9/25 3:00 ASAS

  • 2017年9月25日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

9/25 3:00 ASAS
昨日晴天をもたらした高気圧は東へ進み早くも日本付近は弱い気圧の谷に差し掛かる。日本の南には長大な秋雨前線が停滞しており、キンクが弱い低気圧となり東へと進む。
昨日各地にしっかりとしたうねりをもたらしてくれた東海上の低気圧はゆっくり東進、昨日よりも全体的にはサイズダウン傾向だが、千葉から東北の太平洋側ではまだ十分楽しめるうねりが入る。
今朝の千葉エリアは弱い北西の風。昨日よりもサイズダウン傾向だが、昨日までハードなコンディションだった一宮周辺が落ち着いてきて今朝はグッドコンディションに。一宮から太東まで胸肩から頭サイズで弱いオフショア。これから潮が上げてきて厚い波になってくるがこの時間は十分楽しめるコンディション。月曜日の朝一なので人も少なく、今日休みの人は朝一からいい感じのスタート。
千葉南もマルキでは胸肩サイズありまだまだ楽しめる。千歳から千倉にかけても同じくらいのサイズでいい感じ。潮が引いてきたほうが良さそうだが、昼前あたりから東から南東の風が入りそうなので面を気にするなら早めが無難。
茨城も鹿嶋では胸肩から頭サイズでややハードだけど上級者は楽しめる。大貫から大洗も今朝は胸肩でいい感じ。仙台新港の昨日はサイズあり素晴らしいブレイク、今朝はサイズダウンし胸肩くらいで程よく楽しめるコンディション。
湘南は今朝はスモールコンディションに。東からのうねりは弱くなり吉浜でも膝腿サイズまでダウン。鵠沼も膝腿くらい。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell

目次 1 波はどうして崩れるのか2 海底の地形や形状によるブレイクの特徴2.1 ①ビーチブレイク2.1.1 コンディションはサンドバー次第2.2 ②リーフブレイク2.2.1 リーフブレイクにはリスクも多い2.2.2 リーフブレイクは潮回りのチェックが重要2.3 ③リバーマウス2.3.1 なぜ河口の波 […]

目次 1 台風を良く知るための連載(2回目)2 台風の発生するエリア2.1 ①風が収束して大量の雲が発生2.2 ②海水温が26~27度以上2.3 ③渦を巻く力が働きだす3 台風のエネルギー源と発達3.1 上昇気流が大量の水蒸気を吸い込む3.2 発達の過程でも重要なのは海水温4 季節ごとの台風のコース […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!