #surfing #wave #beautiful #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sky #sunrise #japan #高気圧

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 刻々と変化する波のコンディション2 気圧配置のパターンで風と波を読む3 代表的な気圧配置のパターン3.1 西高東低の冬型の気圧配置3.2 アリューシャン低気圧からの北東うねり3.3 南岸低気圧3.4 春一番3.5 高気圧からの吹き出し3.6 梅雨前線3.7 夏の太平洋高気圧3.8 台風3. […]

目次 1 異例のコースとなった記憶に残る台風2 日本列島を東から西へ前代未聞のコース3 台風12号からのうねりの反応まとめ3.1 7/253.2 7/273.3 7/283.4 7/294 内房エリアのうねりの反応チェック5 台風12号からのうねりの反応まとめ5.1 台風接近前5.2 台風通過後 サ […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!