1/22 ASAS weather&wave 

  • 2017年1月22日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

1/22 3:00
日本の東海上の低気圧は北東進し発達
日本海には別の低気圧が発生しこの低気圧に向け南から南西の風が吹き始めている
今朝の千葉北エリア、抜けた東海上の低気圧からのウネリは若干落ち着きつつあるが、九十九里から一宮周辺から大原までまだまだハードなコンディション、波数が多くセットが入ると真っ白な状況となりもうしばらく落ち着くのを待つ必要がある
御宿はウネリをかわし腰腹サイズでできそうな状況、部原はワンサイズ御宿より大きいができそうなコンディション
千葉南エリア、昨日はどこも頭から頭半サイズまでアップしていたがこちらも今日は少し落ち着いてきていて胸肩サイズ
湘南はまだ鵠沼で腰サイズ残っている、セットは入りにくなった模様
朝一はまだ北寄りの風だがすでに南ベースの風が出ているポイントあり、これから更にこの風の影響受けるポイントが多くなる
一宮周辺は風は合うので上級者向けにこれから整ってくる可能性はある、千倉千歳も整ってくるかも、湘南は大磯で少し風軽減できるが他は影響受ける
北向きのポイントは早めに入っておいたほうがよさそう
湘南は明日も遊べるサイズは残りそうなので風が合う時間帯を見てうまく入れば楽しめる日がありそうだ