7/28 3:00 ASAS

  • 2017年7月28日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

7/28 3:00 ASAS
台風5号は15ktのゆっくりとした速度で西へ進んでいる。台風9号は予想進路が当初から変わり大陸方面へ向かう予報に。
偏西風が北側にあり台風5号がある日本の南海上は指向流が弱いエリアとなり、台風5号は今後も複雑な動きをする可能性がある。現時点ではこのまま西進を続け小笠原付近に停滞しそうな予報がでている。長く停滞するとなれば小笠原地方は厳重な警戒が必要に。
ただしまだ今後の予報はブレてくる可能性もあるので最新の情報をチェックしたい。気象庁の予報をベースに考えて、セカンドオピニオンとしてJTWCやECMWFやNOAAの予報も合わせてみるとどれくらいの確度なのかがわかる。
今朝の千葉エリアは弱い北よりの風。台風5号からのウネリの反応が少し落ち着いてきてるようなサイズ感。九十九里から一宮周辺まで胸肩から頭サイズ。北よりの風なので片貝周辺のほうがまとまりがある。
千葉南も腹胸から肩頭サイズ。マルキは整ってきていてよいコンディション。
湘南も吉浜でサイズ下がって腰腹サイズ。鵠沼や鎌倉方面は膝サイズに。
一旦反応が弱くなったが再度反応がよくなる可能性があり、ウネリの向きも東から次第に南にシフトしてくることで、反応するポイントにも変化が出てきそう。太平洋側の南に開いたポイントは変化をチェック。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #熱帯低気圧 #台風5号 #台風9号

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての記事です。 ・風の向き・強さ・持続時間によるうねりの向きと強さ ・太陽と月と地球の位置関係から変化す […]

台風19号の気象と被害状況の推移まとめ(18日21時更新) 台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 ~ 10月6日に発生した台風19号の現在までの推移をこの記事にて随時更新していきます。 本ブログにて毎日更新している記事をベース […]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!