9/11 3:00 ASAS

  • 2017年9月11日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

9/11 3:00 ASAS
この週末に秋晴れをもたらしてくれた移動性の高気圧は東へ移動し関東は高気圧の後面に差し掛かる。西から前線を伴った低気圧がこれからやってきて全国的に天気は下り坂。明日からこの低気圧に向けての風が強くなる。
台風18号はそのまま西進を続ける見込み。西日本太平洋側には火曜日か水曜日あたりからうねりが反応してきそうか。今週はこのうねりの反応を要チェック。
今朝の千葉エリアは北寄りの弱い風。概ね昨日と同じくらいのサイズで今朝もサーフィン可能。昨日と同じく一宮周辺が今朝も良さそう。風も西北西で面はクリーン、腰腹から胸サイズのファンコンディション。昨日の@sara_wakita1010 さんのライティングは素晴らしかった。千葉南も腰腹サイズあり朝一から楽しめるコンディション。今日は次第に南東ベースの風が強くなりそうなので早めに入ったほうが無難。
湘南は今朝もスモールコンディションで厳しいサイズだが鵠沼で腿くらい、ロングで楽しめる。吉浜が東からのうねりに反応していても腿腰くらい。茨城の鹿嶋周辺は一宮と同じくらいのサイズ感で腰胸くらいのファンコンディション。
御前崎から西日本にかけてはまだ台風18号からのうねりの反応はないが、明日後半あたりから期待できるかもしれない。ただ明日は低気圧通過で風がネック。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell
#台風18号

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

サーファーは普通の人よりも多く自然に触れていることから、季節の移り変わりについても敏感に感じ取っているほうではないでしょうか。 平日は会社と家の往復でという生活をしていると、会社の通勤時間に外を歩いていてもなかなか季節を感じることや気付くことが減っていってしまう気がします。一概にすべての人がそうでは […]

目次 1 刻々と変化する波のコンディション2 気圧配置のパターンで風と波を読む3 代表的な気圧配置のパターン3.1 西高東低の冬型の気圧配置3.2 アリューシャン低気圧からの北東うねり3.3 南岸低気圧3.4 春一番3.5 高気圧からの吹き出し3.6 梅雨前線3.7 夏の太平洋高気圧3.8 台風3. […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!