毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

1/22 ASAS weather&wave 

  • 2017年1月22日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

1/22 3:00
日本の東海上の低気圧は北東進し発達
日本海には別の低気圧が発生しこの低気圧に向け南から南西の風が吹き始めている
今朝の千葉北エリア、抜けた東海上の低気圧からのウネリは若干落ち着きつつあるが、九十九里から一宮周辺から大原までまだまだハードなコンディション、波数が多くセットが入ると真っ白な状況となりもうしばらく落ち着くのを待つ必要がある
御宿はウネリをかわし腰腹サイズでできそうな状況、部原はワンサイズ御宿より大きいができそうなコンディション
千葉南エリア、昨日はどこも頭から頭半サイズまでアップしていたがこちらも今日は少し落ち着いてきていて胸肩サイズ
湘南はまだ鵠沼で腰サイズ残っている、セットは入りにくなった模様
朝一はまだ北寄りの風だがすでに南ベースの風が出ているポイントあり、これから更にこの風の影響受けるポイントが多くなる
一宮周辺は風は合うので上級者向けにこれから整ってくる可能性はある、千倉千歳も整ってくるかも、湘南は大磯で少し風軽減できるが他は影響受ける
北向きのポイントは早めに入っておいたほうがよさそう
湘南は明日も遊べるサイズは残りそうなので風が合う時間帯を見てうまく入れば楽しめる日がありそうだ

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

うねりの向き

目次 1 週末は波があるのか?ないのか?2 うねりの向きとは3 うねりの向きとサーフポイントの関係4 うねりの向きでポイントを選ぶ5 地上天気図からうねりの向きを見つける5.1 太平洋側は高気圧の位置で東うねりの反応がざっくりわかる5.2 低気圧や台風の位置からうねりの方向を見つける5.2.1 台風 […]

目次 1 ポイント毎に異なるうねりの反応2 伊勢エリア3 和歌山エリア3.1 磯ノ浦周辺3.2 南紀エリア4 徳島エリア4.1 内妻ポイントは南うねり到達の目安に5 高知エリア5.1 高知市周辺エリア5.2 中村エリア6 宮崎エリア サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式 […]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!