9/16 3:00 ASAS

  • 2017年9月16日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

9/16 3:00 ASAS
台風18号は東シナ海にあって北東にまだゆっくり進んでいる。偏西風の強風帯がまだ台風をキャッチしていないため速度は上がっていない。この時間では950hpaまで中心気圧が上がってきており台風の眼も不明瞭となり、数日前の端正な姿・形からは劣化してきている。今日にも九州に上陸の恐れがあり西日本ではこれから厳重な警戒が必要。既に宮崎では風が強まり海は危険な状況に。四国の生見や和歌山の磯ノ浦ではまだこの時間は荒れてはなさそうだが、これから台風が偏西風にのり一気にスピードを上げて近づいてくるので、天候とコンディションの急変がありそう。急なサイズアップやカレントの発生などありそうなので十分に注意が必要。台風への吹き込みにより日本海側もサイズアップしていて、福井の三国や若狭湾でもサイズアップしていて今はコンディションよさそうだが、こちらもコンディション急変には注意が必要。
今朝の千葉エリアは北東から東よりの風。サイズは昨日と同じくらいの腰腹サイズなポイントが多い。すでに北東よりの風が強まっていて、全体的にコンディションを落としている。千葉南も腰腹から胸サイズ、北東風によりヨレてまとまりなくコンディションは良くはない。マルキは比較的整ったコンディション。今後も台風への吹き込みによる東よりの風が更に強まってきそうで、ジャンクなコンディションにもなってきそう。今できているところは早く入っておいたほうが良さそう。平砂浦でも腰程度のサイズありサーフィン可能。湘南は台風18号からのうねりが弱く反応続けていて、鎌倉では腿腰サイズ、藤沢では腰腹サイズが割れていてサーフィン可能。北東風はまだ強まってない模様で、スモールサイズながらもポイントによっては楽しめる。
台風の予報は逐次更新され予報も変わってくるので、最新の情報のチェックが必要。時間が経過したインスタやツイッターやブログでの情報は古い予報や情報になってしまうので、台風情報は常に最新の情報をチェック願いたい。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell
#台風18号 #台風19号

「天気と気象を知るためのキーワード/用語集(その1/その2)」では、気象に関する様々な用語と押さえておくべきキーワードについて、ざっくりな内容のみですが記事にしてみました。 今回は天気と気象を知るための様々な公式についてを1つの記事にしています。 様々な気象現象にはそれを表すための数式が存在しており […]

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての記事です。 ・風の向き・強さ・持続時間によるうねりの向きと強さ ・太陽と月と地球の位置関係から変化す […]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!