7/30 3:00 ASAS

  • 2017年7月30日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

7/30 3:00 ASAS
台風5号は10KTの速さで南南西に向かっている。先週月曜日から千葉エリアで反応しだした台風5号のウネリは1週間続いており、太平洋側のサーファーは、先月波がなかったぶんを取り戻すくらいの波のある1週間だったはず。自然は必ずバランスを取りにくる。台風5号は今週もしばらく太平洋側に波を届けてくれそうな状況。
今朝の千葉エリアは北東の風。昨日よりかは少しサイズが落ち着いてきた感じがするが、セットはしっかり頭以上入ってきてまだまだハードなポイントも多い。
湘南もややサイズダウン傾向だが、腹胸から肩サイズで十分楽しめるコンディション。
西日本の太平洋側では台風9号からの南西ウネリがヒットしていて、和歌山の磯ノ浦で肩から頭サイズでコンディションは良さそう。御坊エリアもスイカをはじめとした各リーフのポイントが賑わっているはず。四国の内妻もサイズアップしている。
台風9号のウネリは次第に弱まる見込みだが、台風5号が西進することでウネリの向きを次第に南東から南へシフトしてくる。ウネリの向きによりいい波になるポイントも変わってくるので、明日明後日にかけて波の状況をよくチェックしたいところ
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #熱帯低気圧 #台風5号 #台風9号

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

前回の記事「天気と気象を知るためのキーワード/用語集(その1)」では、主に気象学の観点から大気の熱力学、降水過程、大気の放射と運動に関してのキーワード/用語をずらずらと記載しました。 今回はそのシリーズの2回目です。 内容は気象観測全般に関することから天気予報の作成に関する内容までを記載しています。 […]

目次 1 ポイント毎に異なるうねりの反応1.1 日本海のサーフポイント2 日本海でいい波をあてるには2.1 強いオンショアによるサイズアップ2.2 冬型の気圧配置が緩んだ時がねらい目2.2.1 以下は2019年元旦午前3時の地上天気図です。3 気圧配置のチェックとポイント選びが重要3.1 天気図を見 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!