8/6 3:00 ASAS

  • 2017年8月6日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

8/6 3:00 ASAS
台風5号は種子島付近にあり北東に進んでいる。現時点での予報では九州南部から四国を通過し近畿地方を通過して日本海へ向かう。
西日本各地ではこれから火曜日にかけては厳重な警戒が必要。九州の各ポイントは危険な状況で海には近づかないように。四国の高知や徳島も南の風がかなり強めに吹き込んでおりこれから更にハードになってくる。
和歌山磯ノ浦はまだ風の影響は少ないようであり肩頭サイズで楽しめるコンディションだが、かなりハードになってきている。サイズに自信のない方は近くでは浜の宮などの普段はできないポイントへ移動するなどしたほうが楽しめるはず。磯ノ浦の更に西にある沈没なポイントや加太でも今日は出来そうなサイズ感になってきている。潮が引いてるときはボトムの岩が所々露出しているので要注意。
今朝の千葉エリアは北から北東の風が弱め。台風5号からのウネリから高気圧吹き出しと台風11号からのウネリが一部混ざっているような感じで胸肩サイズのいい波がブレイクしている。九十九里から一宮周辺までどこもグットコンディション。特にサンライズから志田下までは形良く割れてかなり良さそう。千葉南も胸肩サイズでマルキから千倉までどこもグットコンディション。今日は各地でかなり楽しめている。
湘南も台風5号のウネリは弱まりつつも腰腹から胸サイズで鵠沼や辻堂では楽しめている模様。鎌倉エリアも腰腹サイズ残っているが、かなり混雑してピークに密集しているのでトラブルにならないように楽しみたい。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #台風5号 #台風11号

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 波はどうして崩れるのか2 海底の地形や形状によるブレイクの特徴2.1 ①ビーチブレイク2.1.1 コンディションはサンドバー次第2.2 ②リーフブレイク2.2.1 リーフブレイクにはリスクも多い2.2.2 リーフブレイクは潮回りのチェックが重要2.3 ③リバーマウス2.3.1 なぜ河口の波 […]

目次 1 週末は波があるのか?ないのか?2 うねりの向きとは3 うねりの向きとサーフポイントの関係4 うねりの向きでポイントを選ぶ5 地上天気図からうねりの向きを見つける5.1 太平洋側は高気圧の位置で東うねりの反応がざっくりわかる5.2 低気圧や台風の位置からうねりの方向を見つける5.2.1 台風 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!