7/20 3:00 ASAS

  • 2017年7月20日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01


7/20 3:00 ASAS
中国地方から関東甲信地方にかけては昨日梅雨明けの発表がありました。ただ九州と四国については発表が見送られています。この一因となっているのが四国沖に新たに解析された低気圧。四国沖でほぼ停滞しており、これから熱帯低気圧になるのかどうか。FSAS24/48共に四国沖で低気圧のまま停滞が予想されている。一方南鳥島付近には別の熱帯低気圧がありゆっくり西に進んでいる。こちらは台風にこれからなる予想。しばらくこの付近をウロウロしそうな感じもするので、波長の長い南東ウネリが数日後からヒットしてくるかもしれない。
今朝の千葉エリアはほぼ無風。波は昨日と変わらずの膝腿から腰程度。千葉北から千葉南にかけてウネリは弱く物足りないコンディション。一宮から志田下までの間が比較的マシなほうかもしれない。
湘南もスモールコンディション。変化はなさそう。今朝は茨城の河原子や鹿嶋周辺が腰腹サイズで比較的できそうなコンディション。
東海地方から西日本太平洋側もプアーなコンディションが続いている。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #梅雨明け

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 ポイント毎に異なるうねりの反応1.1 日本海のサーフポイント2 日本海でいい波をあてるには2.1 強いオンショアによるサイズアップ2.2 冬型の気圧配置が緩んだ時がねらい目2.2.1 以下は2019年元旦午前3時の地上天気図です。3 気圧配置のチェックとポイント選びが重要3.1 天気図を見 […]

目次 1 週末は波があるのか?ないのか?2 うねりの向きとは3 うねりの向きとサーフポイントの関係4 うねりの向きでポイントを選ぶ5 地上天気図からうねりの向きを見つける5.1 太平洋側は高気圧の位置で東うねりの反応がざっくりわかる5.2 低気圧や台風の位置からうねりの方向を見つける5.2.1 台風 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!