8/13 3:00 ASAS

  • 2017年8月13日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

8/13 3:00 ASAS
オホーツク海高気圧の張り出しは継続していて、秋田沖と銚子の東の海上には低気圧が居座る気圧配置。西からは前線が近づいてきていて週明けからの西日本の天気に影響する。台風12号は北西に進んでおり発達はしないまま低気圧に変わりそうな感じだが、千葉や茨城では火曜日くらいから少し変化が見られるかもしれない。
今朝の千葉エリアは北西から北北西の風。昨日よりもサイズは少し上向いた感じ、東から北東のウネリの反応が少し良くなっている。茨城の鹿嶋から波崎までの南向きポイントでは肩頭サイズが反応していてハードなコンディション。千葉はまだ腰腹から胸サイズだが次第に北東ウネリの反応が一宮周辺をメインに良くなってきそう。今朝はオフ寄りに風がシフトしたので作田や片貝などがコンディション的には良さそう。一宮周辺は昨日までの北東の風の影響ありまとまらない。
千葉南も腰腹から胸サイズあり、ポイントによっては昨日よりも全然できている。
湘南はスモールコンディションの厳しいサイズ。
昨日に引き続きオホーツク海高気圧からの北寄りの風により日本海側がサイズアップしている。北日本から福岡までサイズアップしていて、京都の八丁浜では胸肩のなかなかのコンディション。鳥取から島根の山陰エリアも腰胸サイズで今日も楽しめそう。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #オホーツク海高気圧 #台風12号

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 天気図を見て波のあるエリアを知る2 関東エリアならどこかしらに行けば波がある3 関西エリアは海が遠い4 東海エリア5 どのエリアに波があるのか サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト 天気図を見て波のあるエリアを知る サーフィンは波に乗るのが目的なので […]

目次 1 ポイント毎に異なるうねりの反応1.1 日本海のサーフポイント2 日本海でいい波をあてるには2.1 強いオンショアによるサイズアップ2.2 冬型の気圧配置が緩んだ時がねらい目2.2.1 以下は2019年元旦午前3時の地上天気図です。3 気圧配置のチェックとポイント選びが重要3.1 天気図を見 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!