9/12 3:00 ASAS

  • 2017年9月12日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

9/12 3:00 ASAS
西から東進している低気圧は中心を日本海まで進めてきており、そこから西日本方面には顕著な寒冷前線が伸びている。
低気圧の中心に近いエリアと寒冷前線が通過しているエリアでは、朝から大荒れになっていて大雨や落雷や突風などにも注意が必要。
関東地方はまだ低気圧の暖域に位置しており、南から南西の風が強く吹いている。
今朝の千葉エリアは南の風が強い状態からのスタート。昨日から南の風が強めに吹いていたので風が合わないポイントでは既にジャンク気味になっている。風をかわす一宮周辺で腰腹から胸サイズ。九十九里でも胸サイズあるがグチャグチャ。飯岡や御宿でもサイズ上がってきそうだがまともにオンショアとなり厳しいコンディションになりそう。千葉南もマルキなどの北向きポイントではサイズアップしつつもグチャグチャに。千歳や千倉は風をかわすのでサイズは抑えられるが比較的サーフィンは可能に。
湘南も腰くらいまでサイズアップしてきた。オンショアかなり強めでショルダー張らない波が多いが、割り切ればサーフィン可能。
磯ノ浦では南の風波でサイズアップし腰腹くらい、寒冷前線通過したあとに風が北にシフトしたあとが狙い目か。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell
#台風18号

目次 1 台風を良く知るための連載(2回目)2 台風の発生するエリア2.1 ①風が収束して大量の雲が発生2.2 ②海水温が26~27度以上2.3 ③渦を巻く力が働きだす3 台風のエネルギー源と発達3.1 上昇気流が大量の水蒸気を吸い込む3.2 発達の過程でも重要なのは海水温4 季節ごとの台風のコース […]

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション 久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。 前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。 季節毎の特徴的な気圧配置のときにどのような風と波のコンディションになっていくのかを、 今後はもう少しコンス […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!