6/26 3:00 ASAS

  • 2017年6月26日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

6/26 3:00 ASAS
梅雨前線は昨日よりも北上し、本州太平洋側にやや近づいている。前線は北の冷たい空気と南の暖かい空気がぶつかるところなので、その勢力次第で南北に上下する。
九州南部は引き続き大雨や土砂災害に警戒が必要。昨日の朝震度5の地震があった長野県も地盤が緩んでるため雨には注意が必要。
今朝の千葉エリアは北部では北から北東の風が強く南にいくほど風は弱い状況。
昨日太平洋側に届いた前線からの南ウネリが飯岡周辺で反応していて腰腹から胸サイズでコンディションは良さそう。
九十九里エリアは昨日と同じくらいのサイズが継続、御宿は反応イマイチで膝腰サイズ。
千葉南のほうが今朝も反応していて腰腹から胸サイズ。風は無風なポイント多いがあまり整ってはいない模様。
湘南は昨日の午後からサイズアップしてきて今朝は鵠沼辻堂で腰腹から胸サイズ。風は無風で平日の朝から海は混雑している模様。
太平洋側は昨日の南のウネリがまだ反応していて、伊豆でも昨日はJPSAファイナルでは胸サイズまでアップし見応えのある内容になった。和歌山の磯ノ浦でもまだセット腰くらい反応している。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #梅雨前線 #南ウネリ